無料ブログはココログ

« 森友問題は関西生コンが引き起こした事件だと、警察も安倍政権もとっくに知ってた | トップページ | 従前とは土俵が違うので在日や反日勢力は厳しいことになるだろう »

2018年3月22日 (木)

彼ら在日・反日勢力は、私的検閲を行い、日本人に戦争責任を押し付ける東京裁判史観を強制し、占領軍憲法を押し付けてきたのである

ーー以下「黒木頼景ブログ」より抜粋編集

米国は支那の核武装を許してきた。

そもそも毛沢東を支援し赤い支那を作ったのは米国だ。

ペンタゴンは対支那攻撃に関して「奥の手」を持っている。

だから、北京もそれを恐れて、本気で刃向かわない。

ーー

巷間、自称専門家が、米軍の戦略を語っているが、本当のところは分からない。

米国は、「イザ」となったら北を叩き潰す。

たとえ、北が核ミサイルを発射しようとしても、事前に察知されて先制攻撃を受けるのがオチだ。

北も、そこのところは充分理解しているから、絶対アメリカ軍には手を出さない。

ーー

ところが、南の文在寅は、南北統一を語る。

文の統一朝鮮は、憎らしいアメリカ人がいない赤い半島なんだろう。

そして統一朝鮮は支那の属国になる。

つまり、38度線が玄界灘になるということだ。

ーー

日本政府は最悪の事態を想定し、その対応を決めておくべきだ。

まず注意すべきは、朝鮮から逃げてくる朝鮮人は、全て玄界灘に沈めること。

朝鮮併合以来の経験から、朝鮮人は、我が国の未来にとって有害以外の何物でもないからだ。

ーー

朝鮮人に対しては「人権」という言葉は百害あって一利無し。

というのも彼らこそが日本人の人権を無視し続けてきたからだ。

彼らに対しては便所に流すべき戯言(ざれごと)だ。

ーー

日本人は独特の美意識は持つものの、とても合理的で客観的に物事が見れる人たちだ。

だから、近代化(西欧化)も自力で成し遂げた。

日本人は、自分ができたから、アジア人も同じ事ができると思ってしまう。

朝鮮人らも併合時には日本人扱いされたので、日本人のようになれると思っていたらしいが、日本人にはなれないと気づいたようだ。

日本人は、アジア人ではなかった、アジア人と比べてみると、「例外」であったのだ。

ーー

日本人は西洋人と同じかそれ以上の能力(ポテンシャル)を持っていたから近代国家になれたのである。

支那・朝鮮人は、何千年でも同じ生活を続けようとする人たちだった。

特に朝鮮人は、貧困と絶望を背負って生きる乞食に過ぎなかった。

朝鮮人支配者(両班)らは、蒙古系であり、被支配者らツングース系(エベンキ)を容赦なく搾取していたのだった。

ーー

被支配者階級の朝鮮人らは、日本人からすると、「彼らには“生きる喜び”があるのか」と疑いたくなるくらいの惨めな生活に甘んじていた。

ーー

彼らにとって日本人による統治は、夢のような時代で、初めて触れる「幸せ」に満ちていた。

統治者の日本人は、両班のようには決してふるまわず、搾取などしなかったからだ。

併合時の朝鮮には、上下水道、道路、学校、鉄道、電気などの社会基盤が何もなかった。

それを見た日本人は、朝鮮人らを憐れみ、朝鮮人も内地と同等の暮らしができるように、本土から厖大な税金を注ぎ込んで社会基盤を整備したのだった。

ーー

農業生産も、両班が全土を所有し、農産物を自由に搾取していた。

したがって、被支配民は白米を食うことさえできずにいた。

それが、日本の支配によって、土地の所有権が確立され、日本人によって持ち込まれた稲作技術によって、コメの生産量が拡大し、本土に輸出できるまでになった。

ーー

しかし1945年、日本は世界戦2に敗れる。

朝鮮半島は連合国の支配下に置かれた。

そして日本国内に対しては、占領軍の占領政策が実行された。

それは旧体制の破壊と、旧体制を支持していた人たちを排除するものとなった。

その占領政策に協力することで敗戦利得者となった人たちがあらわれた。

彼らは、占領軍に協力することによって戦後日本の政財界、教育界、言論・メディア、法曹界を支配したのだった。

ーー

1952年に日本が独立した後も、彼ら在日・反日勢力は、私的検閲を行い、日本人に戦争責任を押し付ける東京裁判史観を強制し、占領軍憲法を押し付けてきたのである。

これらは、ネット環境ができて、ようやくネット上で明らかにされた。

そしてネット住人は、朝鮮人らが、日本統治を「世界一残酷な植民地支配だった」と子弟に教育していることを知ったのだった。

