無料ブログはココログ

« これは「植民地支配」という15世紀半ばからはじまる大航海時代以来の西欧の統治に対する、「日本的統治」との戦い、ということになります | トップページ | もし米国が負ける様なことになれば、世界から近代が消失することになってしまう »

2018年9月25日 (火)

私は、これを見て、「安倍退陣は、在日・反日勢力を陰で操って居るものからの圧力だ」と思いました

憲法改正についての当ブログ論客の議論を以下に抜粋編集してお目にかける。

ーーソロです。

日本国憲法は、占領軍が一週間で作り上げたものだということを、日本の支配層で知らぬものなどいなかった。

それがなぜ、「73年間も改正されなかったのか」?

ーー

一つは占領軍の事情、つまり早急に民衆政治による支配を確立しないと、連合国側で天皇を戦犯に問う議論が大勢を占めかねない。

天皇を戦犯にすれば、占領政策を実行することは不可能だった。

占領軍は、早急に、「日本に民衆政治democracyを実行させる」必要があった。

それが日本国憲法の中に天皇の存在を認めた理由である。

ーー

現行憲法は、占領下の日本に居る、300万人もの帰還兵の反乱から、米国兵士を護る為にも必要だった。

マッカーサーも、占領中の治安維持の為には、欠かせないもの、との認識だった。

ーー

もう一つが日本の事情。

日本人は天皇さえご無事で有れば必ず復興可能であると考えていた。

占領軍の人質のような状態だった陛下を一刻も早く救出する必要があった。

そのためにはどんな犠牲も払う覚悟を決めていた。

ーー

故に、占領軍に協力することで、敗戦利得者となった在日・反日勢力が、政財界、教育界、言論・メディア、法曹界を支配することを許してきたのだった。

ーー

1952年のSF条約締結で、占領状態が解消されたら、効力は自然消滅して、効力停止中の従来の欽定憲法が復活するのが当然の流れだった。

が、歴代政権は、占領軍が作り上げた「国軍不保持、交戦権放棄」の条文をもつ憲法を盾に、朝鮮戦争、ベトナム戦争への参戦を拒む。

これによって人的損失が防がれ、日本は経済発展を遂げ、いち早く先進国になれたのだった。

ーー

しかし「国軍不保持、交戦権放棄」の条文をもつ憲法では、自国を自分たちで守ることは不可能だ。

安倍さんは、就任前から、自民党の党是である、「憲法改正をやる」と公言していた。

2006年に、首相になった時点から、「北朝鮮・拉致被害者の奪還」のために、北朝鮮の日本での影響力を削ぐ施策を次々に放ち、半年で朝鮮総連はガタガタになった。

ーー

つまり、戦後在日・反日勢力による支配から日本を取り戻す行動に出たのだ。

ーー

米国下院議会は、2006年、70年以上も前の「慰安婦問題」に関して、「当時の日本の人権侵害行為に関する非難決議」を可決した。

訪米した安倍氏にそれを提示した。

すると安倍氏は、「この件に関しては、此方でも精査しましたが、軍に拠る関与は無かったと、判定しました」と主張。

これに対し、米メディアは、「安倍は歴史修正主義者だ」と、報じた。

ーー

安倍氏が帰国すると、日本メディアは一斉に「安倍降ろし」を始めた。

このことから日本メディアが、在日・反日勢力によって支配されていることがわかる。

私は、これを見て、「安倍退陣は、在日・反日勢力を陰で操って居るものからの圧力だ」と思いました。

ーー

2012年6月にロックフェラーが、国際金融資本内で、反乱罪の判定を受け、除名・追放された。

すると安倍さんに再登板の話が来て、10月の総裁選で石破茂を下し、12月の衆院総選挙で大勝し、第二次安倍政権が発足した。

それで私は、日本の自立を邪魔して居たのはロックフェラーだったと確信しました。

ーー

安倍政権になった途端、日本経済は、V字回復を果たしました。

この先、日本は米国勢力との関係をこじらせない限り、米国とともに栄え続けるでしょう。

ーー

今まで「替えられなかった」憲法が、「替えられるもの」になった。

ただ、73年間ものあいだ、護憲を主張して来た在日・反日勢力、つまり日本を自衛できない状態のままにしてきた勢力との対決が残されている。

ーー

彼らは、言論・メディアを支配することで、国民を洗脳できたからこそ、その支配者としての地位を維持できたのです。

ーー

この状況がネット環境の出現によって破られた。

