無料ブログはココログ

« まもなく日本の外交政策が全面的な修正を迫られることになるだろう | トップページ | 「君の名は。」の中で歌われる「何でもにないや」をわかるように編集してみた »

2018年10月 5日 (金)

人類に与えた被害は、共産主義は高々100年だが、キリスト教は2000年である

ーー以下「宮崎正弘ブログ書評奥山篤信」より抜粋編集

渡辺京二『バテレンンの世紀』(新潮社)

「渡辺史学」の到達点である!

かつて渡辺氏の著書『逝きし世の面影』について、西部邁先生は次のように評した。

ーー

「(渡邉氏は)幕末から明治にかけて日本を訪れたヨーロッパ人たちの手紙、論文、エッセイその他を膨大に渉猟し」た。

「(そして『逝きし世の面影』にて)当時の西洋人が見た日本の姿を浮かび上がらせた」

「多くのヨーロッパ人たちが、この美しき真珠のような国が壊されようとしていると書き残している」と。

ーー

評者(奥山)は渡辺氏は一次資料から緻密な分析をする歴史家と見ている。

ーー

共産主義とキリスト教はお互い犬猿だが、根っこは同じだ。

美しい理想郷と殺戮と拷問の現実と思い上がり。

これらは、共産主義社会と神の国に共通している。

ーー

しかし人類に与えた被害は、共産主義は高々100年だが、キリスト教は2000年である。

そんな意味でもこの渡辺氏の緻密な調査と分析は実に興味深い。

ーー

1582年に四名の少年を中心とした使節団がローマへ派遣された。

九州のキリシタン大名、大友宗麟・ 大村純忠・有馬晴信の名代としてで、イエズス会員アレッサンドロ・ヴァリニャーノが発案したものだった。

ヴァリニャーノは自身の手紙の中で、使節の目的をこう説明している。

ーー

第一はローマ教皇とスペイン・ポルトガル両王に日本宣教の経済的・精神的援助を依頼すること。

第二は日本人にヨーロッパのキリスト教世界を見聞・体験させ、帰国後にその栄光、偉大さを少年達自ら語らせることにより、布教に役立てたいということ。

ーー

使節の少年たちは有馬晴信が日野江城下に建てたセミナリヨで学ぶ生徒の中から選ばれ た。

派遣当時の年齢は十三~十四歳であった。

その四人は

・伊東マンショ(主席正使)大友宗麟の名代。
宗麟の血縁、日向国主伊東義祐の孫、後年、司祭に叙階される。
一六一二年長崎で死去。 

・千々石ミゲル(正使)大村純忠の名代。
純忠の甥で有馬晴信の従兄弟。
後に棄教。 

・中浦ジュリアン(副使)後年、司祭に叙階。

・原マルティノ(副使)後年、司祭に叙階。

ーー

渡辺氏は『天正遣欧使節記』にあるローマへの少年派遣団の一員であった千々石ミゲルの棄教について語っている。

しかしなぜ氏は、彼らの「見聞録」の中で書かれている下記を敢えて書かなかったのか。

ーー

「我々の旅行の先々で、売られて奴隷の境遇に落ちた日本人を 身近で見たときには、こ んな安い値で小家畜か駄獣(牛や馬)の様に(同胞の日本人を)手放す我が民族への激しい 怒りに燃え立たざるを得なかった」

「全くだ。実際、我が民族中のあれほど多数の男女やら童男・童女が、世界中のあれほど様々な地域へ、あんなに安い値で掠って行かれ 売りさばかれ、みじめな賤業に就くのを見て、憐憫の情を催さない者があろうか」

ーー

まさに性奴隷の生娘を含む日本人奴隷たちの記述がないのだ。

ーー

宣教師のうわべの綺麗事の目的とは裏腹に、まさにあくどい主な目的である奴隷貿易への記載が見当たらないのだ。

ちなみに1607年に南米ペルーのリマでおこなわれた人口調査によれば、当時の人口 25454人のうち、日本人の奴隷として男9名と女11名がいたことが記載されている。

