無料ブログはココログ

« ニュースの真相は、かれら(メディア)が『伝えない』部分にある | トップページ | しかし「空」の中身を知ったとしても、「空」を生きることは困難を極める »

2017年11月28日 (火)

ザラスシュトラはかく語りき

人間とは四苦八苦するものである。

生老病死の他、人には別れがあり、他者を恨み、たとえば食事ができないなど不足に苦しみ、体のあちこちの痛みに苦しむ。

そんな個人的な状況があるにも関わらず、在日・反日勢力という見えない敵に批判を加えている。

こればかりではバカバカしくなるので、以下を再掲する。

清涼剤としてどうぞ。

ーー

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche、1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者である。今日の小論は、この男にまつわるものであり、理解するために、少々解説が必要になる。

つまりニーチェは、生存することの不快や苦悩を「終末の解決」に委ねてしまうキリスト教徒の考えを悪癖として否定し、世界は終末に向かって動いているのではなく、現在と同じ世界を何度も繰り返すという世界観を提示した。

彼は、『ツァラトゥストラ』などの著作の中で「神は死んだ」と宣言し、西洋文明が始まって以来、特にソクラテス以降の哲学・道徳・科学を背後で支え続けた思想つまりキリスト教思想に死を告げた。

彼は、キリスト教的弱者にあっては恨みという負の感情(ルサンチマン)によって突き動かされており、その恨みという負の感情こそが苦悩の原因であるとした。

さらにはニーチェは、恨みの感情に満たされたキリスト教精神、及び長らく西洋思想を支配してきた形而上学といったものは、現にここにある生から人間を遠ざけるものであるとする。

そして既存の価値から離れ自由なる精神を獲得し、すべての結果を受け入れ続けることによって、現にここにある生を肯定し続けて、「超人」になることを目指した。

ここで超人『ツァラトゥストラ』は、ペルシア語でのザラスシュトラの呼称をドイツ語読みしたものである。日本語では英語名の転写ゾロアスター(Zoroaster)の名で知られるが、これは古典ギリシア語での呼称であるゾーロアストレース(Ζωροάστρης, Zōroastrēs)に由来する。

ザラスシュトラ(アヴェスター語:Zaraθuštra、ペルシア語: Zartošt ,زرتشت‎、紀元前13世紀?~紀元前7世紀?)は、ゾロアスター教の開祖であり、近年の研究では、前10世紀から前11世紀にかけて活躍したといわれるが、研究者によって異なる。

一神教を最初に提唱したともいわれるが、ゾロアスター経典の中には、古代アーリア人に共通する多くの神々が登場する。したがって、正確には「数多くの神々の中から、崇拝に値する神をアフラ・マズダーだけとした」人物である。

その教えは、ユダヤ教、キリスト教に影響を及ぼし、根拠はないが初期仏教にも影響を及ぼしていると一般に言われる。その影響力の大きさについては、絶対視するものから、かなり限定的とするもの、まったく皆無であったとするものまで、さまざまである。(以上wikipediaより)

さて日本の「ツァラトゥストラ」は、どのように語るのか、それをお目に掛ける。

ーーー以下抜粋編集qazx

【徹底的改造計画12/6】ザラスシュトラはかく語りきhttp://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/3c007c3dedaf3db7382d15a507bd1fe6

ーーー

人間存在の上位に何かしら超越的存在ないしその意思を感覚すること、それは、そういう超越的存在ないし意志が実体を持つ・あるいは実在していると信じることとは、決してイコールではない。

純粋なる神の意志なるものが実在するとすれば、それを人間が理解し得るなら、蟻もまた神の意志を理解できるはずである。

ならば聖職者諸君、汝らは蟻に向かっても、汝らが神の意志だと強調して止まないバイブルやコーランを読み聞かせるべきである。

バイブルやコーランが神の意志だとする君たちの宗教においては、そうすることこそが正当であるはずだ。

ーーー

おそらく、人間が生きていく上で心のなかに何らかの超越的存在ないしその意思を感覚すること、それ自体は、私たちの遺伝子に組み込まれている感覚なのだと想う。実際、それにはいくつもの有用性がある。

