無料ブログはココログ

« つまり、支那ハイテク優位の奪還がトランプ政権の政策の根幹にある | トップページ | 在日・反日勢力が支配する出版社は、日本の古代が独自の文明を持っていたことを書こうとしない傾向がみられる »

2018年11月10日 (土)

日本文化は、世界の良心の「最後の砦」だ

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

昭和59(1984)年に福井県若狭町の鳥浜貝塚から漆の木の枝が出土しました。

東北大の鈴木三男教授(植物学)ら研究グループの調査で、2011年10月13日、この枝が約1万2600年前のものであることが分かりました。

1万2600年前といえば、縄文時代草創期です。

ーー

縄文時代というのは、いまからおよそ1万7千年前から3千年前までの1万4千年という、途方もなく長い歳月の時代です。

あまりにも長いので、次の6つの時代に分けられています。

1 草創期 約1万5,000 - 1万2,000年前
2 早期 約1万2,000 - 7,000年前
3 前期 約7,000 - 5,500年前
4 中期 約5,500 - 4,500年前
5 後期 約4,500 - 3,300年前
6 晩期 約3,300 - 2,800年前

ーー

人が道具として自然石を使っていたのが旧石器時代。

石を割ったり削ったりして加工して道具に使っていたのが新石器時代。

日本ではこの新石器時代は、およそ三万年前からスタートしています。

世界史的には新石器時代の次が青銅器時代、鉄器時代と続き、ここまでをまとめて先史時代といいます。

ーー

要するに世界的には先史時代に縄文時代という分類はないのですが、ところが日本では、その先史時代にきわめて造形的な土器が出土するわけです。

そこで世界史の中にある新石器時代の中に、もうひとつの時代区分として縄文時代を置いています。

ーー

米国の動物学者のエドワード・S・モース(Edward S. Morse 1838年 - 1925年)が明治の日本にやってきた。

彼は、1877年(明治10年)に大森貝塚から発掘した土器に「Cord Marked Pottery」 と命名して報告した、これが縄文時代とか弥生時代といった時代区分の由来です。

