無料ブログはココログ

« 南シナ海海戦は一瞬にして終わる | トップページ | 日本で「徳のある人」というのは、どういう人を意味するのか »

2018年12月 7日 (金)

水道事業にも、国鉄に寄生していたのと同じような寄生虫がいる

ーー以下「難波の激おこおばちゃんブログ」より抜粋編集

今日12月5日水道法改正案が参議院を通った。

この法案はもう成立するようです。

ネットでは、公益事業を営利企業にしてええんか、とか、インフラを民営化して、そこへ外資が入ってきたらどないすんねん、とか。

いちいちもっともやとも思います。

ーー

私が毎日読んでる三橋貴明ブログではもう、さんざん貶(けな)しているのです(「卑劣な水道コンセッション」)。  

ーー

海外でも水道事業を民営化したところ、水道代が数倍に上がり、結局また公営に戻したとか。

うーむ、日本ではどうなんやろ、しかもなんでこんなに急いで改正するんや?

ーー

と思てたら、昨日、私が入れてもろてるメーリングリストの投稿で、次の一文に出会いました。  

ーー

「水道民営化には賛成します」

「一度、民営化して水道事業に関する利権構造を払拭する必要があります」

「水道事業に絡みついた専従組合員たちを一旦整理するには民営化しかないと思います」

「利権と癒着と腐敗を洗濯してからであれば、再び、公営に戻してもかまわないと考えています」

「英国の実態もそういうことなのです」

ーー

ははーん、利権構造、専従組合員の整理、ということみたいですね。

ーー

そういえば、今大騒ぎしている入管法改正案も、私はこれは在日や大陸、半島からの難民、

そしてもしかして間に合うたら北方領土のロシア人対策なんとちゃうか、と前に書きました。

これでは、法案のホンマの提案趣旨なんて、書けるわけがない。

(この法律で利権をなくして組合も潰します、なんて(笑))

ーー

だから旧社会党の人たちが反対していて、珍しくネット上で評価されている。

(彼らが反対する以上この法案は成立さすべきだということになる)

ーー 

そういえばJRが国鉄だった時、ストばっかりやっていた。

幹部が利益を出す組織にしようと改善を提案しても全く言うことを聞こうとしなかった。

それに国鉄職員はストばかりしており、横柄で乗客を客扱いしていなかった。

実は組合がめちゃめちゃ強すぎて利益を出すことに徹底的に反対していたからだった。

ーー

それが民営化することで、職員はとたんに愛想がよくなり、乗客を客扱いするようになった。

そして規模、利便性、利益で世界一といわれる鉄道会社となった。

そのことは今や誰もが認めることとちゃいますか?

ーー

覚えてますよ、国鉄時代、職員の待遇があまりに良すぎたり、車両の中の何ということもない普通に買えば3000円くらいの蛍光灯1本を、8,000円で仕入れてた話、とか。  

ーー

つまり、「親方日の丸(国民)」から働かずに給料を得ていた寄生虫が大量にいた。

彼らは、組合活動とストばかりしていた、だから国鉄の事業収支は真っ赤っ赤やった。

ーー

水道事業にも、国鉄に寄生していたのと同じような寄生虫がいる。

それを潰(つぶ)すために、言論・メディアにウケのええ規制緩和を理由に、民営化をするのだと。

ーー   

ここまで書いてふと、それってまるで抗がん剤や、と思いました。

抗がん剤は、がん細胞を叩くために使うんやけど、正常な細胞も叩いてしまう。

だから、治療を受けた人は、めっちゃしんどくなる。

しかし抗がん剤を止めしばらくすると正常細胞は回復して体は元気になる。

ーー

あと3年のうちに、まずは日本国内のがんを叩き潰すために今、安倍ちゃんは抗がん剤を一生懸命打ってるんと違うかな?

その抗がん剤ちゅうのが自民党主流派やら財界やらにウケのええ規制緩和政策の一つ水道法改正案とちゃうやろか?

