無料ブログはココログ

« 日本人と朝鮮人の感性は全く違っている | トップページ | もう説明や解釈が成り立つことばというものに飽き果ててしまった »

2017年12月12日 (火)

つまり、北は世界最貧国であり、経済制裁を続けていれば一層困窮し、崩壊しても世界に何の影響もない

ーー以下「株式日記toraさんの意見」より抜粋編集

南朝鮮の大手メディアはパク・クネ退陣を実現したデモを称賛し「世界に誇る快挙」と自画自賛した。

東亜日報は「日本人は羨ましがっている」、朝鮮日報は「外国メディアも感嘆」と書いた。

南ではパク・クネ弾劾騒動が「英国の名誉革命の再現」「フランス革命などと並ぶ世界4大革命」ということになっている。

しかし保守系趙甲済ドットコムはそのデモを「衆愚政治の極み」と批判していた。

ーー

「未来志向」というペンネームの識者が趙甲済ドットコムに次のような内容の記事を寄稿している。

「アフリカの軍人よりもダメな北朝鮮軍」(11月17日、朝鮮語)

「ジンバブエの軍人は勇気を出した。

北朝鮮の多くの軍人の中で長期政権と独裁に対し立ち上がる軍人は1人もいないのか。

彼らの奴隷根性には語る言葉もない。

本当に金正恩を尊敬してじっと服従しているのか」

ーーと。

北朝鮮の軍人に、決起を呼び掛けたのだ。

ジンバブエの独裁政権(ムガベ政権)を倒したのは軍だけではない。

退陣を要求するデモと、議会の弾劾手続きも貢献した。

ーー

CNN・日本語版(11月20日)は次のように報じた。

•チウェンガ司令官が中国から帰国した数日後、ジンバブエの首都ハラレで同司令官率いるジンバブエ軍が政変を起こして実権を握り、ムガベ大統領を自宅軟禁状態に置いた。

•この経緯からチウェンガ司令官の中国訪問に注目が集まり、同司令官がムガベ大統領に対する行動について北京による暗黙の了解を求めたのではないかという臆測が浮上している。