つまり、在日・反日勢力が支配してきた言論・メディアは、もう日本国民を洗脳することが不可能となった。

日本国民が事実を知ったうえで、在日・反日勢力を支持するとは考えられない状況が出現しているのです。

ーー

ーーポッポです。

日本国憲法は、「国軍不保持、交戦権放棄」の内容を持ち、国民が自分たちで自衛できない国であることを、認めている内容になっている。

こんな憲法を、自らの手で作る民族など、どこにもいないでしょう。

ーー

そんな憲法を、日本は連合国と講和した後も守り続けている。

その理由の一つは、講和条約締結時の1952年には、朝鮮戦争中であり、1953年に停戦となったものの終わってはいなかった。

日本が参加を求められるかもしれない状況が考えられた。

時の政権は、連合国軍が作り日本に強制した日本国憲法を盾に参加できないとした。

ーー

それに憲法改正に必要な国民投票の法律も、安倍首相が第一次安倍内閣で制定するまでなかった。

ーー

この「国軍不保持、交戦権放棄」の憲法である限り、北朝鮮正規兵に国民を拉致されたり、竹島や尖閣諸島を侵略されても対処できない。

国民と領土を守ることを拒否した憲法の恐ろしさを考えなければならないと思います。

ーー

ーーソロです。

先帝陛下が、終戦のご詔勅の中で、触れられて居る様に、米国を始めとする、連合国軍は、本気で日本民族を全滅、皆殺しにするつもりで居たのです。

国際共産主義者組織(コミンテルン)のFDR、その元締めのスターリン、それにチャーチル。

ヤルタ会談のメンバーを見れば、世界戦2は、共産主義の覇権を確立するための一環として行われたことがわかる。

ーー

この3人の中で、天皇の処刑に消極的なのは、チャーチルだけです。

立憲君主国の良さを知って居るのは、連合国軍の中では、英国とオランダだけなのです。

が、オランダは、天皇の処刑に、寧ろ、前のめりでした。

ーー

で、結局オランダは、植民地だったインドネシアに独立され、世界の強国から欧州の小国になった。

ーー

戦後の日本の立場は、主権を失った敗戦国であり、占領軍による占領政策で役人を20万人も追放され、言論・メディアを支配された。

このような状況で、日本は、むしろ良く持ち堪えたと評価して居ます。

ーー

ーーポッポです。

終戦時のポツダム宣言でも、日本が唯一の条件としたのは「天皇を戦犯にしないこと」でした。

日本人は天皇の事を忘れなかった。

ーー

チャーチルは日本を戦争に巻き込んだ張本人の一人です。

チャーチルはドイツとの戦争では苦戦しており、米国を戦争に参加させたかった。

そのためには、日本に真珠湾攻撃をさせ、米国世論を参戦に変える必要があった。

ーー

日本参戦が明らかとなるや、イギリスもまた日本を攻撃するとして、英国東洋艦隊をアジアに派遣したのです。

しかしマレー沖海戦で、日本の連合艦隊によって、最新艦のプリンス・オブ・ウエールズとレパルス2隻を撃沈され、アジアでの威信を喪失してしまう。

これは、チャーチルにとって、信じられない出来事だったでありましょう。

ーー

その後もシンガポールを日本に占領され、さらにはビルマにも進出されている。

日本を憎く思ったはずです。

ーー

そのチャーチルが、終戦後には天皇を守ろうとしたのなら、ありがたいことだったと思います。

(日本との激戦を経験して、天皇を戦犯にすると占領政策が遂行できないと考えたものと思われる)

ーー

今上天皇が即位されたときに、国民に向かわれ「皆さん」と言われて嬉しかったことを覚えています。

一国民として天皇から大御宝(おおみたから)と呼ばれるべく、努力しなければならないと思っています。

« これは「植民地支配」という15世紀半ばからはじまる大航海時代以来の西欧の統治に対する、「日本的統治」との戦い、ということになります | トップページ | もし米国が負ける様なことになれば、世界から近代が消失することになってしまう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難う御座います。
>>憲法を改正して日本人が覚悟しなければならない事
 先ずは、ポッポさんの「私達は、『オホミタカラ」となるべく努力しなければならない」と言う、言葉こそ日本人が、思い出し、目指さねばならない姿なのだと思いました。