この法律で利権構造を全部見直して、がんあるいは寄生虫(反日、グローバリスト)を潰(つぶ)す、と。

うーん、夢みたいな話やけど、そうなってほしいな。

ーー抜粋ここまで

この主張に対して、以下のような意見が書かれていたのでお目にかける。

ーー以下抜粋編集

一歩下がって冷静に見つめてみると・・・。

>ははーん、利権構造、専従組合員の整理なんや、ということみたいですね。

安倍政権は米国の国際資本に操られているなどという陰謀論(可能性としては否定しませんが)だけにとらわれていたのでは真相はつかめません。

一歩下がって冷静に状況を見つめてみると、安倍政権がやろうとしていることには色々な側面が見えてきます。

ーー

水道法改正については、「民営化」と呼ばれていますが、高橋洋一さんに言わせれば、「全然民営化じゃない」そうです。

何故なら、水道事業の営業権を貸与するだけで、水道インフラ自体は各自治体等が保持するからです。

本当に民営化するならば、この水道インフラも民間会社へ売却すべきなのです。

ーー

であれば、どうして水道法を改正して民間会社が水道事業を運営できるようにするのでしょうか?

表向きは、民間会社の方が工夫する力があるからより良いサービスを提供できるとか、老朽化した水道インフラを民間資本で更新するとか色々言われています。

民間資本で老朽化したインフラを整備してもらうなんて、そんな虫のいい話あるもんか!

ーー

そう思っていましたが、ありましたよ、それも鉄道です。

JRは最初官営鉄道からスタートしたのですが、設備投資(路線延長)が思うように進まず、一旦民間鉄道会社にして設備投資が促進したそうです。

その後、だんだん戦争の足音が聞こえ始めたところで、民間会社から鉄道事業を買い戻して国営にしたそうです。

ーー

しかし、何かしっくりきませんね。

回りくどいような感じがします。

何か裏の意味があるように感じます。

ーー

なぜ「民営化」したがる人が居るのか?

なぜ「民営化」を阻止したがる人が居るのか?

憶測ですが、おばちゃんが書かれている通り、水道事業に絡みついた専従組合員たちを一旦整理することが最大の理由でしょう。

労働者の権利を守ることは大切ですが、強すぎる労働組合は労働者にとっても迷惑になるだけです。

国鉄しかり、日産しかりです。

ーー

ちなみに、左翼のデモに参加する団体はおおよそこんな感じです↓

日教組、全水道、国公総連、森林労連、全印刷、国労、私鉄総連、都市交、女性会議、部落開放同盟、社青同、その他民間労組、その他市民団体、NGO、生協、消費者団体、全労協、宗教団体

へーっという感じで横目で見ておいて下さい。

2018-12-06 07:41  吹雪

« 南シナ海海戦は一瞬にして終わる | トップページ | 日本で「徳のある人」というのは、どういう人を意味するのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>水道民営化法案の裏に有る、安倍政権の意図
 私も、このおばちゃんの仰っている事に賛同しますね、私も三橋氏の批判力は、評価できると思いますが、肝腎の代案が無い、然も、この法案の様に、公企業体に巣食った寄生虫を一掃する様な意図を画したモノに対する姿勢から見て、唯の猪武者にしか見えません。 ですから、選挙で落ちたのは、選挙区の有権者の方々が慧眼だったと思います。

 彼が、政治家に成るなら、批判する側で、保守系野党に身を置くべきでしょう。 自民党に入れば、西田さんの様な存在になって終う、惧れが有ります。

 「角を矯めて牛を殺す」と言う奴で、政治の世界二は、一筋縄では行かない部分が有って、顕在世界だけ見て居れば、至極真っ当な反論でも、裏に隠された真意を見破るこのおばちゃんの様な捜査津力が無ければ、心配されている様な。極右路線「=皇道政治」を主張して居る癖に、裏で、国際コミンテルン小陰謀のままに動いてしまう、事に成りかねませんね。

 然し、故野中広務氏が、陰で「関西のドン」と言われて居た頃、起こった国鉄民営化、で、神聖JRから、移籍拒絶を受桁、極左運動家達の再就職先として、北朝鮮との繋がりで、砂利を格安で仕入れ、生コン業界に高く出売りつけて居た、連帯ユニオンや近畿財務局や理財局の中に、職員としてねじ込んで、局内に組織を形成させたと言う「行き過ぎ」は、厳しく糾弾されるべきでㇲ。

 然し、そうした「行く宛てのない」連中の再就職~生活の面倒を看てやる人間も、世に中には「必要悪」として、必要なのではないだろうか? そうでないと、治安がますます悪化して行くだけに成る。 甘いのかもしれないが、彼らの中に有る、日本の社会に対する思いに火が点く事を期待したいですね。