ーー

ひょっとすると北京は、CNNにこの記事を書かせて、「ムガベになりたいか」と金正恩委員長を脅しているのかもしれない。

ーー

南北朝鮮や支那には公平性や客観性という近代精神が存在しない。

つまり対馬海峡の向こう側は、アフリカに連なる「暗黒大陸」なのだ。

支那・北朝鮮というのは、「暗黒大陸」の表現型である独裁国家なのである。

韓国も、民主政治国であると言っているだけで、つい盧泰愚政権までは軍事独裁国家であった。

つまり支那・南北朝鮮はジンバブエと変わらない。

ーー

しかし南朝鮮やジンバブエは軍の反乱が起きている。

ところが北は独裁政権が続いているのに軍は大人しい。

ーー

南大統領ムン・ジェインは北の工作員といわれるほどの親北だ。

親北のムンを放置していれば南は北に併合されてしまうだろう。

そんなムンが選挙で選ばれたと言うのには驚く。

日本人も、在日・反日議員である民主党を政権与党に選んで自衛隊の機密情報が南に漏洩したり、酷い目にあった。

以来、彼らを政権与党にはしなかった。

つまり南の政治状況は、支那共産党が工作した成果であろう。

ーー

アメリカは北をテロ国家に指定し、世界中に国交を遮断するよう求めている。

何しろ、北は、2017年9月13日、「日本列島の4つの島を核爆弾で海中に沈める」と威嚇しているのだ。

国民を食わせることも出来ない国が、何を言っているのか、とあきれる。

ーー

つまり、北は世界最貧国であり、世界中からの経済制裁が続けられれば、一層困窮し崩壊するだろうが、世界には何の影響もない。

ーー

その証拠に、日本メディアや野党は、北の脅威には一切口をとじたまま、「モリ・カケ事件」の方に熱心なのだ。

もちろん在日・反日勢力は、日本人に「国軍不保持、交戦権放棄」の憲法を守らせ、北の脅威を持続さそうとしているのだ。

現状を見れば、北など、莫大な費用を掛けて直接攻撃する価値など全くない。

それよりも北の資金源であるパチンコを休業に追い込んだり、経済制裁を強化することで、北の軍を困窮させ、反乱に誘導すべきなのだ。

« 日本人と朝鮮人の感性は全く違っている | トップページ | もう説明や解釈が成り立つことばというものに飽き果ててしまった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>>南北朝鮮や支那には公平性や客観性という近代精神が存在しない。つまり対馬海峡の向こう側は、アフリカに連なる「暗黒大陸」なのだ
↑のご意見は、卓見だと思います。 そして、南朝鮮を赤化した背景は、云わずと知れたシナの弁公室の戦略である事も、ご指摘の通りだと思います。 それが証拠に、文政権になってから、韓国は経済的窮状が好転する要素は殆どないのに、文政権は平昌オリンピックを開催する心算でいる。

 開催する為の諸条件を考えて看れば、今年の中半位には、開催中止をIOCに申し出なければ、いろんな国に迷惑がかかるのは間違いなかった。 処が、自国の面子だけしか考えない中韓族の常識が働いたのか、酷い条件が全く改善されて居ないのにも拘らず、強行姿勢を崩して居ない。オソラク、陰でシナから開催に必要な最低限の援助が入ったと看るべきだろう。

 このシナの隠された行為から考えられるこの先の展開とは、 先ず、朝鮮半島は完全にシナのモノになったと看るべきだが、シナ・米国の間では既に、韓国の今後の処分については、合意が成立して居て、米朝問題が決着すれば、すぐ様、米軍は半島から撤収し、防共ラインは対馬海峡に南下するだろう。 韓国は日米側から離れ、事実上100年ほど前のシナの冊封国家の状態に戻るしかないでしょうね。是で米国に取っての半島問題は終了する。

 然し日本にとっては、是からが問題の始まりで、ベトナムが赤化した時の様に、ボートピープルの様な形で、政治難民が日本に押し寄せて来る可能性が高いのですが、日本に居る在日の殆どは、65年前に李承晩の弾圧と米国主導の「赤狩り」の虐殺から、海を越えて逃れて来た政治難民の子孫で、新たに難民化した層は嘗ての弾圧をした層であり、赤化した文政権下から逃れて来たのなら、彼らを無条件で引き受ければ、日本国内で抗争が勃発する可能性が有る。 それは、文字通りの外患誘致行為でしかない。

 ダカラ、日本は入国制限を厳しくして、在日には韓国への自発的帰還を促す一方で、新たに政治難民化して入国を謀る韓国保守層には、携行品は勿論、思想信条に至る迄の厳しいチェックと日本への定住拒絶を伝え、滞在期間を1か月未満に限定すべきです。そして以降の、在日3世以上の原国籍のままでの滞在許可を全廃して、不服あれば、通常の外国人に取って居る態度と同等の国外退去を原則とする措置の検討に入る、と言う体制を採って、日本に赤化の余波が及ぶ事を断絶すべきでしょう。

 当然、国内の韓国保守層やその反対の在日勢力に援助されている、政治集団や非合法組織は全て反発して、暴動に近い事が起こるかもしれません。 然し、其れは今まで潜在して居たダケで、追い詰められて暴発したに過ぎず、謂わば、起こるべくして起こった現象なのです。 

 当然既に、日本の公安組織は、其処まで先読みして、万全の態勢「=暴動を未然に押さえ込む」を整えて居る、と私は信じます。

>南朝鮮の大手メディアはパク・クネ退陣を実現したデモを称賛し「世界に誇る快挙」と自画自賛した。

集団でデモをして政権を倒したのは、民主国家では起こらないことです。これが起こるのは、未熟な民主国家で起こることであり、具体的には韓国であったり、アフリカであったりだと思います。

