無料ブログはココログ

« 日本人が戦うのは、正当な目的のために、ものごとを竹のように真っ直ぐに正すためです | トップページ | 「司法権の独立」なるものも、「日本国の存立」の範囲でしか認められない »

2018年6月13日 (水)

米国の執念深さを知る世界は、日本は米国によって消されて無くなると思っていた

共産党は民衆政治democracyを拒否しているので、日本以外の民衆政治国では共産党は違法である。

(共産党は労働者・無産者階級の独裁を主張している)

民衆政治国には、自由主義者(リベラリスト)を自称する人たちがいる。

しかし彼らとて、国旗・国歌を貶すようなことはしない、むしろそれらに敬意を払う愛国者でもある。

ところが共産党が合法的に存在している日本では、共産主義者も自由主義者を自称する人たちも、日本が嫌いなのである。

彼らは日本国の国旗・国歌を貶(けな)し、貶(おとし)める行為を平気でする。

ーー

なぜなのだろうかと、長い間不思議に思っていて、ネット環境ができ、ネット上で・もと左翼と称する人が解説しているのを読んだがちっとも合点がいかなかった。

ところが徐々にネット上に戦後・何が行われたのかが暴露されるようになった。

占領軍の日本の体制破壊政策に協力した人たちの存在だ。

ーー

協力者は、占領軍が決めた禁止用語(プレス・ラジオコード)に基づいて、言論を統制・弾圧し、旧体制支持者として20万人以上を告発したのだった。

そして占領軍は、協力者が告発した人たちを公職から追放し、代わりに協力者らを公職に就(つ)けた。

協力者らは戦後の政財界、教育界、言論・メディア、法曹界を支配したのだった。

ネット上では今、協力者らは在日・反日勢力と呼称されている。

ーー

日本で今、共産主義者や自由主義者と称している人たちの多くが、この在日・反日勢力なのである。

それがわかれば、彼らが日本国の国旗・国歌を貶し、貶める行為を平気でする理由がわかる。

彼らは日本国の国旗・国歌を貶(けな)し、貶(おとし)める行為をすることで(反日を振り回すことで)政権を恐喝し、戦後得た利権を死守しようとしているのだ。

在日・反日勢力の存在は、戦後得た利権(敗戦利得)を擁護することによってのみ維持できるからだ。

ーー

在日朝鮮人の魯漢圭は、民団新聞にこう書いている。

ーー引用開始

もはや裏社会は我々(在日)が制圧した。  

その暴力と経済力を背景に日本の政官財界を侵略する。

60万在日の経済力は日本経済の2割に相当し、それは実に南朝鮮の経済力の2倍という凄まじい物だ。  

経済力に加え、地方参政権によって政治力も手に入れ、やがては軍事力も手にした日には完全に日本から独立した、世界で最も豊かな国家を手に入れることが出来る。  

もはや完全に在日の奴隷状態の日本人には、在日国家の軍門に下って貰うことになる。

こうして在日はアジアの頂点に立つことが可能となり、半島と日本を実質支配するのだ。

ーー引用ここまで

現在在日・反日勢力を支持しているのは、朝鮮人(と支那人)そして、彼らへの少数追随日本人、アカ教師に洗脳された団塊前後の世代だ。

ネット環境が現れてから、ネットから情報を得る若者たちは日本が彼らによって支配されていることを知り、次のような歌を作っている。

ーー

HINOMARU

風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に

意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに

ーー

胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮

誇り高く この身体(からだ)に流れゆくは 

気高きこの御国の御霊

さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど

僕らの燃ゆる御霊は 挫けなどしない

ーー

胸に優しき母の声 背中に強き父の教え

受け継がれし歴史を手に 恐れるものがあるだろうか

ーー

ひと時とて忘れやしない 帰るべきあなたのことを

たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ

さぁいざゆかん 守るべきものが 今はある

ーー

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど

僕らの沸(たぎ)る決意は 揺らぎなどしない

ーー

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど

僕らの燃ゆる御霊は 挫けなどしない

ーー

僕らの沸る決意は 揺らぎなどしない

ーーRADWINPS

(このRADWINPSは「君の名は。」の音楽担当グループだ)