ーーー

この世間の中で人が生きていく上でこそ、神を想い描く意味があるというものなのだ。超越的存在ないしその意思を感覚することが、自分や世間に秩序をもたらす原因となっているからだ。

また超越者の存在を想うことで、人間は謙虚に生きることができ愛されるべき存在となりうる、また死すべき身の彼方を見据え、絶望の苦しみや死の恐怖を和らげることができる。

ーーー

しかし有神論者は、「まず神ありき。つぎに神、人を創りにけり。さらに人、世間を作れり」と主張する。ここでの神は、人と世間の存在に無関係に存在している。神は人と世間が存在しなくても常に神として存在している。

ここでもし人も世間も存在しなければ、どうなのだろう。誰もいないのに、だから世間もないのに、神は、誰に対して何に対して、自身が神であると主張できるのだろう?人がいない、世間が存在しない、その時点で神は消え失せるに違いない。

ーーー

神の存在は、人と世間の存在に依拠する以外ないのである。それを言い換えると、神と人と世間とは、互いに縁起している、と言える。

縁起とは、原因や条件を表し、一方がなければ他方が成立しないという意味である。つまり、神と人と世間とは不可分一体である。

恐らく有信論者の神の実在は、人が規則を作り出すことが困難であった時代の物語なのだろう。古来人は、神が定めたということでその規則を守るべきものであるとし、その規則に基づいて社会を作ってきた。

しかし、もう人が規則を決めることに何のわだかまりもなくなっている。煩悩に満ちた人間、汚穢にまみれた世俗の我々が、法を堂々と作り、社会を作り上げている。

ーーー

ここに至ってもなお有神論者が、神の実在とその法を主張し、人間に規則を提示するとすれば、現在先進諸国の法体系は破壊されねばならず、現在先進諸国の世間は滅ぶ他無くなる。

事実、神の実在を主張する、特に一神教の教えは、イスラム教徒やユダヤ教徒に見られるようにそれが広まるほどに人と世間を混乱に落とし入れる。

おそらくゾロアスターを始め、古代ユダヤ人、イエス、モハメッドに至る一神教の教祖たちは、例外なくその知性と精神性があまりにも低く劣っており、ためにそのような自身が抱える問題を自覚することは殆ど無かったのだろう。

この結論は、神に実体なしと認め、心のなかに何らかの超越的存在ないしその意思を感覚し謙虚に一生を全うすることこそが、神を正しく信じたということなのである、と言えよう。

ーーーこれはまさに古来から日本人が生きてきた生き様そのものである。

« ニュースの真相は、かれら(メディア)が『伝えない』部分にある | トップページ | しかし「空」の中身を知ったとしても、「空」を生きることは困難を極める »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>qazxさん 毎日のブログ更新有難うございます。
>>神に実体なしと認め、心のなかに何らかの超越的存在ないしその意思を感覚し謙虚に一生を全うすることこそが、神を正しく信じたということなのである
 私は神に着いて昔から、「居るのだろうけれど、神にとって人間の存在等、海に起こっては消える波のような存在でしかない」と、思ってきました。 つまり、神にとって地球も宇宙も現象でしかなく、地球の欠片に過ぎない人間も、現象の一つに過ぎないと思います。そして全ての命も肉体とは違う意味で生きて居るが、それも、次元の違う現象の一つに過ぎないと。

 この世界は、極小から極大迄「フラクタル」と言う現象が覆って居る事に、最近人類は気が着いたのですが、其れを敷衍し広げて考えて行けば、宇宙が生命体であるとすれば、星雲はその細胞であり、宇宙全体がもっと巨大な生物の部品なのかもしれないのです。 その空間の巨大さは、人類に感得できるものではありません。丁度、もし人間の細胞核の中にも棲んで居る生物がいたとして、彼が人間全体を認識する事が出来ない様にです。 