「Cord Marked Pottery」は、直訳したら「何らかのコードが記された陶器」です。

同時代の植物学者であった矢田部良吉博士がこれを「索紋土器」(さくもんどき)と訳し、後に同じく植物学者の白井光太郎博士が「縄紋土器」とした。

それから、「縄文土器」と表記されるようになった。

ーー

けれども縄文時代という時代区分は、戦前には使われていませんでした。

ーー

戦前は皇国史観で、先史時代の日本は神々の時代とされていたからです。

それで、縄文式土器とか弥生式土器という言葉はありましたが、それが時代区分として用いられることはなかった。

ーー

1952年日本が主権を回復したとき、日本はそれまでGHQによって禁止されていた歴史教育を復活させる。

しかし、戦後占領軍の占領政策に協力することによって敗戦利得者となった、在日・反日勢力が戦後日本の支配者となった。

彼らは、占領軍ら与えられた禁止用語集によって言論を検閲し弾圧した。

そのため学校教育の中で公然と国史の教育ができない。

国史も、世界史を学ぶということにして、そのなかで日本史をも学ぶという形のものに置き替えられた。

ーー

つまり日本史は、英国史、米国史などと同等の扱いとしてのみ、教育することが許されたわけです。

ーー

国史というのは、日本国民となるための知識を習得するための重要な教科でした。

歴史を知り、登場人物に感情移入することで、その時代を生きることができる。

そうすることで、現代を生きる知恵を得たり、未来を拓(ひら)くための示唆を得ることができる。

ーー

けれど戦後社会を支配した、在日・反日勢力は、そうすることを許さず、日本の子供たちにひたすら侮日を強制したのだった。

それでも、日本人の間では歴史を教えるべきだという意見は強く、過去の出来事を教えるという形で、ようやく歴史教育が復活したわけです。

そしてそのために名称も、社会科の中のひとつの分野の日本史と変更されました。

ーー

もともと皇国史観では、紀元前660年の神武天皇による建国以前の時代は、神々の時代として認識されていた。

従って祖代(古代よりも前の時代)は神々の時代ですから、その時代を人々の営みという形で捉えることはタブー視されていたのです。

ところが戦後にそのタブーが取り払われた。

それで、考古学上の発見に俄然、熱が入るようになった。

このため戦後には、考古学上の新しい発見が相次ぐようになりました。

ーー

そして戦前まではせいぜい遡(さかのぼ)っても4〜5千年くらいだろうとされていた日本列島での人々の営みが、なんと12万年前までさかのぼれる証拠が出た。

また縄文式土器の時代も、青森県の大平山元1遺跡の発見によって1万6500年前にさかのぼれることが確認された。

さらに漆も鳥浜貝塚の発見によって1万2600年前にさかのぼれることが判明したのです。

ーー

だから「学問は常に自由であるべき」と思うのです。

そして学問は、その根幹に近代を拓(ひら)いた視点、つまり客観性、合理性、公平性を持っている。

だから信頼するに足るものとされている。

ーー

戦後の日本は、東京裁判史観によって戦争責任を一方的に押し付けられ、マルクス史観によって労働者が資本家と対立するように強制された。

また敗戦国日本は、近隣諸国に対し批判したり苦情を言ってはならないというような近隣諸国条項も強制された。

この条項にも日本人は忠実に従った。

そのために、支那人とか朝鮮人という言葉さえも発言を控えさせられていたのだった。

ーー

これでは、客観性、合理性、公平性のある歴史を教えることは不可能であった。

しかも、在日・反日勢力が戦後の言論・メディアを支配したことによって、一層、真実の歴史を知ることが難しくなっていた。

ーー

では戦前の日本の史観がすべて正しいのかというと、これまた皇国史観という政治的思想的な制限があったのです。

逆に言うと秩序維持には学問にも制限や制約は必須のものであるともいえましょう。

ですからそうした政治的思想的な制限や制約は、いつの時代にもあることなのです。

ーー

そういう意味で、過去がすべて良くて、いまがすべて悪いというわけではないということです。

逆に、戦前がすべて悪いというのも、単に政治的思想的見解にすぎません。

ーー

秩序維持のために、学問に思想的政治的制約を課すことは必要なことです。

が、過度にそれを行えば未来を奪うことになりかねない。

ーー

さて漆の話にもどります。

長さ約20cmくらいの木の枝ですが、森林総合研究所(茨城県つくば市)で、

2005年に顕微鏡検査でその形状から漆の木であると突き止められた。

また千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館(通称:暦博)での放射性炭素年代測定法によって、

