無料ブログはココログ

« 在日・反日勢力が支配する出版社は、日本の古代が独自の文明を持っていたことを書こうとしない傾向がみられる | トップページ | 共産支那との新しい冷戦が始まった »

2018年11月12日 (月)

日本国民はこれまでの朝鮮人らの合理性を欠く要求にはうんざりしてきた

ー以下「宮崎正弘ブログ読者の声(PB生、千葉)」より抜粋編集

韓国大法院が被告の新日鉄に賠償命令を出した。

しかし原告は徴用工ではなく日本企業の工員募集に応じ、日本人と同じ高給を得ていた人たちだった。

この「偽徴用工」裁判の判決後、ムン・ジェイン大統領は自らが任命した大法院長官と首相に責任を押し付けたまま、逃げている。

まさにムン・ジェインは、朝鮮人の「自分の行為に対する結果責任を負うことを拒否する」伝統的なやり方を採っている。

ーー

朝日新聞は、パク・チョンヒ軍事政権時代の韓国をボロクソに批判し北朝鮮を「地上の楽園」と持ち上げていた。

民衆政治democracy体制となるや朝日新聞は、韓国内の親北派と連携し、韓国の味方を装いながら日韓関係に亀裂を入れようと火のないところに火をつけまわった。

ーー

ついには教科書問題・慰安婦問題・徴用工問題で日韓関係は破綻寸前となった。

朝日新聞は、ゾルゲ事件以前から日米戦争を煽り国際共産主義者組織(コミンテルン)の走狗だった。

現在の状況を、朝日としては、してやったりと大いに自慢していることだろう。

ーー

朝鮮人とは、客観的かつ合理的で公平な議論ができない。

筑波大の古田博司教授によると、朝鮮人学者というのは、いくら事実を提示して議論しようにも「韓国に対する愛はないのか!」と喚き散らすだけなのだという。

愛の反対は無視だというのが今の日本政府の対応を見ているとわかる。

ーー

日本国民はこれまでの朝鮮人らの合理性を欠く要求にはうんざりしてきた。

(日本国内に朝日新聞、旧社会党など在日・反日勢力という朝鮮人らの合理性を欠く要求を支援する者たちがいた)

今も懲りずに韓国政府高官は、自分たちが下した裁判結果の責任を放棄するかのように「両国で知恵を出し合って」などという・ふざけた発言をしている。

国内世論の変化を読み切った河野外務大臣と菅官房長官は、これに即座に反論し、日本国民の支持を得ている。

ーー

日本の支援を失ったことを見たアメリカ財務省は、負債超過の韓国の銀行に対して、財務内容の開示と改善を求める「恐怖の電話」を掛けた。

それで韓国の銀行・アメリカ支店はもはや貸出や送金業務ができない状況下にあるのだという。

ーー

日本政府の韓国に対する「戦略的放置」は外務省のホームページを見るとよくわかる。

Youtubeでの河野外務大臣会見(11月6日)の冒頭はイラン関連。

3分40秒から徴用工関連の質疑。

再生回数は115,353回もあり、河野外務大臣の対応が国民から期待されていることがわかる。

ーー

外務省のサイトに戻ると、韓国の略史はたったこれだけ。

・3世紀終わり頃に氏族国家成立 
・三国時代(高句麗,百済,新羅)(4世紀頃〜668年)
・統一新羅(676年〜935年) 
・高麗(918年〜1392年)
・朝鮮(1392年〜1910年)
・日本による統治(1910年〜1945年)
・第二次大戦後,北緯38度以南は米軍支配下に置かれる。
・1948年大韓民国成立。
・同年,朝鮮半島北部に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が成立。

ーー

日本が清国から独立させて創った「大韓帝国」はなかったことになっている。

日本の政治家の中には、今の韓国を見て「国の体をなしていない」と批判しているものもいる。

が、「大韓帝国」も李氏朝鮮の看板を変えただけで、日本としてもなかったことにしたいのかもしれない。

ーー

二国間関係を説明する部分は韓国に対する愛情などゼロ。

『日韓間には困難な問題があるが,これらを適切に処理(マネージ)し,様々な分野で協力を進め,日韓関係を未来志向で前に進めていくことが重要』

外交青書も同様、日韓関係については以下のごとくである。

『日韓両国の連携と協力はアジア太平洋地域の平和と安定にとって不可欠である』

ーー

一方、日台関係についての記述には熱いものがある。

『日本にとって台湾は、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する重要な相手(パートナー)であり、大切な友人である』