 そういう意味では、この水道民営化事業法案の可決で、この先行われる民営化で出て来る、「アブレもの」の、今迄利権に縋りついて、甘い汁を吸って来た、社会適応能力画低いと思われる中高年者達の処遇は、野中流は行き過ぎとしても、生活が立ち行くようにしてやらねばなりませんね。

 但し、2次的に差別救済措置を利権にする様な面は、厳しく取り締まるべきで、結局それは、今の同和行政の改革にも大きく影響するでしょうね。

 然し、是に拠る左翼側、特に共産党やその周辺の共産主義者団体の資金源に対するな圧力は、大きいものが有るでしょう。

 平等な社会、と言うのは、拠り弱いモノも、日常の衣食住に関しては、其れ形の格差に甘んじて居ても、教育や就職、立身出世に関して、出自がハンディになってはいけません、それは社会の責任だと思います。

 例えば、私の家は、私が高校1年の時、離婚しましたが、離婚する一年も前に高校を卒業する予定になっていた姉が、市役所を受験しましたが不合格に成り、止む無く大阪の大企業の工場労働者として就職しました。

 不合格の理由を訊くと、「どうも、家庭状況が不健全だ」と言う話が、横から入ったらしい。 と言う話で、離婚を未だして居なかったので、その時点では、母子家庭の優遇措置は受けられず、母親は「病気のデパート」と自嘲する病弱の身でした、上辺は明るかったけれども、実は不安で、大変だったと思います。

 私は、敢えてディスク・ワーク中心より、現場中心の仕事を選びましたが、其処では、仕事を体で覚えた職工さん達がいました。 職工さんでも色々階層が有って、「言われた事しか出来ないもの」、「言われなくても、必要が生じたら自分が出来る範囲の判断で、仕事を熟すモノ」「危機に関する専門知識を身に着けて居て、細かい基準数値まで頭に入って居る者」「仕事全体の工程と仕事の所要時間を把握して居て、人員を振り分ける事が出来るモノ」と4段階位に分けられました。

 分ける基準に、学歴などは一切関係なしで、年齢と実績だけで決められて居ましたが、その職工の人達も話をして見れば、頭の良さを感じる人や、特殊な才能を感じる人も居て、教育の在り方が間違っている様な気がしましたね。

 つまり、学校は義務教育だけで一旦、全員社会に出て、実務について看て、自分を知る事で勉強すべきモノを見出してから、其れ形の学校に行くと言うのが正しいのではなかろうかと思います。 まぁ、日本人としての基礎教育「=歴史や道徳」や、電気や力学についての基礎知識の履修は、不可欠ですがね。

 この先職業は、AIの設備的管理をする職種と、AIの判断を基にし乍ら、仕事を進めて行く職種に分かれ、運輸・生産・メンテ・据え付け~建設、そして、農漁業と言う事に成るでしょうね。

 省力化がどんどん進んで行くので、生産性の低いスキルの人間はドンドン取り残されて終うでしょうから、格差が広がるかもしれません。 その予防として、教育に工夫を加えるべきだと思います。 それが延いては、社会の闇を生み出す、差別を最小限にする努力の一つと言えるのではないでしょうか。

水道法の改正について、いくつかの意見を見ていたのですが、もう一つすっきりしなかったのですが、こちらの考え方ならありそうだと理解できました。

入管法の改正案もまた、在日・大陸・半島からの難民防止なら納得できますので、此とほぼ同じです。
そう思うとき、半島有事が近いと考えても良いのだと思います。

此に政府は対応する準備をしているのなら安心できるのですが、中国からは在日中国人が困窮しても、生活の面倒を見る気が無いとのことだそうで、こんな国の連中を日本に来させないでいただきたい者です。

それから、日産とルノーで韓国に生産を委託していたようですが、日産は此の注文を辞めるそうで、韓国の自動車会社は生産が数万台減るそうです。
文在寅大統領は此を見て、さぞかし喜んでいることでしょう。
景気の悪くて日本に就職活動をさせる韓国ですが、最悪のことを最悪の時期にする韓国の特性が出てきたように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南シナ海海戦は一瞬にして終わる | トップページ | 日本で「徳のある人」というのは、どういう人を意味するのか »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31