ーー

これは、彼らが主張している従軍慰安婦、性奴隷、強制連行、強制労働と同じく、彼らの得意な捏造なのである。

ーー

しかしこれらは、すべて、日本の在日・反日勢力が支配する日本の言論・メディアによって捏造され発信されたものだった。

それは、日本人の多くが朝鮮半島の事情を知らないことをよいことに、日本人に贖罪意識を植え付ける目的で行われた。

それは在日・反日勢力が、日本人から謝罪と賠償を得るためだった。

ーー

敗戦以来72年、朝鮮人らは、はじめは恐る恐る、やがて大胆に日本人に対してはなにをしてもよいと考えるようになった。

相手が日本人なら、約束は守らない、借金は返さない、日本女性なら強姦しまくる、そして日本人は殺してもよいと考えるようになったようだ。

これらは、これまで在日・反日勢力の支配する言論・メディアによって検閲され、隠されてきた内容だった。

ネット環境がなければ現在においても日本人はこれらの事実を知りえなかったのだ。

ーー

そして、これらの事実がネット住人の間でひろく共有されるようになり、日本人の間で朝鮮人嫌いが広がった。

それは今、直接南北朝鮮経済を直撃している。

彼らの反日行為が日本人を朝鮮嫌いにさせ、日本からの支援が途絶える事態を招いたのだ。

そして日本国内では、在日・反日勢力の存在が知られ、今や彼らに対する日本人による反撃が開始されようとしている。

« 森友問題は関西生コンが引き起こした事件だと、警察も安倍政権もとっくに知ってた | トップページ | 従前とは土俵が違うので在日や反日勢力は厳しいことになるだろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本人は、基本的に嘘が、嫌いな民族だ。
姑息な事も大嫌いである。
何をやるにしてもそこに美意識がある。
だから造形物でもあらゆるところに、当たり前の様に美が潜む。
この様な感性は、アジア地域には、存在しない。
人間と自然の美が、意識的に一体化しているのである。
左翼には、日本人であってもそのような感性は、皆無である。
そのような人間が、日教組となって歴史を教えれば、出鱈目にならざる得ない。
GHQは、元来が似非ユダヤ人共産主義者である。
それらの9割が、似非ユダヤ人で占められていた。
当然左翼が喜ぶような施策しかしてこなかったのは、当然である。
これが今現在でも尚、顕在化しているのである。
一番頭に来るのは、其の似非ユダヤが、日本人に謝りたいなどと抜かし早く立ち直って欲しいなどとほざく。
根本的にどうやればそれを払拭出来るのかも示さずある意味いたぶっているだけだ。
似非ユダヤの日本にやった仕打ちを総懺悔でもしないない限り無理であろう。
日本が、アジアの為にやったことが、似非ユダヤの障害となったのである。
その逆恨みが東京裁判である。
全くどうしようもない似非ユダヤである。
キッシンジャーなど糞袋もいいところだ。何処が博士なんだ?
トランプが、奴に影響されているなら気を付けねばいけない。
トランプが、大使館をテルアビブからエルサレムに移すと公言してからが、チョット不安を感じている。

>縦椅子様 本日も更新ありがとうございます、何時も大変ですね。
>>朝鮮族と日本の関わりの歴史とその変遷 
 この黒木氏のブログである「無敵の太陽」は、私もお気に入りに登録して、時折覗かせていただいて居ますが、氏のブログは、写真を多用したもので、映画や西洋思想等の扱いでは、名前を知って居ましたが、顔を知らず、このブログで初めて知った経験を幾度もして居ます、よくし写真を集めて来るモノだと、感心して居ます。 特に、19世紀の共産主義者で、最後は惨殺された、ルクセンブルグ女史等、写真を見つけ出すのにドゥしたんだろうかと、今でも不思議に思っていました。

 今日もちょっとの像鋳て看ましたら、お題になっている朝鮮の話でしたが、亦もや、初めて看る写真ばかり、大したものだと、感心し切りです。

  朝鮮人と言うのは、半島に棲んで居る李氏朝鮮王朝以来の住民の呼称であって、古代朝鮮の其氏朝鮮とは何尾所縁も無い、その実、満州族の一つである女真族を出自とする騎馬民族の李成桂将軍が、明討伐の愚運を与えられて討伐に向かう途中、反乱を起こして、逆にい朝を亡ぼし、討伐すべきであった明王朝に臣下の礼を取って許され、「朝鮮」と言う国号を与えられたに過ぎないのですから、儒教に謂う、八つの徳目の最初の忠からして、成って居ない事になりますから、呪われて当然、と言うひともいますね。