今、この歌は在日・反日勢力の逆鱗に触れ猛烈な非難にさらされている。

ーー

数年前から高山正之氏が、週刊新潮に「変見自在」の記事を書いていて、それを引用している人がいたのでお目にかける。

ーー以下「bb-danwa」より抜粋編集

・奴隷制をいまだ持ち、引け目に感じる米国が奴隷制のない一流国日本を裁くのは格好がつかなかった。

・そこで、「この際日本も同じ奴隷国家に仕立てちまえと」(ママ)(日本支配下の朝鮮は)「奴隷状態にある」という文言を入れた。

・糞尿にまみれて暮らし、女に名前すらなかった当時の朝鮮に電灯を灯してやったのが日本だったので、それを「奴隷状態」と表現されて蒋介石たちは大笑い。

(こうして日韓併合は日本帝国による植民地支配という作文(フィクション)が作られる)

ーー

・彼らは戦後すぐ「在日本朝鮮人連盟」を立ち上げ「我々は日本の搾取と奴隷的差別から解放された」「日本に報復する」と宣言。

(ルーズベルトの捏造が、真実として一人歩きを始めた)

ーー

・朝鮮人らは殺しも強姦もやりまくった(ママ)

・日本側が諫めると警察署を襲い、首相官邸にも殴り込んだ(ママ)

・賭博開帳の現場に踏み込んだ警官を捕まえ、嬲り殺しを始めた(ママ)

・手を出せない警察に代わって、ヤクザの組が凄まじい市街戦を4日間やって警官を救出した。

(連合国軍の占領下にあった当時の日本警察は武装解除された状態であった)

ーー

・米国の執念深さを知る世界は、日本は米国によって消されて無くなると思っていた。

しかし朝鮮人らは日本人の凄さを知悉しており必ず復活すると考えていた。

・日本の再生を知っていた在日は土地の不法占拠を始めた。

駅前の土地がやられた。

ーー

(駅前一等地(パチンコ)は、敗戦時の混乱に乗じて朝鮮人が日本人から奪ったもの)

ーー

・彼らは大方が密入国者だったが「強制連行された」ことにして、「外国人の犯罪者は国外追放」の適用を日本政府に外させた。

・生活保護法(昭和25年)ができると、在日は「オレたちにも寄越せ」と騒ぎ立て、門前払いをした長田区役所を襲った。

・以降、あちこちの役場が襲撃され、厚生省は在日にだけ生活保護費の無審査支給を認めた。(ママ)

ーーまた

日本共産党、つまりソ連コミンテルンの日本支部が非合法であった時代、党員3万人のうち、実に三分の一が朝鮮人でした。

関東大震災では、日本人の妄動ばかりに焦点が当てられますが、東京や横浜で市内の家屋に火をつけてまわり撹乱工作を行ったのは、彼らです。

当時の朝鮮人たちはロシア革命を、この日本でも夢見ていたのです。

戦後、共産党を再建したのは在日朝鮮人連盟だということを忘れないようにしましょう。

ーー

在日社会から潤沢な資金を提供されつつ共産党は、武装闘争と称して日本国家の乗っ取りを着々と行い、これが50年代半ばまで続いたのです。

しかし、内部分裂が起きます。

「行動派」による暴力路線が過激になるにつれ、宮本顕治ら日本人グループと、一方の朝鮮人グループに対立が生じます。

権力闘争により、敗れた朝鮮人グループは大挙して社会党に移籍しました。

穏健左派の社会党が、朝鮮人政党に変わったのが、この時です。

ーー

暴力革命を志向する連中は民主主義の政治体制そのものを拒絶、その結果出来上がったのが新左翼と称する全学連です。

新左翼・全学連は、ヘルメットとゲバ棒で武装、安保闘争へと拡大していくわけです。

60年代から70年代、朝鮮総連を通じて北朝鮮と連携、運動はより激化します。

ーー

よど号乗っ取り事件で里帰りしたのは、赤軍派という名の朝鮮人グループでした。

中核派も革マル派も同様に朝鮮系なのです!

ーー

しかし、朝鮮民族解放闘争を進める活動家たちは、90年代初頭のソ連東欧崩壊後、勢いが失せていました。

社会主義革命を唱えても、世の中が聞く耳を持っていなかったからです。

ところが大津波で福島第一原発の事故が起こると同時に、朝鮮左翼たちは蘇りました。

菅直人を先頭に、朝鮮系活動家たちは反原発運動で息を吹き返したごとくで、虚偽の放射能危険説を広め、電力事業を叩きまくりました。

原発停止すれば、日本経済は疲弊してくれるからです。

ーー引用終わり

« 日本人が戦うのは、正当な目的のために、ものごとを竹のように真っ直ぐに正すためです | トップページ | 「司法権の独立」なるものも、「日本国の存立」の範囲でしか認められない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>反日・在日勢力の歴史
 私は、昭和29年生まれの所謂、第二次ベビーブーマー世代ですが、昭和20~25年迄の第一ベビーブーマーの所謂「団塊の世代」が、60年安保~70年安保の10年間で大暴れして居たのに、71年の2月に起こった連合赤軍事件で、12人モノ内ゲバ殺人の惨状を見せつけた事を引き金にして日本の学生運動は事実上、大きく後退を始めました。