2011年に、それが1万2600年前のものであることが判明した。

ーー

実はこれはたいへんなことです。

単に日本に漆の木が自生していたことがわかったというだけの話ではないからです。

漆は、木を植えただけでは育ってくれないのです。

下草を刈って、毎年毎年手入れをして、樹液の採取ができるようになるには、まる10年かかる木なのです。

ーー

ですから漆の木が出土したということは、いまから1万2600年前に、そこに人々が定住し、集落を営んでいた。

それだけでなく、漆を採(と)るという目的をもって長い歳月をかけて漆の木を栽培していたということが分かったのです。

ーー

考古学者の中には、そのころの日本人(縄文人)は、まだ定住性がないから、漆は「栽培」したのではなく、「自生」していたにすぎない、と反対する人もいます。

こういう学者は、あくまで漆は支那から渡来したものと言いたいらしいのです。

が、検査の結果わかったことは、この漆の木片は、日本固有種であって渡来ものではない、ということです。

ーー

さらにいうと、いまから9000年前の漆塗りの製品として、北海道函館市の垣ノ島B遺跡から、漆塗りの副葬品が発見されています。

ーー

漆は長いこと支那から日本に渡来してきたものだと言われてきました。

支那の浙江省、河姆渡(かぼと)遺跡で発見された漆の椀は、いまから約7000年前のものと判明してます。

同省の跨湖橋(ここきょう)遺跡で発見された漆塗りの木弓は、約8000年前のものとされています。

けれど、なにせそれを報告したは、大嘘付きの支那人のことです、信頼するに値しない。

ーー

そもそも河姆渡(かぼと)遺跡というのが、いまから7000年から6500年前の遺跡なので、漆椀の7000年前は納得できる。

しかし漆塗りの木弓が8000年前のものだというのは、どうにも納得がいかない。

しかも年代測定の詳細が公表されていない。

さらにいうと、支那の漆は、黒漆です。

日本の漆は赤漆です。

色が違う。

ーー

その黒漆が、いつ頃日本にもたらされたのかには諸説あるようです。

具体的な証拠としては、北海道の函館市の垣ノ島A遺跡で出土した注口土器があります。

これは、いまから3200年ほど前のものですが、なんと黒漆を下塗りして、上から赤漆を塗って味わいを出しています。

(つまり支那由来と思われる漆を下地に使っている)

たいへんに美しい。

ーー

もうひとつ、垣ノ島B遺跡から出土した漆器は、なんといまから9000年前のものでした。

ところが非常に残念なことに、この遺跡は2002年12月28日の深夜に火災にあった。

そして8万点にも及ぶ出土文化財や、写真や図面がまる焼になった。

幸い、関係者の必死の努力で、漆塗りの製品の形の認識や繊維状の痕跡がはっきりと視認できる部分は焼失を免れた。

ーー

支那よりも古い漆器が出土したことが確認された途端、その遺跡が不審火によって火事に遭っているというのは、なんとも不可解です。

ーー

そして漆器について、なぜか支那のものの方が古く、日本はそれを輸入したという説ばかりが、妙に垂れ流されています。

(稲作についても、遺跡の年代測定をしてみれば、明らかに日本の水稲栽培の方が支那のそれよりも古いのに、なぜかいまだにそのことはあまり公にされない)

ーー

それどころが世界最古といって良い、日本の縄文時代の遺跡群は、学会において決して「縄文文明」とは呼ばれないのです。

ーー

逆に言えば、日本人が国家意識に目覚め、日本文明を認識し、日本人になることが、いかに支那・朝鮮の工作員らにとって、脅威であるかということです。

しかしいくら日本を否定し、日本人からいくら歴史を奪っても、ひとたび東日本大震災のような大事が起これば、実に整然とした日本人の美質が、自然と発揮されてしまう。

これはもう、縄文時代から培われた、日本人のDNAのなせる業としか言いようがありません。

ーー

人は、おおむね25年で一世代が交代します。

古事記が書かれてから、来年で1300年、ということは、古事記が書かれてから、まだたったの50世代です。

今上陛下は125代。

そして1万4000年続いた縄文時代は、560世代です。

ーー

だいたい国民の特徴は、400年で外観や気質が固定すると言われています。

日本文化は、世界の良心の「最後の砦」だと言った人がいました。

いまこそ、私たち日本人は、世界最古の和の文明を開花させた誇りある民族であることに気づくべきなのです。

そして日本が和の文明を洗練させていけば、世界は本当の平和に目覚めることができるのではないか。

そんな気がします。

※この記事は2011年11月の記事のリニューアルです。

« つまり、支那ハイテク優位の奪還がトランプ政権の政策の根幹にある | トップページ | 在日・反日勢力が支配する出版社は、日本の古代が独自の文明を持っていたことを書こうとしない傾向がみられる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>考古学の神髄とは
 私が学校で習った先史時代の世界の歴史で、現在も常識とされて居る事は、あまり残って居ないと思います。 アルタミラやラスコーの洞窟の壁画は、一番古いものでも、1万6千年前で、旧石器時代をその始まりとする、先史時代の時代区分は、出土する石器や土器やその他の出土品、或いは、人為的な、例えば、小麦の栽培や品種改良の跡等に拠って居る事は、読んで居てわかります。

 唯、西洋が考古学に目覚めたのは、20世紀になってからで、それ以前は、聖書全盛時代が約1500年続き、あのニュートンが、17世紀に「人類の歴史は、3千年前に始まった」と宣って居たのですし、未だに聖書の「呪い」は、続いて居ると思います。