ーー

ネット上では、朝鮮人政治家は「最悪の時期に(タイミングで)最悪の選択をする」と評価されている。

日本は韓国と断交しても全く困らない。

しかし韓国は、もう半導体産業しか見るべき産業がなくなっている中、その製造に必須の高純度フッ化水素の輸出を日本が止めるのを知って大騒ぎしている。

(韓国がyellow cake作りのために北へ横流ししていたことが判明したため)

つまり韓国はこのまま日本と断交するに至れば経済的に破綻する。

政治体制も経済状態も手詰まりの状況で、これからムン・ジェインがどのような判断を下すのか日本人は冷ややかに見ている。

« 在日・反日勢力が支配する出版社は、日本の古代が独自の文明を持っていたことを書こうとしない傾向がみられる | トップページ | 共産支那との新しい冷戦が始まった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日韓関係の終了への不可逆な道
 今日のダイジェストで、2つの事を知りました。 1つ目は、韓国の銀行が既にbウィ国では死に体になって居る事、そしてもう一つは、韓国への制裁と見られる高純度のフッ化水素の輸出停止ですが、是が、yellow cake「=核爆弾の基に成るウラニウムの塊」の保存用にも使われて居て、其れを韓国が朝鮮に横流しして居たと言う話です。

 最初の話は、米国(実は国際金融資本)が、殆どの銀行の90%近い株式を押さえ込んで居る事で、そのイニシアティブは、既に韓国には無かった筈ですが、改めて米国が「改善を要求」するのなら、韓国企業には、最早、米国の支店を閉鎖する他は無くなる、つまり、手を煩わせるだけの事案が無い、それは米国市場からの大幅な締め出しを意味する、と言う事なのでしょう。 是で、韓国経済のシナ市場依存率がさらに上がらざるを得ないのですが、シナ経済は米支戦争で、ご存じの通りの状態ですからね。

 2つ目の事は、世界が核不拡散に同意を示して居る中、世界が願って居る「核無き世界」や「民主主義と法治社会の価値観に逆行する」裏切りで、世界を敵に回す行為だと言えましょう。今迄文大統領は、是に近い事を散々やってきましたが、是は決定的で、日本の禁輸措置は、当然すぎる程の話です。

 この2つの話で、韓国の行く末は、決まって終ったのですが、韓国政治界は、三権分立の筈なのに、国会に、大統領の行動に疑義を示すモノも居なければ、理性の最後の砦である司法も、文政権の息が懸って居る状態なら、何の為に三権分立なのか分らない、是に、マスコミが、日本のマスコミと繋がった反日体制なら、正に、国の態を成して居ない、と言われても仕方が無い。

 それにしても、日本は、朝日新聞を始めとするマスコミを、何とかしないと、日本はその裡、世界的に難しい立ち番に立たされる可能性がありますね。 是には、歴史を細かく知って居る人達には、既視感が有るでしょう。 

 其れは、第一次近衛内閣が、袁世凱と蒋介と孫文が、成し遂げた辛亥革命で、創った国民党政府を、正式な国家とは認めなかった事で、蒋介石が親日から反日に寝返った事が挙げられます、勿論、この時は、張作霖の息子の張学良が、国民党内でクーデターを起こして、蒋介石を追い詰め、当時は、国民党が歯牙にもかけて居なかった、赤匪「=匪とは、盗賊団」と国共合作を始めて、結果、日本が世界を敵に回した事になって終った事である。

 この時点で近衛の政策ブレーンの昭和会には、云わずと知れた尾崎秀美以下、朝日新聞所縁のものが多かったのだから、米国の政治中枢がコミンテルンに蚕食されて居た事を知らなかった日本陸軍は、完全に、罠に嵌って終った。 後は、近衛内閣が、国民党と日本が和解しない様に、工作する、或いは、何もしない様に、するだけだった。

