無料ブログはココログ

« 日本の探査衛星「はやぶさ」が、地球に帰還した | トップページ | 「日本死ね」と嬉々として連呼した山尾志桜里氏への、日本国民の憤りがある »

2017年9月10日 (日)

日銀は原因分析を間違え、利上げという策を実施してしまった

ーー以下「宮崎正弘ブログ、書評」より抜粋編集

高橋洋一『日本を救う最強の経済論』(育鵬社)

高橋氏は小泉政権以来の自民党の政治家、そして民主党政権のときの民主党の政治家にも経済政策を説明してきた。

高橋氏本人は、氏の政策をその場で理解したのは安倍晋三首相のみだったという。

そういえば先月高村正彦(自民党副総裁)が日経の「わたしの履歴書」の中で、安倍首相は安保問題でもことのほか理解が早いと書いていた。

ーー

1989年12月末に日本株は頂値を付けた。

この株価上昇は、証券会社に居た天才が、『抜け穴』を利用したからだった。

当時、大蔵省に居た著者は、この抜け穴を塞ぐ通達を出した。

するとたちまち株価は下落し始めたが、不動産価格は上昇し続けた。

そこで出てきたのが総量規制である。

ーー

規制により株価の上昇は沈静化したが、「一方で日本銀行が同じ時期に金融引き締めをしてしまったのだ」。

「今から考えれば、これがバブル処理における最大の失敗だった」

「そもそもバブルの原因は金融緩和ではない。だから、バブルつぶしのために金融機引き締めすることが正しかったはずもない」

「資産バブルを産んだ原因は、法の不備を突いた営業特金や土地転がしなどによる資産売買の回転率の高さだった」

「が、日銀は原因分析を間違え、利上げという策を実施してしまった」(p47)

ーー

さらに白川総裁率いる「日銀」は、リーマン破綻で莫大なドル資産が消失したときに、何もしなかった。

その結果ドルは、「円や他国通貨に比べて相対的に過小となって円高を招い」た。

しかし白川氏はこの時の円高を、「海外の経済環境や日本の人口減少などの外部環境のせいに」した。

一方で白川氏は、日銀の金融政策を「世界のフロントランナー」(p54)などと自慢していたのだった。

ーー

日銀の金融政策が変わったのは安倍政権の登場だった。

「金融政策の間違いを正し、不始末の処理を」行ったのである。

ーー

本書の後段で、高橋氏はAIの未来像を書いている。

官僚機構に関して「役人のやっている仕事の殆どはAIにまかせればすんでしまう」と大胆なことを言う。

フィンテックの導入によって、五年後に銀行員の数は半減するといわれる。

ならばビューロテック(官僚行政のAI化)で公務員を半減できるではないか。

ーー

高橋洋一氏は官僚時代に国会答弁を何度も書いたという。

その経験から国会答弁は様式化しておりAIでも九割は可能だという。

国会答弁以外でも、日銀の金融政策はAIで可能だというのだ。

ーー

「一定期間内でインフレ率と失業率(両者には密接な関係がある)の目標達成を目指す金融政策などはまさにAI」で出来る。

「たとえばインフレ率が低ければ金融緩和し、高ければ金融引き締めをする、というサーモスタットによる温度調節のようなものだからだ」

「こうした行動関数で中央銀行の金融政策の9割程度は説明できるとすれば、AIが金融政策を決めることができる」(p125)

ーー

極論すれば、金融政策のプログラムを組み込まれたAIがいずれ日銀の役人にとって代わることに成る。

しかし既得権益にしがみつき、ひたすら「省益」を守ろうとする官僚が、AIを導入するだろうか?

と言うよりもAIに出来ない1割を人間がしなければならないということでもある。

« 日本の探査衛星「はやぶさ」が、地球に帰還した | トップページ | 「日本死ね」と嬉々として連呼した山尾志桜里氏への、日本国民の憤りがある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>>AIにできない1割を人間がしなくてはならないと言う事

その1割が問題なのです。

件の官僚、前川喜平だの、山尾志桜里だのを見ると、自分が著しく常識に欠けた行動を取って居る事すら分って居ないように見える。

彼等の行動は、ただの恥知らずにしか見えない。

つまり、自省する能力や、自分が行ったことが道に反すると分かったときに恥じるという日本人らしい反応が見られない。

「AIが出した政策だから・・」と、入力するべき現実が流動的な事を入れず、然も、深く考えない様なら、AIは導入するべきでは無い。

日本の破滅の元になる。

密かに、AIを使って株式や為替で大儲けして居る人が要ることだろう。

しかし、そのAIとて、全勝しているわけではないと私は思います。

>その経験から国会答弁は様式化しておりAIでも九割は可能だという。

官僚が作った法律案を大臣や副大臣が精査して、閣議に提出し総理大臣や各国務大臣が認証すると想像します。

与党提出の法律案を野党が検討して、疑問のあるところを洗い出して質問します。

その中で、真っ当な質問なら、AIでも9割は回答できると思います。

が、今の野党の質問は、真っ当な質問ではないので、対応できないと思います。

なにしろ、野党の質問は、政府を倒すためだけの質問なのですから。

野党には国政を運営する能力がないのです。

野党が反日のままのであれば、AIでの国会答弁は無理だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の探査衛星「はやぶさ」が、地球に帰還した | トップページ | 「日本死ね」と嬉々として連呼した山尾志桜里氏への、日本国民の憤りがある »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30