 然し、その凡そ500年前の統一新羅が成った時点で、半島に棲んで居た民族の殆どは、固より棲んで居た民族などは居ず、庶民の多くが、ツングース系の半濃半牧のエベンキ族や扶余族や濊族と言われる、原始人とあまり変わらぬ土人だったので、嘗ては、長江文明を担って居た、新羅の民は農耕を教示して、作物を栽培し、実らせる事に成功しても、生産手段を持たない騎馬民族に略奪、或いは襲撃されて奪われるのがオチだった為に、次第に耕作もやら無くなっていた。 其れでは、食料に困るので、暴力を使い強制的に働かせる農奴が自然に発生、この社会の仕組みは、20世紀まで、千年の長きに亘って変ら無く続いて居るのです。

 1910年に、日本が大韓帝国を併合「=同君合邦化」します。 爾来、日本が第二次世界大戦に敗北するまで、日本は朝鮮の近代化を推し進め、以て、近代国家を成し、満州帝国とシナ、モンゴルに亘、大東亜共栄圏の中枢を造ろうと夢見ますが、残念な事に、千年の奴隷支配社会は、徹底した階層差別と、極度の貧困と絶望しかない社会には、公共心は勿論、」向上心や道徳も育たず、女性は富裕なものでも、家財道具並みにしか扱われない為に、誇りも持ちようが無く、「生存慾」ダケが支配する地獄の様な社会だったので、幾ら、衣食が足っても礼節を知る事も無く、救いようが無い人々であった。

 然し、当時の日本人は、何とかして朝鮮の人々を近代化して、共に、世界制覇して世界の有色人種を全て奴隷にしようとして居た、白人文明に対抗できる東洋文明で創る大東亜経済圏を打ち建てんと、巨額の開発費と人力を注ぎ込んだのでした。

 然し幾ら、日本が頑張っても、世界中のドイツとイタリアを除く、白人国家が相手では、元々勝ち目がなかったうえ、シナが混乱から、白人国家に尻尾を振り、日本と離間し、敵対した為に、亦、日本国内にも、共産主義に被れ、日本の総理大臣と言う住職を3度に亘り拝命しながら敵性国ソ連と相通じ、手先となって、日本の行方を誤らせた、大馬鹿者が居たために、亦、国際法を完全に無視した民間人虐殺を受け。日本は官民合わせて325万人の死者を出して、国土は焼け野が原になった。

 日本人は、この失敗から何を学ぶべきか、この終戦直後には、全く分からなかった。 然し、その答えは直ぐに分り始めます。 其れ迄は、日本に対して従順を装って居た朝鮮人が、事大主義とやらで、イキナリ弾圧する側に変身したのである。 朝鮮人の変身は至る所で起こりましたが、半島では狂人李承晩が、赤狩りと称して、自国民の裡、日本統治の間に、自作農になって、塀民になっていた元農奴を中心に行われ、一説には200万人以上、少なくとも、150万人もの虐殺を行って居る。

 李の後の大統領である朴は、日本の陸軍士官学校の卒業のエリート軍人だったから、上辺は親日だったが、彼も日本の近代化について行けずに零落した両班層の出身だったから、韓国内の反日を黙認・放置した。 その後の大統領も例外無く反日であり、特に元在日であった、金代中と李明博の2人の大統領も信じ難い程の反日であった事は、日本が未来永劫に亘って、付き合っては、イケナイ相手は、朝鮮族であると言う事だろう。

 天は、朝鮮とは交流してはイケない、信用もしてはイケない、、何故なら、自分の利益の為なら親でも裏切る道徳心の無い民族だから、他人の為に何も為さない民族だから、彼らを世の中に放つ事は、世界に不幸の種をばら撒くようなモノだからと、様々な事象を以て、朝鮮族の醜悪さを示して来たのです。

 その朝鮮族に戦後、日本は乗っ取られていたのだと言う事を、日本人はようやく尻は忌めたのです。 其れは、日本人の反撃が始まって、彼らが正体を露わにし始めたからなのです。 そうでなければ、気付く人は未だ少数のままだったでしょう。

 気が着いたと見える人でも、まだ本当の事は分って居ません。 特に、団塊の世代以上の高齢者は、全く受け容れようとしない人も居たりします。 マァ後5年もすれば、この世代も急速に大人しくなるのでしょうが、日本がそれまで大丈夫なのかと、本気で心配して居るこの頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森友問題は関西生コンが引き起こした事件だと、警察も安倍政権もとっくに知ってた | トップページ | 従前とは土俵が違うので在日や反日勢力は厳しいことになるだろう »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31