 「鯛は頭から腐る」と言うが、戦前日本は、総理大臣が腐って居たのだから、戦争に負けるのは当然だったのです。 

 こんな愚かな事を繰り返さない様にするために我々は何が出来るだろうか、其れは、日本の真の歴史を皆に周知する事である。 昨日の、トインビーの自説終生の話は、興味深かった、然し、世界にその名を知られた大学者が、自説を修正したのは、彼に「学問の自由」を守る意識が働いたからであろうと思う。 彼は、自分の小さな面体よりも、「歴史学が健全である」大義を選択したので有った。 

 彼の評価は上がれこそすれ、下がる事は在り得ない。 何故なら「歴史学は、更新してこそ科学的だといえるから」と言うのは世界の常識だからである。

 只ちょっと気に成ったのは、1910年に、日本と「同君合邦の盟約を結んだ相手の、大韓帝国が、日本政府の歴史記述から消えて居る事である。 是ではつまり、日本が、1910~1945年迄の36年間、半島を、「内鮮一体」化の為に、国家予算の1割も拠出して、近代化を促進して来た事が、同君合邦相手国に対する開発援助ではなく、植民地支配下での功利的な政策だった事になろうが、是は大きな間違いである。

 日本は、基本的に同君合邦のやり方を、イングランドに学んでいる、英国の正式名称をUK「=United Kingdom :王国連合」と言う様に、英国は、スコットランド、ウェールズ、アイルランドと言うブリテン諸島に在る、昔からのブリトン人(ケルト人)の国家との連合である。 日本は、この国家統治の形態を真似たものである。

 最初、日本は朝鮮をロシアの南侵の藩屏とするつもりだったのだが、実質、韓国の文明開化度は、非常に低く、社会に遺った因習や社会構造にも、中世処か、古代を感じさせるような、惨憺たる有様だったから、民を哀れに思った、日本は自身の経済的困窮も顧みず、半島開発に突っ走って終ったのです。

 もし、米国を敵に回す契機が、ポーツマス条約時の、ロックフェr-に拠る、満州共同開発の却下にあるなら、その原因となった、戦費として多額の借金をハザール人シフ相手に抱えて居た事が挙げられるが、朝鮮がもし植民地ならば、鉄道や港湾は兎も角、学校や病院、大学まで造ってやる必要など絶対に無い。

 米国が、敵に回って居なかったら、日英同盟は存続し続け、第二次世界大戦で、ドイツやイタリアと三国同盟を結ぶ事は無かっただろう。

 勿論、朝鮮を開化した事で、ロシアの南侵に備える事に資する事は出来たが、日露戦争後も、日本が過度に、朝鮮の近代化に拘ったのかは、判らない。 私は、その当時から、政府内の長州勢の中に、親朝鮮勢力が、政治の有力勢力として居たのではないかと、疑って居る。

 其れは、彼らの様な、新政府の参議と言う、皆の期待を一身に受けた立場の人間なのに、目先の金に転ぶような人間が、一人二人では無く大勢いた事や、戊辰戦争で会津を中心とした東北勢力相手にやり過ぎて居る事を看ても、疑念を深くせざるを得ない。

 そういう私は、薩摩の出なので、基本的に長州人を余り信用して居ないのは確かであるが。

>韓国大法院が被告の新日鉄に賠償命令を出した。
>この「偽徴用工」裁判の判決後、ムン・ジェイン大統領は自らが任命した大法院長官と首相に責任を押し付けたまま、逃げている。

韓国大法院の裁判官は13人で、李明博・朴槿恵政権で任命されたのは6人で、文在寅政権で任命されたのが7人です。
次に、13人の内「日帝強制徴用損害賠償請求事件」全員合議体判決の最終結論は2人が日韓請求権協定で請求権は消滅とし、11人が請求券を認めました。

