無料ブログはココログ

« 私たちは、肥大化した共産支那の下で、彼らの言いなりになって暮らすことを拒否したい | トップページ | 時をさかのぼることでオバマ氏の次が「トランプ的なものになる」というのは既定路線だったことがわかる »

2018年11月 3日 (土)

このような行為をする日弁連とは『どの国』の弁護士たちの集団なのだろう?

縦椅子の読者のほとんどが、「余命ブログ」を知っていると思う。

そのブログ主・余命さんは、早くから「日本の法曹界は在日・反日勢力に乗っ取られており、日弁連は反日の砦(とりで)と化している」と主張していた。

しかし、保守を自称するものの中にも、そのことを表立って指摘するものは他にはいなかったのである。

ところがアメリカ白人が、その事実を主張したというので話題になっている。

それを宮崎正弘氏が書評の中で書いているのでお目にかける。

こうなるとこの事実はもう隠しては置けないということだ。

ーー以下「宮崎正弘ブログ書評」より抜粋編集

ケント・ギルバート『米国人弁護士だから見抜けた、日弁連の正体』(育鵬社)

日本の伝統からすると、過去日本で上に立つ人たちは、みんな(公益)のために行動するという、いわば正義を行ってきている。

ところが最近の、上級公務員や裁判官を見ていると、どうやらそうでもないということに気が付く。

どう考えても公益に反することを言ったりしたりする上級公務員や、特定勢力の利益を図ったとしか考えられない・おかしな判決を下す裁判官が出現してきている。

ーー

日本の法曹界が腐りかけているのである。

ーー

日弁連会長は、サリンによる無差別殺人事件を起こし死刑判決が出された麻原某の死刑に対して「国家による重大かつ深刻な人権侵害」だとの声明を出した。

また「慰安婦が『性奴隷』だ」と言いつのった。

朝鮮学校への補助金停止に際しても「朝鮮学校に通学する子供達の学習権の侵害」と言い放った。

ーー

朝鮮問題で「彼ら(朝鮮人)」が不利になると、決まってチマチョゴリが切られたという「被害」が届けられ、それを必ず朝日新聞が報道していた。

ところが調べてみると痴漢犯罪が一件、あとは朝日新聞が、朝鮮人組織の発表を裏付けも取らずに報道していたのであった。

しかも、このうちの幾つかが「自作自演」であったことが判明している。

ーー

ケント・ギルバート氏は次の証言を紹介する。

「自分の娘を使っての自作自演なんです」

「娘の親は総連で私のとなりにいた男です」

「北(朝鮮)で何かあると、その男の娘らの服が切られる」(p231)

ーー

拉致被害者に関しても、日弁連が声明をだしたのは、わずか一回だけ。

そして、ブルーリボンをつけている人たちは「政治利用」しているのだと批判し、拉致被害者への同情はほとんどない。

ーー

このような行為をする日弁連とは『どの国』の弁護士たちの集団なのだろう?

ーー

「日本の一部の政治家でおかしいと思うのは、靖国参拝に対して徹底的に反対しながら、アメリカに来て平気な顔をしてアーリントン墓地に参拝する議員がいることです」

「菅直人元首相は、鳩山政権の副総理としてアーリントン墓地で献花しました」

「日本政府の代表が、自分の国のために戦った人たちの魂やその遺族等の思いを無視して、かつて敵国であった軍人だけに敬意を示す」

「これは日本の戦没者とその遺族等にとっては裏切り行為でしかありません」

「日本と戦ったアメリカ人の私から見てもおかしい」(p130)

ーー

このように「ケント砲」が唸(うな)る。

次々と日弁連の論理矛盾とおかしな行動、声明を批判している。

この本は、勇気を持って在日勢力を批判するというタブーに挑んだ、まれに見る良書、かつ労作である。

日弁連という、あざとくもあくどい弁護士たちの悪徳の数々を暴く。

やっぱりアメリカ人弁護士だから、こういう作業が出来るのだ、と思った。

« 私たちは、肥大化した共産支那の下で、彼らの言いなりになって暮らすことを拒否したい | トップページ | 時をさかのぼることでオバマ氏の次が「トランプ的なものになる」というのは既定路線だったことがわかる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>「良くぞ云ってくれた」と感じるケント本
 否ぁ、快刀乱麻ぶった切り、小気味よいばかりに、何の装飾やガードも無しに、ぶん殴って居る感じがしますね。 オソラク、同じ事を日本人が書けば、倍の厚みに成るのではなかろうか、何故なら、日本人なら敵側の攻撃だけでなく、味方側の批評と言う攻撃も気にしなくてはならないからだ。 其れは、ケントさんが、米国で本を出版する際にも直面する事だろう。 つまり、日本での外国人ならではの、メリットなのだと思う。

