無料ブログはココログ

« 現在では、朝日新聞など、「あほバカ最低」と言われて、読むと馬鹿になることが知られている | トップページ | もしかすると日本は、後者を実現するために、世界でただ一国、この20年の経済をマイナス成長させたのかもしれません »

2018年2月 7日 (水)

メディアが公平でなければ民衆政治(democracy)は成り立たない

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

15世紀になって西洋は大航海時代となります。

冒険家らが従来とは違った貿易航路を、次々に開拓して、貿易により大金持ちになっていく。

冒険家は、船、人員、食料、物々交換のための物資等、必要な経費を投資してくれる人を探すことから始めなければならない。

そして、航海から帰った際の利益の取り分について投資家との間で契約を交わす。

航海に成功した冒険家や投資に成功した投資家たちは、莫大な資金を持つ資本家となっていく。

しかし中には投資した船が遭難して一文無しになる投資家も出てくる。

ーー

それで安定した投資先を求めて植民地経営に乗り出す。

これら資本家たちは初めのうちは、王の庇護を歓迎するが、そのうち王を超える財力を持つようになる。

すると、自分の思い通りになるように、王を排除しようとする。

それがフランス革命です。

ーー

この革命によって生まれた権力機構には正統性がありません。

そこでナポレオンを新たな皇帝にしてみたり、いろいろな仕組みが試みられる。

最終的には、選挙がよいだろうということになっていく。

はじめは、権力者となりうる可能性を持つ者の中で行われる選挙でした。

ですから、選挙も、もともとは、市民の代表者であること、資本があること、一般市民のために戦う勇気のある者の中での選挙だったわけです。

ーー

ところが、敗れた側は、「選挙民の範囲を増やせば勝っていた」と言い出し争いがおこる。

こうして選挙民の範囲が拡大し、国民投票という形になったわけです。

しかし、国民すべてが、必ずしも選挙結果についての利害関係者ではないわけです。

日頃は政治とは何の関わりもなく生きている人々もいるのです。

そんな人たちが、選挙権を持つといきおい選挙は、単なる人気投票になります。

つまり、民衆に媚びて都合の良いことばかりを口にする者が、選挙に強くなる結果となります。

ーー

選挙で政治家を選ぶ制度(民衆政治)が、衆愚政治に陥るというのは、そういうことによります。

ーー

そして新聞、ラジオ、テレビ等の情報伝達手段が確立されると、それらを使って政治宣伝がなされるようになる。

日本のメディアは、自ら政治的には公正中立であると宣言しています。

しかしネット環境が整備されることで分かったことは、日本のメディアはそのほとんどが、在日・反日勢力によって支配されていた。

そして在日・反日勢力に有利となるような情報のみを伝えるようなことをしていたのです。

ーー

ネット環境を利用しないような人たちは、したがって選挙で、日本国民に不利を招く集団にも投票してしまう。

その結果例えば、民主党政権が誕生し、日本は、その3年間で円高、株価暴落、失業者増、不況という災難をこうむることとなった。

しかも2011年には、韓国のイ・ミョンバク(李明博)大統領に「日本乗っ取り完了宣言」まで出されてしまったのです。

ーー

今も在日・反日勢力は、メディアを使って、野党の収賄や共産党の独裁(シイの独裁17年)を報道しない。

そして2012年に成立した第二次安倍政権は、円安、株価高騰、完全雇用、好況を招いた。

しかも、パチンコ規制やテレビ放映権の見直しなどを推進しようとしている。

それに対して在日・反日メディアは、根拠なき安倍政権批判(たとえばモリカケ)を繰り返し、安倍おろしを絶叫している。

ーー

つまりメディア記者が公平性、客観性という近代精神を持っていないと民衆政治(democracy)は成り立たないのです。

« 現在では、朝日新聞など、「あほバカ最低」と言われて、読むと馬鹿になることが知られている | トップページ | もしかすると日本は、後者を実現するために、世界でただ一国、この20年の経済をマイナス成長させたのかもしれません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子さま 本日も更新有難うございます。
 西洋の民主主義の発生原因と日本の戦後民主主義の相関関係を説明した上での、売国傾向にある日本のマスメディアでは、民主主義がうまく機能して居ない現状の説明迄、良く分る内容ですね。

 今となれば、日本のマスメディアが公平公正さを宣言していたとは、驚き呆れる他は無いですが、仰有る通り、公正公平な報道機関が無かったから、主権者足る国民に政策を理解してもらう事も、現状を理解してもらう事も出来ず、国民は、政治不信から、政治無関心に陥って来たのでしょう。

 SF条約調印~90年迄に、日本は主に経済部門、科学技術部門で長足の進化を遂げて居る事に気着き、世界2位の経済大国であるとの、国民が矜持を持ち始め、先進国の要件を満たしつつありましたが、殊、独立国家として独自の政治路線を採る事は、庇護国=占領国である米国の許可が下りないママでした。

