無料ブログはココログ

« 彼らこそ植民地主義の受益者で、祖国と同胞を侮蔑する張本人である | トップページ | 神々とご祖先と、今生きている先輩たち、自分たち、後輩たちみんなが、天皇のもと、ひとつになって、より良い未来を築こうとしてきた »

2018年1月12日 (金)

朝鮮人を相手の約束なれば、最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ

ーー以下「日本が行った史上最悪の植民地支配」より抜粋編集

百数十年前の福澤諭吉は次のように警告している。

渡辺利夫著「士魂」海竜社より引用。

ーー

本来、朝鮮人は、数百年来儒教の中毒症に陥りたる人民にして常に道徳仁義を口にしながらその衷心の腐敗醜穢ほとんど名状すべからず。

上下一般、共に偽君子の巣窟にして、一人として信をおくに足るものなきは、我が輩が年来の経験に徴するも明白なり。

されば斯かる国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼らの持ち前にして毫も意に介することなし。

既に従来の国交際上にも、しばしば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束なれば、最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ。

ーーと。

明治維新後に我が国が遭遇した朝鮮は、当時も今も何ら変わっていない。

日清・日露の戦争も朝鮮の事情に起因している。

ーー

そして日本は安全保障上朝鮮を併合するのだが、それについて朝鮮人らは、世界史に例を見ない残虐非道な植民地支配であったと教育されている。

残虐非道を、従軍慰安婦や性奴隷を捏造して世界中に広告宣伝しているのだ。

ーー

一方日本人は、以下のように主張して、あれは植民地支配などではなく、併合であり、朝鮮人を自国民扱いしたと主張する。

1.朝鮮国民を飢餓から救った
2.朝鮮国民を内乱から救った
3.朝鮮国民に教育を実施し、就学率を61%まで高めた
4.耕地面積を246万町から449万町まで拡大した
5.鉄道を3827km引いた

6.禿山に5億9千万本の植林を行った
7.反あたりの収穫量を、0.49石から1.49石まで増加させた
8.平均寿命を24歳から56歳にひきあげた
9.独立国家にするために支援した
10.朝鮮文字を広めた

11.人口を1313万人から2553万人に増加させた
12.大規模インフラ整備を行った
13.日本国として対等に接した
14.朝鮮人に希望を持たせた
15.2000年以上に渡って続いていた支那の属国から独立させた

ーー

朝鮮人の金持ちはことごとく日本と関係を持っている人たちであり、戦後、反日によって利権を得た人々なのだ。

彼らは、事実などどうでもよいのだ。

日本人を一方的に非難することで、日本人に自責の念を抱かせ、自分たちの利権を維持しようとしているのである。

ーー

それが日本による世界史上最悪の植民地支配という表現になった。

ーー

というのも、西洋人と同様、支那・朝鮮人には支配被支配という関係しか考えられないからだ。

日本人が、日本の植民地支配は、西洋人や支那・朝鮮人のそれとは違うと主張しても、彼らには理解できないのである。

ただ日本人をあしざまに非難することを繰り返すばかりなのである。

ーー

こんな連中には関与しないことに限るのだが、そうすると、もとの蛮族に先祖返りしてしまう。

つまり合理性、客観性という近代精神の欠如のために、何時までたっても自由・民主政治・法治が機能しない。

残念なことだが、共産支那や北朝鮮のような古代の政治体制に戻ってしまう。

それゆえ関与しているのだが、もう日本人多くが彼らとの関わりを無駄だと思うようになっている。

« 彼らこそ植民地主義の受益者で、祖国と同胞を侮蔑する張本人である | トップページ | 神々とご祖先と、今生きている先輩たち、自分たち、後輩たちみんなが、天皇のもと、ひとつになって、より良い未来を築こうとしてきた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

韓は、ゴールポストを動かしまくるが、日本は、それを忖度しなければいけないと言うバカげた状態だ。
全く疲れるよ。
儒教だなんだかんだ言うよりスパッと切り捨て断ち切ったた方が良い。
ねちねちと、しかも嘘と捏造の産物を忖度しろと言ってくる。
キ印相手に振り回されるな。
其処に何がある?
爆笑とバカバカしさだ。
朝鮮戦争時のアメリカの第5支給品の方が、現実味有る話なのだが。