民主国家なら、選挙で政権が変わるのです。
その前に、収賄で行政が左右されるのでは、民主国家とは言えないでしょう。


>日本人も、在日・反日議員を選挙で選んでいるが、政権与党にはしなかった。

これは、どうなのでしょうか。
平成21年9月からの3年半、日本は民主党の政権下に有り、国籍は日本人でしたが、実質的には反日の政権下と言っても過言ではなかったと思います。

経済的には円高政策で、日本国内の企業は国内では高コストとなって、輸出できずに工場を海外移転しなければならなくなったのですが、政府はこの海外移転を推進していました。おかげで、国内に雇用がなくなったのです。

中国漁船が巡視船に衝突して、海上保安庁は一方的な被害を受けたのに政府はその事実を隠蔽して、国民は海上保安庁が衝突した方とのイメージを持たされたのです。
この時、那覇地検は政治的な配慮で中国人船長を釈放しましたが、客観的に見れば政府の判断でしかなかったと思います。そして、このように三権分立を無視した政治権力の行使は、反日・在日政権でなければやらないことでした。

この政権は、選挙で国民が選択したものですが、この選挙の時に反日のマスコミは、最大限に民主党を支援したと思います。
そして、国民はその次の選挙で、民主党を政権から引きずり下ろしました。
選挙で政権を選ぶことは、民主主義の基本だと思いますが、民主党政権はその政権にあるときがもう少し長ければ、民主党が永続する法律を通していた可能性があったと思います。

それから5年を経過した日本ですが、反日政党とマスコミは、夢世もう一度と考えています。
そして、安倍政権を倒そうとしていますが、反日政党には政策がない為、政策ではなく、嘘と因縁話での倒閣運動でモリカケを国会に持ち込んで延々と続けますから、隣の国が核ミサイルで脅かしているも忘れているのです。

普通の人間なら、モリカケなど小さなことですが、核ミサイルで国を脅すことは、一歩間違えたら戦争になることです。
それを反日政党は、分かっているのか、分からない振りをしているのか、それが分かると支持を得られないから知らない振りをしているのか、定かではありません。
とりあえず、日本の危機には興味を持たないものが、反日・在日政党だと思っています。

反日・在日政党が北朝鮮による日本の恫喝を、どう思っているのかは知りませんが、日本は韓国にも、北朝鮮にも「助けず、教えず、関わらず」で対応していれば、勝手に倒れていく国だと思います。

日本人がお人好しに、妙な仏心を以て相手をしますと、勝手に倒れる国が日本に期待をして、苦しさの中で「助けてもらっても良い」と考えますから、無視すれば良いと思います。

日本もスパイ防止法が欲しいですね。特亜に好きなように工作され、何百人と日本専門に日本語教育を行った、工作員を韓国は日本に送り込んでますが。

最も効果が、出るのは、南韓が、滅亡すればインパクトは、有ると思う。
しかも今年中に韓破産すれば、北が南下するか、それとも恐れおののくか。
北も経済制裁真っ最中だから負担が、大きい。
しかも南北とも石油が、枯渇している。
すごく現状が、似た者同士なのである。
鮮人が、世界から相手にされない状況になっている事を悟らせる。
刃向えば、滅亡の2文字である。
少なくとも日本は、韓を相手にしない。誰も助ける国は、無かろう。
チャイナが、南下して支配するか、ロシアも出てくるか?
地図が、変わる事は、確かだ。
アメリカは、どのように介入するだろうか?
アメリカとしては、半島など欲しくないだろう。
何だか貧乏国だけが、半島の周りを取り巻いている。
昔を考えれば、隔世の感がある。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人と朝鮮人の感性は全く違っている | トップページ | もう説明や解釈が成り立つことばというものに飽き果ててしまった »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31