 その証拠に、例えば日本人が米国で本を出す場合は、米国メディアは、外国人だろうが何だろうが容赦のない批評が飛んで来る、何故なら、米国は端から多民族国家だから。 日本人は何も特殊ながいこぃ人では無い。 ダカラ、ケントさんも、自分の文章に隙は作らない習慣が出来て居て、不用意に突っ込まれて終う惧れが有る事は、一切書いて居ない」と思う。

 言う迄も無く、法曹界は、マスコミの次に乗っ取られた世界で有り、30年ほど前、在日の指して優秀でも無い子が、呑み屋で、「弁護士になるんだ」と言って居たのを思い出しました、その時、「学校は、行かなくても大丈夫なのか」と訊くと、「否、特別なルートが有るらしくて・・」と言うので、まさか、日本の資格試験で難しさは、上から何番目の司法試験に「裏口」が有るなんて、思ってもみなかったんですが、ドゥも有る様ですね。

 オウム事件の裁判に関係した弁護士も、「本当に司法試験通ったの?」と疑う様な人が居た事を思い出しますね。 言語不明瞭で、云って居る事に説得力が丸で無い、風采も、ルンペンが、貸衣裳を着た様な態だった。

 在日の職業と言えば、医師も多いので、医師の国家試験も疑いが有るし、此の度、大学の試験の採点も、偏向採点が行われて居る事が発覚して、其れなら、例えば、東大や京大と言った、有名校の入試も、在日や有名人の子息なら、特別な配慮や手加減されている可能性があるだろうと思いますね。

 以下は、私の想像ですが、こういう在日優遇の状況を創ったのは、政治/戦争難民65万人を押し付けられた、政府は、唯でさえ無法な朝鮮人で、歴史的に流刑の島、済州島からの被差別民が、日本に違法移民として来たワケなので、日本の治安の悪化は目に見えて居たし、警察は、GHQに拠って、行動や装備を制限されていたから、日本は、彼らのやりたい放題に成る可能性が大で有った。

 是は、李承晩の半島での赤狩りを黙認して難民を発生させた、当時のGHQの総司令官のマッカーサー以下の責任であるからには、米国大統領の責任であろうが、その辺りはケントさんでも、書けないでしょうね。 

 幾ら、300万人の戦地からの帰還兵の反乱をを懼れて、日本人の武器を渡さなかったのなら、その分、GHQが日本の国内の治安を確固としたモノにしなくてはならないし、不安を増大させる要因になる、不法移民を隠密に65万人も受け容れさせては、イケナイいだろう。 米国の無責任統治は、何故看過されるのだろうか。

 日本政府は、苦慮した挙句、在日1世65万人については、地域の警察で対応するしか無かった、然し、其れは直ぐに「朝鮮進駐軍」と言う形で現れ、戦前からの渡来朝鮮人である金天海を首領とする、在日の不良分子が、日本中で暴れまくった。

 当事者から聞かされたが、地域防衛の為に、神戸ではヤクザが、体を張って市民を守った。 この事態に、やっとGHQが動き出して、その場で射殺すると言う強行手段を取り始めたから、事態は治まったが、阪神大震災の時、地震で壊れた古いビルの地下から、大量の銃や手投げ弾などの武器が発見された、警察の綿密な捜査の結果、この武器は、朝鮮進駐軍のモノであろうと言う結論に至って居る。

 1世は65万でも、2世、3世となれば、数が増える。 主な、移民の問題を発生させる自然現象である。 日本政府は、難民を贈り還す事を李承晩に拒否されたので、やむなく、次善の彼らを教化して、日本人に順化させる事を考えた、と思います。 

 然し、教育は環境の要素が大きいので、1世や2世の有れた暮らしでは、ホト並み優れた成績を残せるものはホンの一握りしか期待できない。其処で、制度に抜け道を作って、在日を優遇したのではないだろうか。 特に弁護士や医師、其れに官僚は、日本人でも中々成れないのは、難関の試験があるからで、それをクリアさえすれば、何とかなる。 在日の方でも、将来の自分の生活が懸って居るのだから必死になった。

 そして出現したのが現在の社会なのだろう。

 この、不法移民優遇のそっは、今も続いて居る、ダカラ、朴槿恵大統領は、在日帰還法を創ったのだろう。 此の法に拠れば、「嘗て、或いは今も韓国国民である在外国民は国民としての義務である兵役を、努め終えて居ないモノは、例え現在、居住国で帰化を許されたものも、帰化は、韓国政府の許可ないカラ無効である、即刻、韓国に帰還して義務を果たすべきである」