 社会的な背景で、骨や土器だけでは、先史時代の人々の生活や況や、彼らが、如何なる考えを以て生きて居たのか、すら分りません。

 つまり、「活き」が感じられないので、親近感も湧かなかったのです。 私は、考古学が注目され始めたのは、やはり、19世紀のシュリーマンの伝説でしか無かった、トロイアの遺跡を発掘した事に端を発すると思います。 この発見は、ギリシャ・ローマ時代の文書が遺って居たからでしょう。

 でも、先史時代の文書は、遺って居ないので、全てが類推の域を出ない、否、文書が遺って居ても、その記述が現実だったと確定するには、他の複数の文書が必要でしょう。 ですから、契機はあったけれど、其れから後に世界的なトピックスに成ったのは、戦後に見つかった死海文書くらいでしょうね。

 然し、20世紀の科学者は、ヒト科をホモと言う分類の呼称に位置づけて、ホモ・サピエンスの他にも、ホモ・エレクトゥスやホモ・ハビリス、そして、ホモ・ネアンデルタールシスと、居た事を発見しているし、その支族も居た事がわかっているそうです。

 でも、ダカラ歴史は面白い、という面が有りますよね。 「歴史は、不完全だから、寧ろ修正して、詳細まで詳らかにすべきもの」で、07年に、米国下院で行われた「歴を修正してはイケない」と言う決議は、嗤うべき非科学的認識です。 米国民は、科学的検証を嘲笑したのですから、その社会が、如何に、蒙昧な常識で出来上がって居るかを自ら証明したのです。

 私は、筆者の「歴史は学問として常に自由無碍で無ければならない」と言う、主張に満腔の賛意を持って居ます。

 然しご紹介に有った様に。現代の科学の力は、遺跡から出た20cmの枝1本で、漆の栽培を疑い、それが証明される事で、遺跡の住人達が、漆と言う、育てるのに手間と時間がかかる植物を、何の目的で栽培して居たのか、漆は、漆器の様に変質に強いと言う性質が有るし、亦、接着剤や防腐剤としても有効なので、栽培されて居たと考える事が出来ます。

 更に、その漆を求める他の集落の人間がいたならば、今度は、「交易品」としての漆の価値が、出てきます。 

 勿論、現代の様に貨幣制度などあるわけが無いので、物々交換でしょうが、それが、例えば、翡翠だったり、細石刃「=ナイフ」の代わりに成る黒曜石だったりすると、天然の資源では無く、自分達でも「交易品」として価値の有るものを創り出そうと考える人々が出て来ても可笑しくない。

 それが土器で有ったとすると縄文の火炎土器などは、祭祀の時に使うものとして珍重されて居たのではないかと思います。

 「多様性の有る処、互いの競争の有る処にしか、進歩は生まれない」と言うのも、しぜんの法則なのですね。 ですから、共産主義の誤りが此処にも現れて来る。 そしてこれは、既に、共産化した政治体制下で、繰り返し証明済みです。

 西洋の場合に、こうした展開が出来なかったのは、その契機となる出土品が、全くでtこないからですが、現在では、西洋文明は1万2千年前に終わった氷期と、その後に起こった、「寒の戻り」のYD期「=ヤンガードリアス期」の凡そ1500~2500年後に、中東の陸橋部に有った、現シリアのレバントのテル・アブ・フレイらと言う、遺跡に9500年前の小麦の栽培跡が見つかって居るのを最古としているダケです。 

 氷期の間は、現在の地中海地方は、西の海峡が、海退現象で、陸地で大西洋と遮断されて居た「=ヘラクレスの門」ので、2~3の大きな淡水湖と、中小無数の湖沼で成る地帯であった事が考えられます。 すると、温暖で、然も、水資源に恵まれて居る訳です。

 此処に現生人類、或いは、旧人が文明を築いて居た可能性もありますが、欧州は、と言えば、氷期以前「=7~8万年以前」は、シベリアが生物の楽園の様な場所で有った事から、欧州半島にも多くの生物が暮らして居た可能性が有りますが、氷期の到来で、全滅したと考えられるし、その後形成された巨大な氷河、肥沃さを齎した表土と共に、その遺物も共に海に流し込んでしまったと考える事が出来ましょう。