日本と韓国が外交関係を持ってそれ程の期間を経ていないときにも関わらず、福沢諭吉氏は韓国人の本質を見抜いて喝破しています。

>上下一般、共に偽君子の巣窟にして、一人として信をおくに足るものなきは、我が輩が年来の経験に徴するも明白なり。
されば斯かる国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼らの持ち前にして毫も意に介することなし。
既に従来の国交際上にも、しばしば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束なれば、最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ。

韓国人は過去1000年に渡って変わらずに生きてきたのですから、それが今更変わるはずもないと思います。

そして、日本は他国に侵略されかけてもこれに耐えて、2600年でたった一度の敗戦しかしていない国柄です。
2600年の歴史を持つ国が知恵として持ったことは嘘をつかないことで、誠実な民族性を形作ってきました。ですから、外交での約束は守ってきました。


>彼らは、事実などどうでもよいのだ。

朴槿恵大統領の時には、良く歴史認識の共通とのことが言われました。
そして、その歴史認識の内容は、韓国人の歴史のことを言い、正しい真実のことではなかったのですが、それを共通の歴史とするように養成されたのではなかったでしょうか。

だから、朴槿恵大統領は正しい歴史とは言わず、歴史認識と表現したのです。
これが、両国が共通のものとした時点で、嘘であろうが本当であろうが関係なく正しいものとされて、歴史となっていたのですが、それはとんでもないものであったと思います。
日本での歴史は、事実の事柄の積み上げでしかありません。


韓国が歴史認識という虚実の事柄を積み上げようとする歴史は、日本だけでなく、国際的にも認められないことは当然ですから、韓国は孤立していくことになりますけれど、韓国とは「助けず、教えず、関わらず」の対韓三原則を元に、日韓関係は進める他はないと思います。

>ポッポさん ソロです。
>>韓国が歴史認識という虚実の事柄を積み上げようとする歴史は、日本だけでなく、国際的にも認められないことは当然
 処が、欧州も米国も歴史に関する考え方は、韓国程ではないにしろ、かなりいい加減です、と言うか、例の「歴史は勝者によって造られる」と言う俚諺通りの状況なのです。 他に歴史を紡ぐだけの文明力、且つ、正しい歴史を必要とする連綿とした文明を持って居る文明が無い処から、逆に可能な限り厳しく検証された歴史を持って居るのは、日本だけと言う事と言うのが世界の現状なのです。

 もし、歴史問題を国際世論の俎上に上げれば、下手をすれば、孤立するのは日本である可能性すらあります。 斯様に、世界は未開なママなのです。 ダカラ、陰謀論者が世界を跳梁跋扈して、金儲けして居るのだし、戦争の原因問題が解決しても、戦争そのものが終わらないのです。 そう言う意味で、安倍政権が、戦後レジーム=米国支配体制を終わらせようとするに、米国の対日警戒派を荘園の敵にしない様、親日派を米国保守の中に増やして行く方法で、腐心しながらやって居るのは、大したものだと思います。

 福沢諭吉は日本の姿勢を良く知って居たから、比較するに、「韓国は信を置くに値せず」と言って居るのですが、其れから、既に150年目ですが、一体、福沢諭吉並みの外交感覚を持って居る人が、何人居るのでしょうか、TV等、拝見していると、甚だ疑問です。

 然るに、外交は、常に戦争の序章を生み出す状況を孕んで居ると言って良いのです。 1941年に開戦した対米戦争も、遠因はその40年ほど前の、日露戦争の結果を決めるポーツマス条約締結時、ジョン・D・ロックフェラーとハリマンが提唱した満州共同開発案を小村全権大使が一蹴した事に始まって居ます。 曰く、「満州利権を独り占めにした」でしょう。

 然し、ドゥ考えて看ても、日本が自身の戦争の歴史で最大の戦死者を出した戦いの末に勝ち取った勝利の代償を、一滴の血も流して居ない米国と何故、分け合わねばばならないのか、一蹴した小村大使は蓋し正しいと思います。 逆に、米国案程身勝手な話は無いワケですが、米国案が白人世界では「当然」と受け取られて居る事から、当時の世界が今の数倍白人支配が強かったと言う事に他なりません。 そして、損基本的なものは未だ変わって居ないと看るべきです。

 日露戦争での日本の勝利で、西欧列強の植民地主義=帝国主義の膝下に400年喘いでいたアジアの国々の民衆は、日本の勝利に、快哉をを上げて居ましたが、一方の白人の国々は、不愉快よりも、警戒心の方が強く刺激されて居た様です。

