無料ブログはココログ

« 僕が「Rain」を書いて歌ったときに見えた景色と、新海さんが作られている景色と場所は違うんですね | トップページ | 人はめいめい考えが違うものであるから、軽々しく人の悪口を言うものではありません »

2018年10月26日 (金)

20人を超える逮捕者を出している大事件でも「特定勢力に対して極めて都合が悪い情報なので絶対に報じない」のでしょう

ーー以下「ttensanブログ」より抜粋編集

2018/10/22 産経新聞の記事から。

【衝撃事件の核心】なぜ…生コン「労組」相次ぎ逮捕

セメント、生コン業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部=かんなましぶ)の幹部や組合員が、相次いで逮捕されている。

7~8月に滋賀県警が、商社支店長を脅したとする恐喝未遂容疑で4人を逮捕したのに続き、大阪府警が9~10月、運送業者などの業務を妨げたとする威力業務妨害容疑で19人を逮捕。

4カ月間で逮捕者は実に23人に上る。

労働環境向上などを目的とする「労働組合」がこのような事態に陥った背景は何か。

捜査や公判からは、関生支部が自らと関係が深い組合に加盟しない「アウト業者」を排除することで、資金を得ていたという構図が浮かび上がる。

~以下省略~

ーー

ちょっと長めの記事なので リンク先を読んでもらうとしまして。

セメントってのは作ってから一定時間内に現場に運び込まないといけない。

それで関生支部の幹部や組合員は、企業の生コンを載せた車の移動について、邪魔されたくなかったらうちらと契約して高い金払えやと脅して、逮捕されたのだという。

トラックなどの移動を妨害するのは 辺野古なんかでもやってます。

彼らにとっては手慣れたものなのでしょう。

しかしながらこれは威力業務妨害であり、違法行為です。

ーー

ただこの産経の記事では、辻元清美や尾辻かな子、福島瑞穂など、連帯ユニオン関西生コン支部と関係を持っている議員については触れていない。

ま、MBSとか関西のテレビ局以外ではこの事件を報じていない。

20人を超える逮捕者を出している大事件でも「特定勢力に対して極めて都合が悪い情報なので絶対に報じない」のでしょう。

ーー

東京のテレビ局ではまったく報じてくれませんね。

ーー

これでは選挙で、辻元清美や尾辻かな子、福島瑞穂などに投票してしまう人も出てくる。

反日メディアは、「怪しい」というだけで、モリカケで騒ぎ続けている。

原告は、これこれの証拠があるから被告を訴えるというのが普通です。

ところがモリカケでは、証拠については被告に出せという。

もうこんな人たちがメディアを牛耳っていては民衆政治は成り立たないと断言できるところまできている。

ーー

一方関生支部事件は、その犯罪行為について証拠があり、実際に逮捕者が出ている。

これを新聞・テレビが全く報じない。

日本の言論・メディアは腐っていると言えましょう。

もう腐りきっていて自浄能力ゼロなのです。

政府は、とっととテレビ・ラジオを電波オークション制にすべきなのです。

« 僕が「Rain」を書いて歌ったときに見えた景色と、新海さんが作られている景色と場所は違うんですね | トップページ | 人はめいめい考えが違うものであるから、軽々しく人の悪口を言うものではありません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日本の転換点は、ロックフェラーの死亡だった
 抑々、この集団が表に出始めたのは、森友問題で敷地の地下から産廃ゴミが出て来た事を理由に、詐欺師の籠池が、近財局にクレームを着けて、凡そ9億円の評価額の土地を、1億2千万迄値引きした事に関して、安倍首相の夫人の関与が有った戸か無かったとか、騒いだ時に、個の土地に隣接する「野田中央公園跡地」が、評価額14億円の処を、僅か、2千万円で、然もその2千万円を補助金で処理して居るので実質只で、連帯ユニオン、関西生コン支部に払い下げられていた事実が発覚します。 

 この一連の事件で、近財局の中に。元国鉄の革マル派の活動家が、故野中広務氏の斡旋で、職員として入省して居た事も発覚、彼は、捜査が始めると直ぐに自殺を遂げて居ますが、関西に在る財務省の、財務局、理財局の中には、既に、革マル派に拠る闇組織が存在している事も分りました。是も公安警察の仕事でしょうね。