11人の内、7人は「慰謝料請求権は請求権協定の適用対象に含まれない」と判断、3人は「7人と同じ結論だが、論拠が違う。判決文の要旨によると、3人の裁判官は「原告の損害賠償訴訟請求権は請求権の対象に含まれると見るべき」としながらも「個人の請求権は請求権協定だけで当然消滅すると見ることはできない」と判断して、「請求権条約に基づき原告個人の請求権が日本で消滅しても大韓民国政府がこれを保護することはできないが、強制徴用被害者が韓国で被告(新日鉄住金)を相手に訴訟を提起することができる」とした。残りの一人も「強制徴用被害者の損害賠償請求権を認め」、別の意見を出した。
また、日韓請求権協定で請求権は消滅したとする2名は、「日本企業でなく大韓民国の政府が強制徴用被害者に正当な補償をすべき」という意見を出した。国家間協定の韓日請求権協定に基づいて原告、すなわち個人の請求権も権利の行使が制限されるという論理で、両裁判官は「請求権協定が憲法や国際法に違反して無効と見なさない場合、その内容が気に入らなくても守らなければならない」と言うものです。

これは、中欧日報からの情報ですけれど、文在寅大統領は本件の裁判が日韓関係の悪化を懸念して、進まないようにしていたとの疑惑が浮上したもので、検察によって関係者が逮捕されたことから、上告から5年にわたって塩漬けになっていた裁判の判決を行ったものです。
反日をやれば指示されるとの考えの下に、行ったこの裁判ですが、日本からの反発が思いの外強いことに、嵐の過ぎるのを待っているのが文在寅大統領なのだと思います。

>朝鮮人政治家は「最悪の時期に(タイミングで)最悪の選択をする」と評価されている。

国民に叩かれて、四面楚歌状態であった朴槿恵ですらやらなかった徴用工(?)裁判をやった文在寅大統領ですが、その選択はまさに最悪の選択でした。
後は、責任を取らずに逃げるという。これまた民族特有の方法を狙っているのでしょう。


>朝日新聞は、パク・チョンヒ軍事政権時代の韓国をボロクソに批判し北朝鮮を「地上の楽園」と持ち上げていた。

私が学校を卒業して社会に出た頃は、正にこの時代でした。
北朝鮮は、その頃チョンリマの標語の下で様々な工事を行い、すべての面で躍進して折り、労働者がトラックで工事現場に行く途上、少女合唱団の歌で元気づけられていた光景を、NHKでも報道していたことを覚えています。
パク・チョンヒの軍事政権は、独裁者による政治であり戒厳令が今でも敷かれているとして、暗黒の社会として描かれていました。


>しかし韓国は、もう半導体産業しか見るべき産業がなくなっている中、その製造に必須の高純度フッ化水素の輸出を日本が止めるのを知って大騒ぎしている。
(韓国がyellow cake作りのために北へ横流ししていたことが判明したため)

フッ化水素の輸出を日本が止めたことは知っていましたが、韓国がこれを北へ横流ししていたことは知りませんでした。
こんなことをしたら、北朝鮮は原爆を幾らでも作れます。

有事の際には、日本の自衛隊の艦船を韓国は入港させないと言っているのですから、日本は邦人を韓国から安全に避難させることは出来ません。「和夫さん一家の悲劇」が再発することは、目に見えています。
外務省はいかなる理由であっても、日本人が韓国に行きことは危険であることを広告し、同時に既に韓国にいる日本人の帰国を促すことが必要だと思います。

なお、韓国人の来日は、有事の際には一般の者が国防動員法による命令によって、ゲリラ兵やスパイに変化しますから、ビザを復活すると共に、外国人は日本入国時の指紋押捺を復活させる必要があると考えます。
勿論、在日の場合には、通り名を使っている者は問題があった際には通り名と本名の公表が必要ですし、何事かを起こせば本国送還をしなければならないと思います。

縦椅子様

11月13日の夜、「朴槿恵大統領を罷免されるに至った経緯』詳しく扱っている番組をみました。衝撃的な映像でした。
 40年前の、朴正煕軍事政権時代の写真…そこには朴チョンヒ大統領、その後ろにチという男(宗教家?)とその娘のチェ、
そして朴正煕の娘の朴槿恵が収まっている写真に直観が閃き、ある記者が自分を信じて追跡していきついた結果が「罷免」でした。
 空き家に残されていたデータから、チェという女はクネ大統領の秘書を通じて、大統領がすべき原稿にまでチェックをいれ、
何から何まで指図していた…大統領の洗脳された操り人形のような様子がみてとれます。父親の朴正煕は父のチェに蹂躙され、
娘の朴槿恵も魂を抜かれてしまう…こういったことがあるのでしょうか?一国の大統領が二代にまで、チェ親子の言いなりになるというただ事でない事態…国家の実体がない事態が続いていたのです。そんな中で、日本が誠意を尽くして、結んできた合意はどうなるのでしょうか?韓国の歴代の大統領は、自ら招いた不正から、悲惨な終わり方をして居ります。日本は誠意を尽くして、各大統領ごとの要求に耳を傾け、補償などもしてきました。が、各大統領ごとに、次への引き継ぎがなく、国家間の約束事など、無かったかのように完結してしまう…つまり、国家間の約束事など全て反故にされてしまう…これが韓国との交わりの上で肝に銘じておく必要がある…目から鱗の認識でした。このことは、今問題になっている、慰安婦問題や徴用工の問題についても言えると思います。これは韓国の悲劇です…ざんねんですが。