 地球も宇宙生命体の一種だと考えれば、地球が誕生して是まで流れた時間は、約43億年ですが、人類の登場は地球にとって、ほんの最近発生した現象でありましょう。 人類が自身の体に現れた一つの徴候に過ぎず、この現象が自身全体の為に益であるか害であるかで措置を何れ決めるのですが、地球=神も、未だ判断を決めかねて居る状況ではないかと思うのです。

 当然、神は宗教家が言うように、人類に対する特別な愛は感じて居ないでしょうし、人類の為だけに存して居るわけでも無い。 我々が考える様に、自身の健康こそが一番大事だ、としたら、地球は人類が自身の健康の妨げとなると判断すれば、病原菌を退治する=殲滅するでしょう。 方法は簡単、地球上の空気を1時間程なくせば、殆どの生物は死に絶え、5億年ほど前の状態になります。

 宗教者に言わせれば、神がこういう選択をする前に、人類は神の健康を脅かさない範囲で、自身の繁栄や増殖を制御して行かねば、あっという間に絶滅すると言う事になるでしょうが、人類にとっても、生き残る事だけが果たして善なのか分りません。 生命を現象と捉えれば、元は、植物や微生物とと同じ宇宙生命体の一部かもしれないのです。 すると生ある裡に、何をしたか、どう生きたかだけが問われると言う事ですから。

 然し此処で、「神はいるか?」と言う古代からの問いかけは、神を人類と比べて、「超絶な存在」とした仮定であり、存在そのものが空想の産物を出て居ない。 ですが、人類はこの2~300年で、色々な器具や機械を開発して、遠くのものを探ったり、光の速さを計算、実測したりして人類の知見を広げて、神の存在を探してきました、神は人間にとって何なのかと言う答えを見つける為に。

 宇宙に地球と同じ時間が流れて居ると言う仮定で、何光年と言う距離を示して居ますが、アインシュタインが気付いたように、時間は動いて居るものと留まって居るものでは同じではない、次元が異なって居ると言う事です。 我々人類が、地球を飛び出して宇宙を旅行して、再び地球に帰って来た時には、宇宙船内の経過時間都地球での経過時間に大きな差がある事を知る筈です。この様に、時間も空間も絶対とは言えない事を知った人類は、神の存在について、原点に戻って終ったのではないかと思います。 つまり、一から考え直さねば現実の神の存在を認識できないのではないか、と言う疑問です。
 
 現実の神と空想の神は全く違い、現実の神は人間と同じように怒ったり、喜んだり、失望したりする可能性もあります。唯、見えないだけですが、その姿を想像する事は出来ます。一番身近なのは地球ですから。 是って日本での神の解釈である、「神は何時も、隣に居られる、大きな木や岩、美しい山や湖の姿には、全て神が顕現されて居られる」=八百万の神に近いと私も思います。

 唯、以上の推論のベースとなっているのは、地球と言う宇宙全体にとって点でしかない処からの観測デーでしかない、と言う事実です。 是は科学が越えられない壁と言うべきかもしれませんが、この先の人類の努力に期待しましょう。

 詰まる処、神の存在を信じるのも、信じないのも、個人の自由であると言う事になりますね。

>彼は、『ツァラトゥストラ』などの著作の中で「神は死んだ」と宣言し、西洋文明が始まって以来、特にソクラテス以降の哲学・道徳・科学を背後で支え続けた思想つまりキリスト教思想に死を告げた。

ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」で思ったことは、日本人なら「鰯の頭も信心から」でした。

しかし反日資金力て凄いですね。横綱喜瀬の里あんな弱い横綱いないて評判、しかし大関の時に重症な身で優勝横綱に?東京新聞コラムをトランプは読めと、当然北朝鮮に対しての、反日の危機感て思うが、何で日本に住む反日がて?北朝鮮を、裏で動かしてるのは、反日か?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュースの真相は、かれら(メディア)が『伝えない』部分にある | トップページ | しかし「空」の中身を知ったとしても、「空」を生きることは困難を極める »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31