 この話が浮上したのは、この事件に関して関係者2人の不審死があり、随い、刑事案件となった為に、裁判所が捜査令状を発行して、今年の2月の初めの週に、奈良県警と大阪府警の合同捜査で、大阪府高槻市の連帯ユニオンの事務所に2回に亘って、ガサ入れ「=レ条を示して、事務所の家探しをする」をした事で、ネットで森友事件へのカウンター事案として、取り上げられました。

 死者が2人も出て居る刑事事件なのに、被害者もそしておそらく加害者も、日本の裏社会では常識の、部落・朝鮮人・極左と言ったアンタッチャブルな範疇に入って居る人間だと、判断したのか、マスコミは一切報道しませんでした。

 この事件が「捜査中」と言う、潜航状態から、浮上したのは、8月に、同じく連隊ユニオンの支部長である、武健一が部下7名と共に、「恐喝容疑」で、滋賀県警に逮捕され、書類送検された事件でしたが、その後も、組織の捜査は続けられ、色々な事案で、結局23人もの逮捕者が出たのでしょうね。 罪状は様々ですが、公安は、主要人物の懲役とその組織の解体まで、追及の手を緩めないでしょうね。

 此処でちょっと、ほんの10年前、つまり、08年に事を思い出してみれば、世界は、リーマン・ショックの被害の大きさに驚いて居ましたが、麻生政権は風前の灯火状態で、あの狂人鳩山由紀夫の勝利の高笑いが鳴り響いて居た頃でした。

 この頃は、日本はどん底だったと思います。 日本に潜在している外交の工作員や其れに呼応する日本人の売国サヨクが、是まで以上に大きな顔をして居た時代です。

 そして、その次の年から、3年3か月日本は、民主党政権と言う地獄に沈んで居たのでしたが、11年に起こった東北大震災で、多くの自動車部品工場も被災して、部品の生産がストップしました。 

 すると、世界の自動車生産もストップして終ったのです、つまり、自動車の基礎的な部分を構成する部品は、全て日本製だったワケです。 その部本工場が中々復活しないので、業を煮やした、世界中の自動車メーカーが、この状態を回復するべき日本の民主党政権の無能さを批判し出しました。

 その批判の矛先は、民主党政権を誕生させた、国際金融資本のロックフェラー一味に集中したのです。 其処で、民主党のバック・アップから経団連が降り、連合までが疑問符を呈して、野田民主党は完全に孤立しました。 然し、ロックフェラーは引き続き日本の支配を続ける心算でしたから、次の総理総裁は、扱い易い、石破茂に決めて居ました。

 処が、6月になって、国際金融資本の総会が開かれ、その場でロックフェラーとその一味「=甥やその家族」の、会員除名と私財没収の上追放が申し渡されました。

 罪状は「反乱罪」で、内容は、「国際金融資本の根幹に当たる、世界の基軸通貨US$の、リーマン・ショックからの経済秩序の回復の為のドルの増刷を利用した、US$の暴落に拠る基軸通貨からの失墜、そして代わりに、人民元を基軸通貨にする事」で、以て、国際金融資本をロックフェラーのものにしようとした事は、明らかだったからで、英系ロスチャイルドは、この陰謀を知った08年から4年を懸けて、精査と証拠集めを行って、ロックフェラー一味が反撃できない様な状況を創り出してから、処分を行ったのです。

 この処断が、日本にとっては戦後73年間ずっと、ロックフェラーに抑えつけられて来た状況を解き放つモノでしたから、その時点、12年6月から日本社会全体が、変わり始めたと言っても良いでしょう。 

 勿論、こんな自分達に都合の悪い事をマスコミが報じるわけが無く、ロックフェラーと言えば、伝説のアメリカン・ヒーローで、過去の人だと思って居た人が多く、ディビッド・ロックフェラーが、如何なる人間なのすら、知らない日本人が大半でしょう、斯く云う私も、写真すら見た事が有りません。