>ばら様 ソロです。
>>朴親子が宗教に被れて道を誤った?
 スイマセンが、私は全くそうは思えません。 79年の父親を暗殺したのは、KCIAの長官だった男で、勿論、CIAの手先です。

 米国は、実は韓国の軍政を終わらせたかったと思って居ます。 其れは、何より、朴大統領が、李承晩の悪業の数々に、CIAやGHQが関与して居た事を知って居たからで、然も、独裁と戒厳令を15年も続けてきた大統領では、韓国は何時までも、民主国家にはなれない、という、米国側の、甘い考えと、朴大踏力の、強硬な姿勢は、親和性が全く無かったからです。

 その考え方は、勿論、朴大統領の方が正しく、米国が民政大統領として期待して居た金大中は、元在日ですが、その根っこは、完全に共産主義者でした。 大統領は金大中こそ、韓国の敵だと言う認識を持って居たのですが、結局、米国の言い形に成らない大統領は要らない」と言う事で、暗殺したのでしょう。

 朴大統領の奥さんは陸夫人と言って、朴大統領の演説中の襲撃に使われた拳銃の流れ弾に当たって、亡くなっています。 つまり、常に命を狙われていると言う意識は、常にあって、用心して居たので、CIAは暗殺者として、腹心とも言える、KCIA長官を暗殺者に選んだのでしょう。

 槿恵さんは、結局、両親共に、暗殺された様なモノなので、自分が、大統領になるまでに1回、成ったその日の朝にも。演説所に向かう途中で、襲撃され、顔に深い傷を負って居ます。 是は闇の勢力からの顕かな脅しでしょう。

 そういう朴親子の厳しい環境を考えれば、宗教に傾くと言う心の隙はあったかもしれませんが、日韓合意にしても、実は原案は朴槿恵さんの方から出たのではないかと、思います。 何故なら、日韓合意の結果、韓国世論は騒ぎましたが、日本が求めたのは、「不可逆な解決」であり、慰安婦像の鉄橋が命題として与えられましたが、是は、端から韓国には実行不可能な話です。

 ですから、日本の保守達も「何かオカシイ、合意自体が詐欺なのでは」と、一体誰を疑って居るのか分らない様な事を云って居ましたね。 然し結果、韓国民は、道を引き返す事が出来なくなって、絶望の途をまっしぐら、で、現在の、風前の灯火状態に至って居る訳です。 正に、槿恵さんの復讐が成就する寸前なのです。

 私が何故この考えに確信を持ったのかと言いますと、槿恵さんが、上梓して審議、14年に可決成立させ、15年7月から施行された、「在日帰還法」と言う、今迄の歴代の大統領が全く手を付けなかった、否、着けられなかったのです。 その事実を、槿恵さんは、幼い頃から、父親から聞いて知って居たのでしょう。

 何故、在日「=不法移民」と言う特殊な形で、韓国国民が、日本で差別に耐えながら、貧しい暮らしをしなくてはならないのか、何故、韓国は、在日に帰還命令を出さないのか、と考えて居たのでしょうが、在日の現実を知るに至って、是では、韓国は、何れ国としての形を失うと、危惧したと思います。