 日本から、12万年前の遺跡や遺物が出て来るのは、偏えに日本列島は、地中海と同じく、温帯の中緯度地域に在り、列島には、巨大な氷河を形成する様な、酷寒な気候も、地形も存在して居なかった事が挙げられましょう。

 先史時代はまだまだ謎の多い時代です。 人類は、例えば、日本で12万年前の遺物や遺跡が出たからと言って、一喜一憂する事無く、更に新たな発見を目指して、研究と調査を重ねて行って貰いたい。

 そして、その先には、我ら人類は、「元一つ、皆、同胞」である事である事を科学的に証明してもらいたいですね。 科学的証明とは、「今出来る手段で、疑問をさしはさむ事が、出来無いモノ」ですから、既に多くの偽の発見や嘘が横溢して居た時代を過ごした欧州も、その「捏造や偽造が、欧州の考古学を科学的なものから遠ざけ、衰退させている」と気づいて居る事でしょう。

 嘘や誤魔化しは、自然の法則「=神のご意志」に反するものダカラ、その嘘や誤魔化しを、放置すれば、共産主義の様に、いつしか消えて行く事に成るし、その為に人類は大きな犠牲を払わねばならなくなるのです。

 考古学に限らず、学問に携わるものは、須らく自分のやって居る研究や調査が、人類の為「公の為」である事を自覚すべきです。

 そして、考古学の神髄の精神とは、「人類の進化の足跡を追って詳らかにする事で、人類の進化の足跡を知り、以て、この先の人類が、理想の社会を描く、材料を提供する事」ではないでしょうか。 

 それは、日本文明に現れる、「和の心」である事は論を俟ちません。

日本の文化を教えていただくとき、日本は本当に凄い国だと思いますし、そこに住む一人として、誇りに思います。
福井県にはこれまで何回も行ったことがあります。何年か前には福井恐竜博物館にも孫を連れて行ったのですが、鳥浜貝塚には行ったことがなかったので、一度連れて行きたいと思います。

それはさておいて、子供の頃に習った縄文時代と弥生時代ですが、縄文時代の素晴らしさは、年を経る毎により大きなものに感じます。
世界の中でも、尤も古い石器や土器がこの日本の中で見つかっていることだけで喜んでいますから、戦前の皇国史観で日本の神々の時代だからと教えられなかったり、戦後はGHQの政策で日本の歴史教育がおざなりにされたと言っても、日本は常に日本人と共にあるのですから、それがどうしたという乱暴な言い方になってしまうのですが、この年になりますと、日本人が日本のことを知らないことに恥ずかしくなりました。

日本の歴史は、日本の国史として国民が知らなければならないと思います。
その為には、研究に自由は必要だと思いますし、研究者がのびのびと研究することも必要だと思います。
それは、正しい歴史を知るために必要なことですが、妙な国家間のために歪曲し、捏造した歴史を国民に教えるものではないと思います。
まして、終戦後の占領政策で、占領軍の必要であるとしての歴史や、隣国の都合に合わせた歴史を認識する程、馬鹿げた歴史観はないと思います。

日本の国の歴史と言える文化や、日本民族がこれまでに培ってきた艱難辛苦を現在の日本人が学ぶことにより、過去数千年に及ぶ日本人の知恵を、今後の日本が永続し、生き延びるために生かしてゆかねばならないと思うのです。
何分にも、日本の国はアジア・ユーラシア大陸の端っこにあり、天然資源でも黄金には恵まれていたのですが、小さな島国に1億2500万人が住んでいて、今では天然資源は海底にしかないと考えます。

日本の子々孫々までが、安心して暮らせるようになるには、周りに覇権主義国や、反日国が日本を侵略しようと考えているのですから、日本人はこれらから身を守り、暮らして行かねばならないのですから、過去に学んで未来を作る教育を国民全体が受けて、頑張らなければならないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つまり、支那ハイテク優位の奪還がトランプ政権の政策の根幹にある | トップページ | 在日・反日勢力が支配する出版社は、日本の古代が独自の文明を持っていたことを書こうとしない傾向がみられる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31