 唯の殺人集団であると言う現実が、彼らの主張する高邁な理想とは、余りに乖離したモノだったからです。

 この高山さんの本のダイジェストを読むと、知って居た事より、知らなかった事の方が多い様に感じます。例えば、戦前の共産党の構成員は、約3万人で、その裡の1万人は、半島出身者だった、と言うのは、知りませんでした。 

 ならば、彼らが、関東大震災の時に、明かに火を点けて回ったと言うのは、納得出来ますし、日本人の自警団が敵として、目の仇にしたのは当然の事のように思います。

 戦後の5年間に、朝鮮人集団が果たした、朝鮮進駐軍も、その起点は、彼らの準「暴力革命行為」で有ったと考えれば、腑に落ちます。

 ダカラ、首謀者だった、金天海や徳田球一は、刑事犯で服役中だった日本人の共産主義者達が、GHQによって特赦で出獄すると、当然、外国人勢力と日本人勢力は対立し、亦、朝鮮戦争が勃発した事で、朝鮮人集団は、民団系と総連系に分裂、コミンテルンからの指示もあってか、指導者は夫々、朝鮮とシナに渡り、其処で死亡して居ます。 この辺りの日本人の動静は、日本共産党史の方が詳しいでしょう。

 我々、市井に暮らすものは、その後起こった成田闘争や、三菱重工爆破事件等々、有りましたが、日本の共産革命運動は、事実上、ピークを過ぎ、終息に向かったものと思って居ました。処が、国民に知らされて居たのは、上辺の刑事犯罪を伴う様な派出な事件だけで、実際には、もっと深刻な、日本の中枢部の浸食が進行して居たのですね。

 その現象が。顕在化し始めたのが、田中角栄の失墜に拠り、自民党最大派閥だった、田中派が、ごっそり、経世会「=金丸・竹下・小沢の3人の朝鮮族政治家に拠る派閥」に、日本の政治を壟断されて終った事でした。

 然し、この頃、副次のドルショックとオイルショックを切り抜けた日本経済は、絶好調でしたが、米国は、前政権からの高金利{=20%」政策で、双子の赤字は膨張して、レーガノミクスを打ち出さざるを得なかった状況で、日本に対する経済以外の関心が一番低下して居た時でしょう。

 そして、朝鮮族も、3世、4世が成人するダケの年月が過ぎて、自分自身のアイデンティティが、朝鮮系日本人では無く、日本人と言う世代が、現れ始めて居ます。 名前を挙げれば、成る程と思う人も居れば、吃驚する様な人も居ますが、其れは、人間の育ちの所為だとお私は℗も居ます、「氏より育ち」なのです。

 然し、反原発運動を朝鮮族がやると、話がワケが分らなくなります。 私は元々は、反原発派だったのですが、今では、原発を無害なものにして、廃炉する為には、原子力技術の更なる発展が必要だと思って居ますし、将来の宇宙ステーション建設には、原子炉はかかせませんので、その、安全化、小型化、高出力化の研究は絶対に必要です。 ですから、原発再稼働は必須だと思って居ます。 

 処が韓国は、90年~00年代にかけて、模造品の部品を使った補機の整備で、取り返しのつかない故障を複数件発生させて、現在、10/25基の原子炉が、廃炉同然の状態です。 原発の場所は、半島の南部海岸ですから、汚染物質が、対馬海流に拠って、日本海に運ばれて居る可能性も大きいのですが、是もマスコミは全く報道しません。 一体誰の為の放送局なんでしょうか。

 処で、朝鮮族の一番の欠点とは何かと言えば、利己主義から来る内訌「=内輪揉め」で、共通の目標や敵を持って居る時は、団結心も固いのですが、勝利を収めた途端に、其の論功行賞の結果に拠って、分裂が始まるのです。つまり、自分の分け前をより多く主張して、争いが始まるのが、朝鮮族千年の因習になっているのです。 

 この定理wは、美事なまでに歴史に現れて居ます。 例えば、酷い悪政が行われているのに、李氏朝鮮は500年も祖の命数を数えてました。 出自が遊牧民である両班層は、生産層である農耕民を極端な奴隷社会で糞尿に塗れた生活に貶めた為に、新田開発など初期投資が必要な開墾事業が、全く行われ無かった為に、農業生産高は全く増えなかったので、人口も増えて居ませんし、平均寿命は20代と言う有り様でした。