 何故、在日が、日本に政治/戦争難民化して、居着いて居るのか、と言えば、 日本に居る在日韓国朝鮮人は、戦前や戦中に強制連行したものでは決して無く、昭和23年4月3日に、李承晩が、「国政選挙」を行うとして、立候補した、左翼系の政治家とその支持者を、イキナリ拘束、逮捕して、有無を言わさず、殺害し、その財産を没収した、済州島4・3事件が起こり、この赤狩りは、昭和29年9月迄続いて、殺されたℋトの総数6万人を数えました。

 更に、25年6月に起こった朝鮮戦争中にも同じ手で、保導連盟事件で、114万人を、その他にも、9万人規模の事件千人以下の事件の犠牲者数を併せると、150万人近い、朝鮮人民が李承晩に殺されているのですが、この事件すべてを、米国は知って居乍ら、看過したと言う事実を隠蔽しているのです。

 是では、宗主国の面子を潰す様な、真似は恐ろしくてできませんね、ww でも、槿恵さんは、其れを在日帰還法を可決成立させた事で、自分のやるべき事を、やり遂げたのです。 日韓合意は、置き土産だと思います。 私は彼女こそ、真の愛好者であろうと、思います。 だって、李朝時代の金玉均以来、唯一「朝鮮族をマトモにしようとした朝鮮人」なのですから。

ナポレオン・ソロさま
ご丁寧なコメントをお寄せくださり、真に有難うございます。
私のような無知な者が、テレビ報道を見ただけで大それた意見を出し、それがあたかも正論であるかのようにいうのは、まことにおこがましく、自ら間違っていると本当に反省をいたしております。ただ私は11月13日の夜「朴槿恵大統領を罷免に至らしめた報道番組を見ました」ということだけで、あとのことについては、コメントを抹消させていただきます。申し訳ございませんでした。深謝いたします。

縦椅子さま

 本日出しましたコメントに不手際があり、文章を抹消いただきますようお願い申し上げます。余りにも無知なので、私にはこのような大それたコメントを書く資格がないという理由です。誠に申し訳ありませんでした。深くお詫び申し上げます。

>ばら様 ソロです。
 ごめんなさい。 私の書き過ぎと書き足らずが原因で、ばら様に不快な思いをさせて終った様で、反省しております。

 私が言いたかった事は、朴親子が韓国から受けた仕打ちはこんなに酷いのに、其れでは足りぬと未だ鞭を揮うマスコミの裏には、真に日韓関係を破壊した張本人、槿恵さんの顔を2回に亘って傷つけ、朴夫人を銃殺し、大統領を暗殺した勢力だ、と私は、直感したので、つい。書き過ぎて終ったのです。

 悪いのは、公正であるべきジャーナリズムが、「水に堕ちた犬は叩け「=朝鮮の諺」とばかりに、TVで放送した事で、日本のTVなのに・・と、本当に腹が立ちました。 私は、書き始めは、ばら様に、斯う言う背景もあるのですよ、と教えたかっらだけだったんですが、書いて居る裡に段々腹が立って来ましてね、スイマセン。

 尚、朴親子が、宗教に凝って居たというのは、一面の真実かもしれません、だって、人間だもの、何時も強いわけではありませんからね。 ですから、TVのドキュメンタリー番組を見る時には、自分が知らない真実を、製作者は知って居て、意図的に隠蔽しながら伝えて居る、と言う疑いの目は持った方が良いと言う事です。 市井の人間が知る事が出来る真実の範囲は、本当に知れていますからね。

 是に懲りずに、亦、私には欠けて居る女性らしいみずみずしい感性溢れるコメントをお願いします。

 

ナポレオン・ソロさま

≪TVのドキュメンタリー番組を見る時には、自分が知らない真実を、製作者は知って居て、意図的に隠蔽しながら伝えて居る、と言う疑いの目は持った方が良いと言う事です。 市井の人間が知る事が出来る真実の範囲は、本当に知れていますからね。≫--
ーーマスコミの意図的なニュースを丸のみで信じ込んでしまい、それを拡散しようとしていたことに、ご指摘を受けて気づき、愚かなことをしていたのだなと反省をいたしています。
ーー嘘ばかり流す、マスコミの弊害と真実を求めて日々戦ってくださっている縦椅子様、ソロ様本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 在日・反日勢力が支配する出版社は、日本の古代が独自の文明を持っていたことを書こうとしない傾向がみられる | トップページ | 共産支那との新しい冷戦が始まった »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31