 前置きが長くなりましたが、要は、韓国も全く成算が無いのに反日をやって居るのではない、と言う事です。 確かに現在の文政権の非常識は、嗤えるですが、この反日は、第三国に取って、非常に利用し易いモノでもある事も、気を着けて措かねばなりません。 文がそれを意識して居るかドゥか、は分りませんが、文政権の閣僚全員が、あのレベルであるとは、ちょっと信じ難いのも事実です。 カギは、「不可逆的解決」を韓国が言いだしたと言う事でしょう。 つまり、不可逆的解決を1ミリでも動かす様な、真似を日本がすれば、一気呵成に、日本側の違反に拠って、合意無効、と言いだすのが見えて居るのです。

 

ソロさんへ  ポッポです。

>例の「歴史は勝者によって造られる」と言う俚諺通りの状況なのです。

厳しい言葉ですが、日本は韓国に負けたことはありません。
朝鮮は日本とともに戦ったというのが、歴史上の事実ですけれど、日本のポツダム宣言受け入れとともに、勝利者の関に乗り移ろうとしたのが朝鮮人で、勝手に朝鮮進駐軍と名乗って日本人にあらゆる狼藉を働きました。

それに、朝鮮はそれだけでは飽き足らず、「戦勝国民」とも自称しましたが、これはマッカーサーに否定され、ついでに三国人とされています。

本来ならば、WGIPによって半ば戦勝国民扱いで、日本人は朝鮮人への批判を禁じられたのですが、これは朝鮮人の民度が余りにも低いことから格下げにされた事例だと思います。
また、朝鮮戦争の勃発と、この機に乗じた朝鮮人と共産党員の暴動にGHQは危機を抱いたことから、朝鮮人はさらに格下げされたと思います。

勝利者が歴史を作ることはやむを得ない部分がありますけれど、韓国に歴史を作られる謂われはないと思っています。


>日露戦争の結果を決めるポーツマス条約締結時、ジョン・D・ロックフェラーとハリマンが提唱した満州共同開発案を小村全権大使が一蹴した事に始まって居ます。

戦争後に直接戦争に関係の無かった国が横取りするのは、日清戦争後にロシア、ドイツ、フランスが三国干渉をしてきたことからも理解していますし、日露戦争後のこの件も承知はしていますが、国家ではなく、個人が提唱してきたように思えてもう一つピンとしませんでした。

米国は満州ではなく、万里の長城の南側での利権を要求すれば良かったのにと思います。
他国を勝手に利権の地にするなと思われるかも知れませんが、当時の満州は未だ未開の地であったと思います。それよりは、支那の忠言の方がうま味があったと思うからです。満州が発展したのは、日本の投資が大きかったためだと考えます。

ただ、米国の大陸進出は中途半端で、日本と争わずに投資していれば利益は大きかったと思いますが、日本と争ったために蒋介石相当はこれにすりつぶされて、中共との戦いに敗れてしまったから米国は大陸の利権を全てなくして、大損に終わったと思います。


>韓国も全く成算が無いのに反日をやって居るのではない、と言う事です。 
>つまり、不可逆的解決を1ミリでも動かす様な、真似を日本がすれば、一気呵成に、日本側の違反に拠って、合意無効、と言いだすのが見えて居るのです。

これは、全くその通りだと思います。
韓国はこれまで常に日本に譲らせることで、目的を達成してきました。今回だけがそれを出来ないはずはないとして、未だ頑張ると思います。

ここで、どこかの部分で1ミリでも譲ったら、忽ち攻勢に出て、全てがご破算になる可能性はなると思います。
安倍政権はこれまでの政府とは異なり、韓国の脅しや懇願にも譲る姿勢を見せていません。
これをひたすら信じることで、韓国に日本は変わってしまったと諦めさせることが必要だと思います。


ところで、先日、尿管結石で手術するため15日に入院するとのことでしたが、その後はいかがですか、尿管結石は最近では爆破することが増えており、切除するのなら相当に具合が悪いのではと気になっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼らこそ植民地主義の受益者で、祖国と同胞を侮蔑する張本人である | トップページ | 神々とご祖先と、今生きている先輩たち、自分たち、後輩たちみんなが、天皇のもと、ひとつになって、より良い未来を築こうとしてきた »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31