 米国の統治政治は続行されて居たワケで、独立国として目指すべき目標を失った所為か、日本の政治は、ドンドン左傾化して90年代の自民党政権は、左翼利権「=日本が開発の遅れたサヨク国家に金を出してインフラ建設を日本の会社が担当して日本の経済を活性化させる」と言う手法で、建設会社や不動産系の会社に大きなお金が回り、社会はバブルに酔いしれて居ました。

 処が、この事態を憂慮し始めた米国からの命令で、橋本政権が、金融=銀行に金の貸し出しに大きな制限を設けたので、バブルが破裂、日本は一転して、不景気になり、行く当てのない大量のお金は、東南アジアやアフリカへの海外投資に回され、国内は、デフレ状態になって、「失われた20年」を迎えます。

 この後を、小泉政権が受けて、左巻き政治の中核を担って居た、旧田中派=政経会の議員を一掃、自民党の地方の票田・資金管理の機能を果たして居た、特定郵便局制度も廃止して、宣言通り、自民党をぶっ壊しました。

 その影響で、自民党は、事態が良く分って居ない国民と、米国からの信用を失い、09年には、民主党に政権を渡してしまいます。 民主党政権は12年11月年迄続きますが、その政権担当期間中に、民主党が露呈した、売国体質、人材不足、低劣な議員資質、等の醜態は、日本社会には、西洋型民主主義は根付かないと結論する他はありませんでした。

 第二次安倍政権はこの6年間、この状況に向かい合うに革命では無く改革で処して来ました。 つまり、自分の足許=支持層である、自民党の議員や支持層の中にも、多くの戦後利得者が居る事を承知の上での改革ですから、当然、党内に抵抗勢力を抱えて居るワケです。

 然し此処で、革命的な政策を断行すれば、自民党が四分五裂するのは、火を見るよりも明らかな事で、改革とは真逆の自民党の破壊に他ならない。 随い、本来なら、革命が必要な程度の腐食も、傍が見て居て、イライラする様な遅速や迂遠な方法で行って、気の短い保守勢力から、安倍批判を招いて居る位です。 亦、自民党内には、依然として、左傾化して居た頃からの支持層を基盤にしている議員が何人も居て、支持層の手前、「しがらみ」から、改革に逆行する他は無い議員も多くいます。

 然し、安倍政権が行って来た「戦後政治の改革」の成果は、次第に現れてきています。 例えば、ヤクザの資金源を断つ方法は、米国の発案らしいですが、日本のサヨク層も米国の外圧には無抵抗な事を利用して実施、最大規模の山口組が、四分五裂を始めたのは、ご存じの通り。 更に、中核系や革マル系と言った、団塊の世代を構成の中心とする、極左暴力集団の取り締まりも強化して、多くの活動家が、投獄~監視状態に置かれて、構成層が高齢化した事もあり、活動が終息状態に向かって居ます。 つまり、改革の成果が目に見える様になって来たのです。

 然し、日本の腐食の本命は、検察等の法務系、あろう事か三権の裡の司法、もっと中枢部の皇室に迄及んでいる事も分り始めたので、引き続き改革を続行しなくてはなりません。 すると、ポスト安倍を考える時、一体誰に任せるべきなのか、と考えれば、今の時点では、安倍さんに引き続きもぅ2期=8年やって貰う他は無いと私は思って居ます。

縦椅子さま

今日も素晴らしいブログ有難うございます
 産経新聞によると、「平昌五輪に合わせ、きょう競技会場がある韓国・江陵とソウルで講演を行う北朝鮮の芸術団「三池淵管弦楽団」員を乗せた貨客船「万景峰92」が、6日、江陵に隣接する東海の港に到着した。韓国は北朝鮮船舶の時刻入港を独自制裁で禁じているが、「五輪を成功させるための例外措置」として入港を認めた」という。一度例外を認めたら、なし崩しになることは目に見えています。結局は「トロイの木馬」のようになってしまうことでしょう。
 また、「韓国アイスダンスに出場する組がフリーで使う民謡曲「アリラン」の歌詞に竹島(島根県隠岐の島町)の韓国呼称である「独島」が含まれているため、韓国スケート連盟が国際スケート連盟に政治的問題になるか確認していたことが6日、分かった。歌詞には「独島よ 昨夜はよく寝たか」という一節がある。」--
 「アイスホッケー女子の南北合同チームが4日に強化試合を行った際には、朝鮮半島に竹島を描いた「統一旗」が会場に掲げられ、日本政府が韓国に抗議した」とある。ーー
「2011年には、韓国のイ・ミョンバク(李明博)大統領に「日本乗っ取り完了宣言」まで出されてしまったのです」のとき、竹島に
大統領自ら、竹島に上陸し、以来主権を主張しているのは、決して認められない行為だと思います。平昌五輪はどうなることやら・・・波乱の幕開けになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現在では、朝日新聞など、「あほバカ最低」と言われて、読むと馬鹿になることが知られている | トップページ | もしかすると日本は、後者を実現するために、世界でただ一国、この20年の経済をマイナス成長させたのかもしれません »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31