この事実こそが1587年豊臣秀吉をして宣教師追放令を発布させたのだ。

が、その理由は、ポルトガル人がキリスト教の布教の一方で南蛮貿易において多数の日本人を奴隷として叩き買い、船に連行し、海外に売り飛ばす事実を知ったからだ。

ーー

秀吉はまさに宣教師らの口先の偽善と欺瞞に怒りを爆発させたのだ。

つまり宣教師追放令は日本の行政府の長の施策として賞賛すべきものであった(拙著「キリスト教を世に問う」)。

ーー

私は、キリスト教弾圧の功績者は秀吉だと考えている。

が、渡辺氏が描く秀吉は何か思いつきとか助言でコロコロ変わるいわばピエロ的存在で矮小化されている。

そして弾圧を実質的に実行したのは徳川家康以降の徳川政権だったとしているのだ。

ーー

家康は秀吉の宣教師(バテレン)追放令を踏襲して、治世の当初から日本を神仏国家として、キリスト教を拒否する姿勢であった。

が、彼の海外情勢に対する的確な認識があり、海外に向かう知識の窓口であったからこれを利用せねば損だと思っていた(これは織田信長と同様)。

それゆえ、西洋諸国が交易と布教を切り離して、宣教を抑制してくれるなら、ある程度のキリスト教の存在を黙認する用意はあった。

ーー

しかしそんな黙認につけあがったキリスト教は日本において最盛期を迎え信者が37万人まで増えたのだった。

その交易と布教を分離しないスペイン・ポルトガルへの苛立ちが募り、家康をしてついに全面禁教とさせたのだった。

まさに「みだりに邪法を弘めて正宗を惑わし、もって城中の政号(政体、国柄)を改めて己が有となさんと欲す」である。

ーー

実際、家康は日本の軍事力に自信をもっていた。

それで西洋人らの現実の武力侵略は恐れていなかった。

彼が恐れていたのはキリスト教の文化的侵略だったのだ。

ーー

つまり秀吉の奴隷貿易に対する「人道的怒り」よりも家康の「文化的侵略への危機感」こそが、まさに合理的な認識だった。

芥川龍之介は「神神の微笑」の中で、「キリスト教は日本の霊の力には絶対に勝てない、つまり日本の風土になじまない」と書いている。

さらに棄教者フェレイラは、『顕疑録』を書いてキリスト教を攻撃している。

フェレイラは、最終的無神論者となった。

ーー

つまりキリスト教信者だったものもキリスト教を批判しているのだ。

むしろ渡辺氏はキリスト教への尊敬の念をお持ちのようで、だからこそ奴隷貿易やローマ見聞録などをあえて書かなかったのではないのか。

氏は1948年日本共産党に入党し、1956年のハンガリー動乱で共産主義に幻滅し脱党した青年時代がある。

それで私は、渡辺氏が共産主義者からの転向隠れキリシタンではないかと思ったほどだ。 

« まもなく日本の外交政策が全面的な修正を迫られることになるだろう | トップページ | 「君の名は。」の中で歌われる「何でもにないや」をわかるように編集してみた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難う御座います。
>>八百万の神に成れなかったキリスト教の神
 この渡辺氏は、評者(奥山氏)が疑って居る様に、共産主義からのキリスト者への転向者なのだろう。と、私は感じました。

 つまり、渡辺氏には「自身の正義の拠り代が必要だった」と言う事でしょう。 其れは、多分少年期に孤独な時代を過ごした可能性があると言う事ではないかと、同じ境遇を経験した私は、推測します。

 日本の神道は、自然の脅威を凌ぐのに、自然の変化を良く観察する事で暦を創り、列島の気象・海象を研究し、そうして得た経験則を最初は口伝で、後継者に伝える事で、自然災害を減災する術や工夫を編み出して、此の列島の上で、3万年もの生活を営んで来たのです。

 工夫や発明は、体験をベースに生まれるものですが、同じ環境に在る一つの集団から生まれる智慧には、自と限界がある。 ダカラ、列島に漂着する遭難者は、「客人神(マロウドガミ)」として、排他的に扱われる事無く、大事に扱われたのでしょう。

 助けられた遭難者は、列島民は「命の恩人」ですから、仇為す事等する筈が無かったのですが、異人種・異教徒に対して、徹底的に排他的な態度を「神に対する操」の様に称揚するキリスト教は、端から、人間として当たり前の「命の恩人」に対する感謝を持てない人々だったと言えましょう。 ハッキリ言って、この時点で、キリスト教は邪教です。

 良く宗教は排他的だから、と言いますが、世界の宗教と今呼ばれて居るものの中で、強い排他的を持つモノは、全て、一神教出自の、ユダヤ・キリスト・ムスリム系の宗教で、排他性は寧ろ一神教の特徴だと言って良いと思います。

 こういう排他的な姿勢は、共産主義にも見られる事柄、共産主義の根源も、一神教出自を疑われましたが、その通りで、ユダヤ聖典の一つであるタルムードに由来して居る事が突き止められています。

 つまり共産主義は、キリスト教が、「変質させられたユダヤ教」に過ぎないのと同様、根っこは、古代のヘブライズムであり、その民族宗教的な排他性は全く変わって居ない、と言う事だと思います。

 日本でのキリスト教の受け入れは、日本人は、それ以前に有った仏教の渡来と同様に考えて居た節が有る、そりゃあ、利他愛と隣人愛の違い等、説教を聴いただけでは区別がつかないであろう。