 唯、彼が死ぬ迄は、PCにロックフェラーと打ち込んでも入力できないと言う現象が、有った事で、私は、その隠然たる力の大きさに驚いて居ました。
 
 つまり、彼の死「=14年5月?」により、復活が有り得なくなって、やっと、日本の公安警察以下、治安系公務員は、今迄、手が出せなかった、高級行政職や国会議員、省庁官僚の範囲迄、捜査する事が出来る様になりましたが、その外国勢力の浸透・侵略の深さに、驚いて居た様です。

 然し、マスコミも、謂わば、捜査の対象ですから、報道する筈が固よりありません。 ですから、普通の国民で、ネット世界を知らない人は、リックフェラーの支配状態が、普通の日本社会だと思って居るので、最初は、話が頓珍漢なモノでしかありませんでしたが、次第に、共産党のルール無視のやり方や媚韓、親シナ派の、売国を売国とも思わない行為が、巷に溢れかえって居る事に次第に気が付き始めて居ますし、マスコミが、従来の信用を完全になくして終って居る事が、大きなファクターになっています。 

 田舎のお年寄りと言えば、情報弱者の見本みたいな話ですが、地方によってはお年寄りが集まる処で、無料/有料の、パソコン教室を開催して、お年寄りがインター・ネット社会に参入して来る様になって居るそうです。

 こうなれば、縦椅子様や保守のブロガーたちは、注目度がぐんと上がり始める事でしょう。 難しそうに見える、陰謀論を含んだ説は。一見、別の世界の話の様に感じますが、実は、現実化した事情を、曲解して、或いは、大袈裟に解釈して、誇大妄想的に膨らませたものに過ぎない場合が殆どです。 然し、このロックフェラーの様に、実際に、日本を陰で支配して来た人物はいたワケです。 人間は遠くのものよりも。

 目の前に在るものの方が見えて居ない、と言う「木は森に隠せ、豆は豆の中に隠せ」と言う様に、本当に隠したい事実は、皆が知って居るものの中にこそ隠してあるのです。 何故なら、モノを探すとき人は、自分の知らない処から疑い、知って居るのは、真っ先に探す対象から除外するものダカラです。

 こうした、腹黒い勢力が、隠している陰謀や秘密を、現れや事象を基に、その意味を解説して、以て、警鐘を鳴らす。 斯うした、危機を、マスコミに代わって皆に紹介できるブロガーが皆の支持を最終的には得る事に成るでしょう。 縦椅子様、頑張って下さい、我々も応援します。

>7~8月に滋賀県警が、商社支店長を脅したとする恐喝未遂容疑で4人を逮捕したのに続き、大阪府警が9~10月、運送業者などの業務を妨げたとする威力業務妨害容疑で19人を逮捕。

一つの企業組合で、4ヶ月の間に23人もの逮捕者が出たら、普通は大変な事件で、連日、新聞でもTVでも報道するものだと思っていました。

それを報道せずに放置していたら、最早、報道機関と言うに値するのかと思います。
一般国民は、今も30年前も変わっていません。
マスコミが報道しないと言うことは、事件がないと言っているのに等しいのです。

何しろ、モリカケ問題では証拠がないのは可笑しいとして、報道機関はない証拠を出せと言わんばかりの報道機関です。
これだけの、連中が逮捕されているのに、タマにしか報道しないのでは、普通の人なら忘れているに等しいのです。
もっとも、ネットの中では大きい話題になっています。

もうしばらくすれば、カンナマ支部事件が起訴・送検されることで一般の人の記憶を呼び起こし、報道各社が取り上げざるを得ない状況になることを期待します。

しかし、辺野古基地周辺の反対運動は、すでに限界を過ぎているのですが、犯罪者の仲間である沖縄で報道されないのなら理解できるのですが、本州においても報道されないのは全く理解できません。

放送局が電波オークションにかけられることで、報道各社が次は我が身もと思えるようにと、神頼みしかないような気がしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕が「Rain」を書いて歌ったときに見えた景色と、新海さんが作られている景色と場所は違うんですね | トップページ | 人はめいめい考えが違うものであるから、軽々しく人の悪口を言うものではありません »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31