無料ブログはココログ

« 支那人には通じないので決してやらない | トップページ | 在日・反日勢力の日本を破壊し、日本国民を奴隷にしようという策謀は、ようやくネット環境出現によって明白となった »

2018年4月 4日 (水)

貧乏国は核など持っても無駄なだけです

ーー以下「中杉弘ブログ」より抜粋編集

「核が飛んで来たら、報復する」

「その報復に対して備える」

米・ソは、これを経済が許す限り続けて、結局、ソ連の方が崩壊したのです。

ーー

つまり核を使ったら、必ず核で報復されるので、報復に対する備えが必要になる。

備えがなければ、使ったら、終わりです。

核を攻撃に使用するためにはとても金がかかる。

ーー

実際米は、70隻の原子力潜水艦が常時、25個の核を積んで潜っています。

米軍の航空母艦は11隻あり、核ミサイルを積んでいて、それを戦闘機に積んで攻撃できる。

もちろん、アメリカの地下(場所は明かしてはいない)にも核ミサイルの発射場があり、地下から大陸間弾道弾で攻撃できる。

ーー

米本土が核攻撃されれば、まず70隻の原子力潜水艦から核による報復がなされる。

地下から大陸間弾道弾ICBMが発射され、航空母から核ミサイルをつんだ爆撃機による攻撃がなされる。

ーー

北朝鮮はこれに耐えられるのでしょうか? 

北が核を使えば、北はそれこそ確実に灰燼に帰すのです。

ーー

北朝鮮の名目国内総生産(GDP)は1兆8000億円程度で、日本の鳥取県や高知県などの名目県内総生産とほぼ同額にすぎない。

米国のGDPと比べると約1000分の1、一人あたりのGDPは700ドル程度、党幹部がほとんどを搾取するので実質は100ドル程度だといわれているのです。

ーー

そんな国の独裁者が、トランプを名指しで、「クソジジイ」とか、「おいぼれ」などと言って米国に喧嘩を売っている。

ーー

核を数十発持っていても、それは実際には使えない。

玩具(おもちゃ)です。

使えないのですから何も恐れることはありません。

トランプは大笑いしているはずです。

ーー

そして、トランプは、11月の中間選挙対策として、金正恩をぶん殴る体制を作った。

ーー

核を持っていても、少しも安全ではない、そのことが、バカにも分かったのでしょう。

なにしろもう、トランプに、「米本土を核攻撃する」と言ってしまった。

つまり、米国に先制攻撃の口実を与えてしまったのです。

ーー

しかも北は、核を持ったことで、国連(連合国)から経済制裁されているのです。

ーー

特に日本に安倍政権が誕生して以来、テロ3法が成立し、マイナンバー制度が施行された。

そして反日メディアが、阻止を図ったテロ等準備罪が成立し、それによって国際組織犯罪防止条約締結が可能となり、その条約が2017年8月10日に発効した。

それらによって、これまで南北朝鮮を支援していた在日・反日勢力がテロ組織として監視対象になることを恐れて身動きできなくなった。

北朝鮮の資金源だったパチンコ業界も、徐々に規制が強化され収益力を落としてきている。

それもパチンコ業界が、まだ20兆円産業で、そこで31万人も働いているので、徐々に解体にもっていっているのです。

(かつては30兆円産業だった)