 然し、「言葉が正確に伝わらない」と言う事を利用して、騙しのテクニックにしたのだから、正に邪教であろ そして、挙句には、火薬一樽に女奴隷50人ですから、人の道を完全に踏み外して居ますが、是を彼らはキリスト教の「異人種・異教徒は、神の嘉し賜わざるもの、悪魔である」と言う教えで、正当化して居たわけだから、呆れて物が言えない。

 完全に人間のむき出しの欲望の発揮を正当化しているだけの、正に、悪魔の教えそのものではないか。 ダカラ、支倉常長が、太平洋を超えて、ノエビスパパン「=新スペイン、今のメキシコ」に着いた時に、日本でのキリスト信者に対する弾圧を抗議して、冷遇を受けた、と言う話もある。

 悪魔を神に見立てて終えば、人間の評価は簡単に逆転する、如何に、自分の感覚的な判断が、宛てに成らないものかと言う事だろう。

 然し秀吉は、最初の使者の一行から(特に、千々岩氏)の話で、全てを知り、禁教に踏み切ったのだから、称えられるべきは、秀吉だろう。 彼の出自は。ドゥも賤民の様だが、社会の底辺から見上げた方が、見えるものもある。 秀吉は、偽善の裏には、必ず、功利が隠されている事を確信していただろうから、出世できたのだし、その決断力も早く正確だったと云えよう。

 一方家康は、宗教問題では、自領内の一向宗の扱いで、譜代の家臣と対立関係に成った事が有って、扱いに躊躇いが見られる、その曖昧さが後に、多くの死者を出す事に成った、「島原の乱」を誘発したのだと思います。

 曰く、「新たな宗教や社会改革を伴う思想は、その当初は、理解される迄、その害益の程は、明らかでは無いが。広まって終ったら、排除するのは、多くの血が流れる、故に、排除するなら初期の方が良い」と言う教訓を人類に遺して居るのだが、共産主義もキリスト教も広がり過ぎて居て、彼らが祖の考えを改める事を強制すれば、多くの血が流れるでしょうね。

 この危難を避けるのは、キリスト教の歴史、共産党の歴史を正面から受け止めて、ちゃんと評価を下すべきですが、歴史に関心の薄い、白人文明には、遠い道だと思いますね

>縦椅子様
 ↑に投稿している、愛信なる投稿者は、安倍政権の打倒を目指して、妄想コメントをあちこちの張り付ける悪質な投稿者で、私が中韓ブログで戦って居る相手でも有ります。 此処まで折って来るとは、私が迂闊でした、申し訳ありません。 唯のアラシでしかないので、即刻削除~アク禁措置をお願いいたします。 

>共産主義とキリスト教はお互い犬猿だが、根っこは同じだ。

この考え方は、冷静にこれまで共産主義とキリスト教を調べてきた人にとっては、その通りと思ったことでっしょうが、私にとっては、「成る程、こう考えると理解しやすいのか」と、思ったことでした。

考えてみれば、キリスト教は西欧の発展と共にアフリカ、アメリカ、アジアへと侵略者の手先となって宗教の布教に出てきましたし、共産党はロシアで政権を取った後、アジアに向かって進出し、それによって手に入れた国は、政権が共産国となっています。


>1582年に四名の少年を中心とした使節団がローマへ派遣された。

4名の少年使節はローマへ向かう途上、日本人の奴隷を見てどれだけの衝撃を受けたかと思います。日本において、奴隷という言葉はありますが、本当の奴隷は日本にいなかったのです。そのため、本当の奴隷の意味を日本人は理解出来ていないと思います。

これを知った秀吉がキリスト教を禁教にしたのは、日本人ならば当然だと思いますし、義務教育において、秀吉のキリスト教の禁教を教えていると思います。
しかし、キリスト教を布教する宣教師が布教の傍ら、奴隷を買いたたいて売っていたことも教えておかないと、片手落ちのような気がします。

戦後の日本歴史を考えるとき、GHQのWGIPや交渉追放のこともあって、子供達に日本の歴史を十分に教えていないと思いますので、正しい日本歴史を教えることが必要だと思います。

ところで、ソロさんも記していることですが、愛信との投稿者は皇室を侮辱し、安倍政権の倒閣を目指し、そのためにはとんでもない科学を提案している不埒者です。

他の保守ブログでは、論理的でなく余りにも出鱈目な科学的な事柄を主張するため、アク禁措置を行ったところもあります。
こちらのブログにおいても、早めにアク禁措置を行うことが、当ブログのアラシの予防になると考えますので、即刻削除・アク禁措置を尾根隊いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まもなく日本の外交政策が全面的な修正を迫られることになるだろう | トップページ | 「君の名は。」の中で歌われる「何でもにないや」をわかるように編集してみた »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31