 保守ブロガーの中には、「憲法九条そのモノの改正が必要だ」と、強硬論を述べる方も居ますが、そう言う人は、決まって、「日韓15年合意」に、ついて批判的ですが、では、あの合意が無かった場合、現状はドゥなっていたかを考えた事が有るのでしょうか。

 合意の当事者だった朴大統領は、国民向けには、反日を通して居ましたが、その実、父親がやり残した、李承晩時代に行った、200万人近くに及ぶ、旧農奴層に対する迫害「=虐殺」を逃れて、日本に匿ってもらって居る、在日朝鮮人65万人の逃亡者「=政治難民」の帰還命令を、その合理的な理由を以て立法化して、日本に居る、帰化・未帰化朝鮮人に対する、祖国への帰還命令を発令しました。

 然し、当然、反日・在日集団「=マスコミ」は、自分達の足許を切り崩す様な、こんな話を報道する筈も無く、今でも知って居る人は、極僅かでしょう。

 日韓合意が、斯うした経験を踏まえて、双方の国の宗主国の様な米国を仲介者として、「慰安婦問題は、是にて、不可逆的に解決。終了した」としたのです。 

 その為にはどちらの国も同じ土俵に上がる必要があり、それが、「戦前日本の軍隊で売春婦をやって居と言う事実」だったわけで、「心ならず」やったのか「進んでやったのか」は、問うて居ません。つまり安倍さん達はこの問題を固定して、是以上の進展が出来ない様にしたのです。

 すると、ドゥでしょう。 16年にクネさんが、逮捕されて、この問題の中心的な役割をして居た、朝鮮と通じて居る、反日・反米の挺体協が一部騒ぎましたが、解決援助金として10億円を受け取り使って終ったからには、話を、蒸し返す事は出来ませんでした。安倍さん達の思惑通り、慰安婦問題は、事実上終結したのです。

 是を評して、「日本の先達の名前を汚したから、赦し難い。合意は屈辱的で無駄な行為だ」と言う人が、結構いました。 私は、そういう意見を聴いて「日本人の劣化」しか感じませんでしたね。

 何故、原則論のみに拘るのでしょう。 唯、「自分が目指して居る結果が手に入らねば認めない、気に入らない」と言うなら、彼らがしている議論の目的は、自身の満足を得る為に、行ったのであり、国家・国民の事等、実は、欠片も考えて居ない事になりはしないだろうか。 

 で、その後韓国は、ドゥなったか、と言えば、日米と袂を分かちて、朝鮮・シナ側に走って、最下僕の国としての立場を選択しました。 韓国が、国民が望んだ通り、李氏朝鮮の様な社会の復活は、間近だと思います。

 彼らは、日本に構って貰い、援助金をせびり取ったのに、「自分の力で獲得した」と考える人々なのですが、そのネタが尽きて終って、新たに、でっち上げの徴用工問題に移ろうとしましたが、上手く行かず、その間に、シナにべったり依存して居た、経済は、シナと米国の貿易戦争の影響が出始めて、不可逆な低落が始まって居ます。

 そして、世界のあちこちで手抜き工事やら、欠陥製品に因る事故が多発し、何より、その責任から逃げようとする、その不誠実な事実が、既に世界中に広まっており、最早、その信用を回復する事は出来ないでしょうから、シナの属国、否、一自治区に戻る他は有りませんが、シナ人は、朝鮮族に対しての仕打ちは、昔から苛烈なものが有りますが、是も、国民の選択なのですから仕方がない。

 然し、シナも韓国も、一時的には隆盛しても、信用を失えば、「悪事は千里を走る」の譬え通り、噂は、世界中に急速に広まって、韓国の信用は、回復不能な状況になりましたが、是は、理の当然です。 特に情報通信機器や手段が発達した現代で、不祥事を隠し通す事は、不可能と言って良い。

 話が脱線しました。戻します。

 この先、憲法が改正されて、日本が「自国民の力で、国が護れるような国」になった時、先に挙げた、「自分の意見だけに拘泥して、現実を評価できない人達」が、保守だと名のって居る状況で、本当に日本の国が護れるのだろうか、と不安になるのです。