ーー

アメリカはインドやパキスタンが核をもっても何も心配していません。

彼らには米攻撃などできないからです。

パキスタンには海軍もありません。

山の中に核が隠してあるだけで、実際には飛ばすこともできません。  

アメリカを攻撃することは無理なのです。

ーー

金正恩は、ようやく「アメリカを攻撃すれば自分も殺される」と気が付いたのです。

それで命乞いをするために列車に乗って北京へ出かけた。

特別列車で行くことは、居場所を明らかにしているわけで、殺されることを覚悟した上での行為だったことがわかります。

また東京には米軍基地がありますので、東京を攻撃しても、米軍は北を攻撃するでしょう。

だから、北による東京への攻撃など、朝鮮人がよく使う単なる脅しで、心配する必要など全くありません。

ーー

それに北など、今の自衛隊の力だけでも、ほとんど制圧できてしまう。

日本はそのためもあって潜水艦に力を入れてきたのです。

支那海軍でさえ世界最高の潜水艦をもった海上自衛隊を負かすことはできません。  

日本の潜水艦によって海上封鎖されれば物資の移動(兵站)は、もう陸上での支那経由しかなくなる。

それも中朝友誼橋一本です。

だから海上自衛隊の元幹部は「いつでもお相手申す」と言っているのです。  

ーー

支那のオンボロの航空母艦が北を支援しようとしても使い物になりません。

支那海軍など何の心配もいりません。

対支戦で一番有効な兵器は潜水艦です。

海上自衛隊は支那海軍を半日で全滅させるほどの実力を持っている。

それほど日本の潜水艦はすごいのです。

ーー

要するに貧乏国は核など持っても攻撃兵器としては全く使えないのです。

畑でも耕しなさい。

田んぼにはいつくばって米でもつくりなさい。

しかし朝鮮人は米も満足につくれません。

ーー

日本でも寒い東北では米ができなかった。

それを改良して、東北全土そして北海道でも米ができるようにした。

今では日本の米どころは北海道です。  

北海道の寒い土地でも米ができるように米の品種改良と栽培技術を工夫したのです。

(だから種モミだけあっても育てることはできない)

ーー

朝鮮人には収量に優れる米栽培ができない。

だから餓死者が続出している。

国連(連合国)から経済制裁されたため、戦車や戦闘機を動かすための石油もない。

こんな国が、原爆を製造しているのです。

ーー

原爆を造ったということは、経済制裁されるわけで、つまり「殺してくれ」といっているのと同じです。  

ようやく金正恩も原爆を製造するということが何を意味するのか分かったのでしょう。

だから今頃になって怯(おび)えだした。

訪支し、習と会った時の写真を見ると、顔が怯えています。

如何に恐ろしいことをやってきたのか分かってきた顔です。

ーー

「雉(きじ)も鳴かずば撃たれまい」と言うではありませんか。

もう支那に泣きついて、支那の奴隷として生きるほかなくなった。

支那ならまだしも、北程度の国に、アメリカを本当に脅すことなど、不可能なのです。

« 支那人には通じないので決してやらない | トップページ | 在日・反日勢力の日本を破壊し、日本国民を奴隷にしようという策謀は、ようやくネット環境出現によって明白となった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>正恩の不見識
 正恩は、欧州や米国にも留学して滞在した事がある筈ですから、其れ形の見識を持って居る筈と思って居ましたから、始めに「現実に核を持つ事で、米国を恫喝する事が出来る」と言う父親の正日の考えを一歩進めた姿勢を示した時は、背後で大国が、煽って居るんだろうな、位にしか思って居ませんでしたが、まさか本気だったとは、若気の至りとはいえ、日米に拠る経済制裁、国連による経済制裁、そして、世界の各酷からの絶交宣言を受けたのは、世界で孤立するのに十二分で、朝鮮国は家としては、取り返しがつかない信用を失ってしまった、と言えるでしょう。

 特に実兄の正男を、友好国のマレーシアのクアラルンプール空港で、大勢の一般人の前で、毒物を使って殺害したのは、決定的で、是を放置すれば、下手をすれば自国も、「テロ支援国家」に名指しされ兼ねない事態を出来してしまいました。

 今回のシナ詣では、是以上国債に敵を増やしたくない、ロシアから絶縁状を受け取った直後だったので、オソラク背後で煽って居たのは、ロシアであろうと思われます。 シナは、シナで、習近平は、自身の暗殺を懼れて、終身主席の座を射止め、周りを自分の見方で固めて居ますが、欧米に信用の有る李克強を切った事で、国際的にも孤立し始めて居るから、正恩の命乞いは、彼の心の琴線に触れる処があったのかもしれない。

 とはいえ、国際関係は基本、ドライな功利主義で考えるべきだから、シナが朝鮮を庇護する事に拠って、何某か習を利する事があったと考えるべきでしょう。

 では、是で正恩の恫喝ごっこは終わりかと言えば、然に非ず。 核の法規は、自身の足許を崩す事にしかならない状況を既に自分で作って来たのだから、このママで終われるわけが無い。

 幾ら組織を鉄壁にしても、人には寿命と言うものが有るので、直ぐに人が入れ替わって行くし、「蟻の一穴」と言う事もある。亦、正恩自身もあの肥満体形では、父親と同じ病気=糖尿病の予備軍であるに相違ないし、何より、自分が蒔いた、「年調のモノを排除する」風潮・環境は、何れ自分にも襲い掛かるだろう。 やはり、国家建設は地道な努力が一番、先ずは、国民を飢餓から救う為に、ミサイル開発では無く、寒冷地でも育つ稲の開発でもした方が良いだろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 支那人には通じないので決してやらない | トップページ | 在日・反日勢力の日本を破壊し、日本国民を奴隷にしようという策謀は、ようやくネット環境出現によって明白となった »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31