 江戸時代の様な、地球全体が小寒冷期にあったので、異常気気象が頻発したら、忽ち、世に餓死者が溢れると言う状況だったのです。 そして、為政者層にはこの状況を改善しようと言う勢力は、終に台頭し無かったのは、彼らも、同じレベルの利己主義者だったからでしょう。 

 そう言う圧政の下でも民衆の反発は起らなかったのかと言うと然に非ず。 多くの暴動が起こったのは、文盲率90%では、記録が為政者側に集中して居るので、実際の処は、分りませんが、伝承だけいえば、結構大きな乱が起こったらしいですが、初期に簡単に平定されているのは、内訌の所為だと考える事が一番理に合っていると思います。

 ですから、私が思うに、日本の朝鮮人支配も長くは、続きません。 就中、その崩壊の契機となるのは、此度の米朝会談を発端とする、半島情勢の混乱だろうと思います。 現在半島は、赤化した旧農奴層と旧支配層の両班層の2つに分かれて居るのですが、この先起こる、朝鮮の崩壊、在韓米軍の撤退、シナの侵入、ロシアの干渉で、近々、更に細分化されて、大混乱になると、私は予想して居ます。

 そして、日本国内では、マスコミ勢力が大改革を受けて、既得権益システムが崩壊して、新たな、勢力が台頭し始める、最初は、朝鮮族系の企業も多いでしょうが、所詮、個人の才覚の為せる業、個人がいなくなれば、後は内訌の嵐が吹きすさぶでしょう

 現に韓国と日本の大きく展開する朝鮮族企業のロッテグループは、初代の重光会長は未だ存命なのに、既に3つに分裂して居ます。日本では、是を田分け「=タワケ、愚か者と言う意味の三河・尾張弁」と言って、バカにしていますが、利己主義者の彼らには、その意味が分らないんでそうしょうね。ww

戦後73年に渡って民度低き者が、民度高き日本人を支配する逆さまな状態が、今猶続いている。
これを是正すべくGHQの仕込んだ、鮮人達の戦後利得を日本人の手に戻す事に有る。
折よくネット時代になり戦後の嘘が、暴露され、左翼・在日・似非ユダヤの嘘が、隠しきれなくなって現在瓦解する方向に動ている。
先ずマスコミの朝日・毎日が、傾きTVのNHKも偏向報道で公営放送の姿勢が問われている。
若いものほど左翼の偏見と誤謬に気付き選挙で意外な結果を叩き出している。
並みの大人よりシッカリしている。
18歳の選挙権は、左翼にとって日教組の独断場と思っていたが、結果は、逆に出ている。
歴史が嘘であることを彼らは、理解していのるか、歴史に全く関心が無く普通に考えて日教組の矛盾に気付いたのか、ともかく正常であることに安堵している。
戦後の公職追放で、保守的学者の追放は、学識の重大なる損失を蒙っている。
戦後歴史の進歩が見られず歴史解釈の矛盾大きく未だに日本の歴史は、五里霧中である。
世界で日本だけが、古い皇統を続けながら全く日本の歴史の最初が、明確に見えないのである。
古事記・日本書記が、有っても今の左翼学者は、其の文献の行間を読むことができないのである。
したがって常に出鱈目な解釈で意味不明になるのである。
もっと大学も風通しを良くしないと左翼フィルターの史観ばかりで歴史の本当が見えてこない。
戦後のあらゆるものが、今音をたてながら崩壊している感じがする。
戦後通用したことが通用しなくなった、TV/新聞の扇動も全く通じない時代に情報の偏りと伝えない自由を行使する似非ユダヤの手下である新聞テレビは、信用の度合いを著しく低下させ、存在価値を無くしている。
ネット社会が、今の日本を救っていると言っても過言ではない。
日本の危険性の阻止と国民運動の盛り上がりは、ネット無しでは、語れない。
個人が、ネット配信することで既成マスコミの嘘と隠蔽を赤裸々にする道具として即座に反応することができる。
トランプは、自らツイッターで直接国民に話しかけ相応に反応を受けている。
マスコミ・メディヤの偏向工フィルターを通さずにである。
そのくらい社会は、早い反応をしている。
新聞・TVの時代は、ニュースを出す側が、強くまた細工・編集・ダマシ・煽りも出来た。
それが、今一切通用しない。良い事である。
新時代に切り替わる時なのかな?


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人が戦うのは、正当な目的のために、ものごとを竹のように真っ直ぐに正すためです | トップページ | 「司法権の独立」なるものも、「日本国の存立」の範囲でしか認められない »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31