 と言う、至極尤もなものですから、この法律を厳しく施行すれば65万人の1世も、日本人との間で混血した2世も、一旦韓国籍を得て居れば、帰化は無効になる、つまり、在日は殆ど、居なくなると言う事ですね。

 この法律は15年7月に、既に発効しているので、無効にするなら、韓国国会の改正/廃案動議の提出~審議~可決~施行の仮定が必要だが、日韓の2国間問題と、米国も拘わって来るので、韓国の日米との決定的な離間無しには、法律を廃棄する事は難しいだろう。

 処が、韓国政府は、この法律を棚晒し状態にしている。 しかし、日弁連も余命さん達も是を知らないわけが無いので、この話が出て来る時が、この対決の最終段階に成ると思いますね、何せ日弁連を構成している在日や帰化人が全ていなくなれば、自然、日弁連は日本人の手に戻りますからね。

 然し私には、此処まで来て、未だ違和感がある。 ロックフェラーの死亡で、明けた筈の日本で、確かに、色々な戦後に出来た日本を縛って来た問題点の数々が、暴かれて、消滅して行ったが、未だ、大きなものが、暗闇に潜んで居る感じがぬぐえない。 それが何であるのか、ロックフェラーやロスチャイルドの様に、是も「見えて居て見えないモノ」なのだろうか。

昨日のテーマがケント・ギルバート氏だったのですが、今日に繋がるとは思っていませんでした。

>ところが最近の、上級公務員や裁判官を見ていると、どうやらそうでもないということに気が付く。

戦前の上級公務員や裁判官は、役所に忠実で、腹が据わっていたと思いますが、近年の上級公務員や裁判官は、役所の仕事より自己の主張を優先したり、役務を本当に理解出来ているのかと疑問が多いです。

それに、裁判官は、裁判官としての仕事に対して三権分立という、独立性を保持しなければならないのですけれど、これの使い方に疑問を持つこともあります。
犯罪者の人権を犯罪被害者の人権よりも優先するのは可笑しいです。
少なくとも、犯罪被害者の人権は、犯罪者の人権よりも優位でなければならないと思いますが、現在の司法は、犯罪者の人権にばかり寄り添うのでは、司法は日本のためにあるのかとの疑問を持たざるを得ません。


>拉致被害者に関しても、日弁連が声明をだしたのは、わずか一回だけ。

拉致被害者は、拉致されたことに何の責任もありません。
拉致は、日本に北朝鮮の正規軍が、軍服で日本に上陸したのか、民間人の服装で上陸したのか不明ですし、これに朝鮮総連が協力していたのかも分かりません。

これを非難せずして、どうして人権を守れるのかと思います。
これを出来ないのならば、日本の人権を守るなと出来ないと思うのです。
日本の様に表現の自由を保障されている国で、拉致された人に対して優しい言葉一つ掛けられないのならば、日本に必要ないものだと思います。
でも、その団体が朝日新聞が誤報であったとした慰安婦問題において、慰安婦に全力で寄り添い、国連人権委員会で商売人の慰安婦が性奴隷にされた被害者だとして、擁護するのです。

日本に奴隷はいるのでしょうか。日本人は本当の奴隷の姿を知りません。奴隷とは、人間扱いをされず、犬畜生並みに扱うことを前提とするのです。
日本の弁護士は、本当の奴隷を知らないのに慰安婦を性奴隷と表現する無知蒙昧であることを教えてくれました。
それから、秀吉がローマに派遣した4名の少年達は、ローマに向かう途上、日本の女性が下半身を露出した姿で売られたのを見たことに衝撃を受けたそうですが、日本の弁護士はそのことをどのように考えているのかと思います。


>「日本の一部の政治家でおかしいと思うのは、靖国参拝に対して徹底的に反対しながら、アメリカに来て平気な顔をしてアーリントン墓地に参拝する議員がいることです」

これには嗤う他なかったです。
自国のために戦って亡くなった兵隊を奉っている靖国神社には参拝せず、日本人をころした米国の兵隊を奉っている墓地には参拝することの感想を教えて欲しいものです。
日本の兵隊は、200万人位戦死していますから、日本人の家族、親戚や知人の親戚に一人位は、200万人の内の一人がいると思います。
米国のアーリントン基地に墓参りできるのなら、靖国神社へも参拝して欲しいと思うのが人情だと思います。

米国人がこのように考えてくれるのです。
日本の弁護士も、日本人を大事にして欲しいと思いますが、私は人権派の弁護士と言う者を信用できません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私たちは、肥大化した共産支那の下で、彼らの言いなりになって暮らすことを拒否したい | トップページ | 時をさかのぼることでオバマ氏の次が「トランプ的なものになる」というのは既定路線だったことがわかる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31