 何故なら、国を護ると言う事は、敵が攻めてきたら、或いは、攻めてくる気配が有れば、進んで戦わねばならない、即ちスィッチを切り替ねなばならないと言う事です。

 その為には、指揮命令系統を混乱させない様に、上方からの指令は その解除が有る迄、与えられた任務を遂行しなくてはならないのですが、闇雲に、命令を護って居るダケではなく原じょつの状況で判断して、自分が出来る事を最大限に果たすのが、日本人だと思います。

 彼らにそれが出来るのでしょうか、私は大いに疑問です。

 我々の先人は、その敵が譬え、国力が20倍以上の、ロシアや米国でも、譬え、民間から徴兵された一兵卒でも怯む事は無かった。  先の大戦の戦地で、3倍以上の敵と相対して、全滅はしたが、自軍の犠牲者の数倍の損害を敵に与えた話は幾らでも有ります。

  敵の将軍のニーミッツが、「日本兵は、世界一の兵隊である」と激賞しましたが、彼は、海軍の将軍ですから、彼が見たの、戦闘機による特攻、島嶼部における徹底抗戦、潜水艦などの脅威的忍耐力と統率力、沈没を避ける為の機関室閉鎖等々、日本人兵士の自己犠牲の精神や敢闘精神を褒めたたえたものだと思います。

 勿論、勇猛か臆病か、は、個人差が有るのですが、日本人の場合、そうした勇猛さでは無く、「自分に与えられた仕事を最後まで完遂する」生真面目さだと思います。 

 ダカラ、例えば、東北大震災の時に、自分の命も顧みず、津波に向かって走った警察官や津波が迫って居るのに最後まで「避難勧告」を続けた24歳の女の子等の話を聴いて、日本人魂は健在である事を認識して感動させられました。

 「日本人斯く在るべし」と大上段に振りかぶる必要等無く、「日本人は、やはり日本人である」事実が有る事を知れば、後は、その環境を、戦前の様に、「自身の気持ちで祖国を護らんとする」人が育つように整える事に、我々は、傾注すれば良い事になりましょう。

今日のタイトルは、「安倍退陣は、在日・反日勢力を影で操っているものからの圧力だ」なのですが、主題は憲法改正とのことで、私の投稿も参考にしていただいてありがとうございます。

現在の憲法は、戦後の日本に特殊な位置を与えているのは、その内容が日本の国防を放棄しているものであり、この様な憲法を制定している国など、他に類を見ないことにあると思います。

私は他のブログで、憲法について論争をしたことがありましたが、この1年位前から更に憲法に対する考え方が変わりました。

その理由は、憲法の前文を読み返したことにあり、その時に日本人はここまで蔑まれなくてはならないものかと思ったことにあります。

それまでは、日本の憲法には国防が含まれていないことを主として考え、これを普通の国として、国家が国防を考えず、交戦権まで放棄していることに疑問を呈しての、改憲が必要とするものでしたが、いまではそれだけでは全く足りず、憲法の前文は全面的に改正しなければ、日本の憲法とはいえないと思っています。

その理由は、憲法を読めばこのブログを訪問される方なら理解していただけると思いますが、現憲法は日本人には全く知能がないとの如く考えているものであることです。
これは、世界最古の国である日本人として、容認出来るものではありません。日本の国の根本となる憲法ですから、日本人が誇れる憲法であるべきだと考えるのです。

また、憲法は日本人には国を守るべく交戦する資格がないから、交戦権を放棄しているように思います。

敗戦したことは極めて日本人にとって辛いことですが、ここまで自虐にまみれた憲法を維持することは、これから未来に生きていかねばならない若い日本人に対して申し訳ないと思い、これを全面的に改正しなければならないと思います。

ただ、戦後73年を経過しますが、この憲法の改正要件である国民投票法すら、第一次安倍内閣で制定された程に日本の国はこの憲法の改正にたいして、論議されることがなかったのです。
従って、憲法を改正することが出来ると言うことを認識するために、取り敢えず最低限の改正だけでもするとの意義は大きいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これは「植民地支配」という15世紀半ばからはじまる大航海時代以来の西欧の統治に対する、「日本的統治」との戦い、ということになります | トップページ | もし米国が負ける様なことになれば、世界から近代が消失することになってしまう »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31