無料ブログはココログ

« 確かに世界には近代の法治世界を理解できない人々がいるのである | トップページ | 在日・反日勢力を冷徹に排除する以外、「希望の党」が日本人の希望となる事は決してない »

2017年9月29日 (金)

国民の大きな支持を得て「日本を取り戻す」を実現したいものだ

町会の祭り行事に、例年自衛隊の炊き出し隊に来てもらっていた。

それで今回も、要請したところ諸般の事情で断られた。

日本は今やそんな状況になっている。

28日に安倍首相は、臨時国会冒頭で、「国難突破解散」として衆院の解散を宣言し、そして日本は衆院総選挙一色となった。

ーー以下「松山昭彦ブログ」より抜粋編集

政治は一寸先は闇。

今後どうなるか結果が出るのは10月22日のことだ。

民進党が崩壊したので、自民党と「希望の党」の対決になるだろう。

しかし「希望の党」の北朝鮮に対する対応、米国・インドなどとの連携、つまり日本の安全保障については未知数のままだ。

また小池代表は小泉元首相との会談で「脱原発」を言い出すと、自身の公式ホームページの「核武装の選択肢は充分あり得る」を削除した。

ーー

小池氏の政治手法は、国民のウケを狙ったものである。

例えば、築地の豊洲移転は、莫大な維持費だけを消耗し、宙に浮いたままだ。

また東京オリンピックの主催者であるとして前面に出てきたものの、運営面で混乱している。

つまり、小池氏の政治手腕はその場限りの底の浅いものであると言えよう。

ーー

もし女史が都政で見せたような政治を国政の場でやったら、日本が直面している国難は到底乗り切れまい。

それを考えれば、安倍自民党しかこの国難を突破することは困難だ。

ーー抜粋ここまで

小坪しんや氏が票取りの予測をしているので以下にお目に掛ける。

ーー以下「小坪しんやブログ」より抜粋編集

民進党は、代表の前原氏が「無所属出馬する」と表明した。

まさに沈没する船に乗客を残したまま、真っ先に船長が逃げ出すような状況になっている。

つまり民進党は消滅だ。

ーー

ここでにわかに脚光を浴びているのが小池氏の「希望の党」だ。

メディアが反安倍の立場から、「希望」を持ちあげている。

「希望の党」の公認と成れば、「知名度のない人」までも当選するだろう。

「安倍やめろ」勢力の、必死の思いが「小池押し」に転換されるからだ。

しかも連合が「希望」へと動く。

つまり連合が、「希望」の比例議席を増やす。

「希望」候補は、小選挙区で落選しても、比例で復活する者が量産されるように思う。

ーー

かつてメディアは、「政権交代」を煽り、それを実現するほどの力を持っていた。

しかしネット環境の出現によって、力を削がれ、もはや往時の力はない。

それでも、ネットとテレビでは、視聴者の人数に圧倒的な差がある。

ネットには、テレビのように世論を動かす程の力はない。

いまのところネットの力は、せいぜい「誤報を指摘する」程度だ。

メディアの力はまだまた侮れないということだ。

ーー

公明党は、比例票のみを求める傾向にある。

が、自民支持層から入る票が減少する可能性が出てきている。

選挙結果次第では、自・公の連立にもヒビが入るような気がする。

ーー

対して集票組織を持つ共産党は、他党の人選の失敗などが必ずあるので横ばい、もしくは微増となろう。

ーー

維新は大阪では力があるが、全国区では話題にもされない、このままでは崩壊する。

この選挙は、崩壊する民進・維新の議席をどこが取るか、となろう。

ーー

さて安倍自民だが、学費無料化の原資に消費税増税を打ち出し、さっそく「希望」に「増税しない」と対抗されている。

増税を掲げての勝利は難しい。

これでは、比例でも勝てない人が出てくるはず。

小選挙区での敗退もそれなりの数になりそうだ。

安倍支持者は必死になって頑張らないと現有議席の維持さえ難しくなる。

ーー

さらに安倍氏は、「改憲」つまり、自衛隊を9条に書き加える方針を表明するはずだ。

憲法改正は安全保障と一体のものなので、これは国民が理解さえすれば支持されるはずだ。

民進が滅び、結果として連合票が「希望」に乗る。

「希望」も改憲を主張しているので、労組の票が、護憲から「改憲」へと移行することに成る。

しかし改憲出来なければ、つまり、自民が主導権を握れなければ、保守の負けであろう。

ーー

票読みは、以下か?
希望 躍進
維新 壊滅
民進 消滅
公明 微減
自民 微減

ーー

消費税増税(これは学費無料化の原資になる)
憲法改正(自衛隊を憲法に書き加える)

これらを国民に理解してもらうことができれば勝ち目が出てくる。

この選挙に勝てば、安倍さんは「日本を取り戻す」の仕上げとして、いよいよ憲法改正に手をつける。

国民の大きな支持を得て安倍さんの「日本を取り戻す」夢を実現したいものだ。

ーー抜粋ここまで

民進党が事実上の解党を決定した。

民進党に対するネットの評価は、朝鮮傀儡政権(民主党)の残党である。

その証拠に2重国籍・支那工作員の謝蓮舫を党首に選んでいる。

これでは選挙に勝てない。

ーー

そう考えた前原氏ら民進党幹部の思惑は、これまで支那・朝鮮工作員疑惑のあった人たちを切り捨て、自分たちだけ生き残ることだろう。

実際前原氏は民進党の看板では勝てないと考えているようで、無所属で選挙を戦うと宣言している。

民進党では勝てない、それが「希望の党」に移るという話になっている。

つまり、あとは民進党議員のどれだけが「希望の党」に移れるかだ。

ーー

小池氏の「希望の党」は憲法改正と安全法制への賛成を掲げている。

一方、民進党は、護憲かつ安全法制反対の立場である。

つまり民進党議員が「希望の党」に移るのは難しい。

もし全員が「希望の党」に移れば、希望の党は「民進党」が名前を変えただけに成る。

しかし名前を変えただけ、つまり「第2民進党」と言われるようになれば、これまた選挙に勝てない。

それほどに民進党は評判が悪いのだ。

ーー

だから「希望の党」は入党の条件に憲法改正と安全法制への賛成を掲げることだろう。

しかし改憲については、自民党とは内容を変えて、自民党案に反対するのだろう。

ーー以下「宮崎正弘ブログ、読者の声(加藤清隆)」より抜粋引用

私はこれまでの取材を通じて、彼女(小池代表)の政治家としての戦術やしたたかさについては非凡なものがあると評価している。

しかし、理念や志、国家指導者としての器量などとなると一切認められない。

要するにその時々の権力者にすり寄る術と自己アピール術に長けた権力の亡者に過ぎなかった

ーー

「第2民進党」ということは、3年3カ月のあの悪夢の「民主党政権」の再現ということである。

朝鮮半島で戦火が上がる可能性もある今、このような無責任な政党に政権を委ねる訳にはいかない。

過去の例を見ると、新党は最初の1回だけはブームを呼ぶことが多い。

しかし小池氏の作り笑顔の下には、消えたはずの「民主党」という悪魔の顔が隠れている。

絶対にこのような党の跳梁跋扈を許してはならない。

« 確かに世界には近代の法治世界を理解できない人々がいるのである | トップページ | 在日・反日勢力を冷徹に排除する以外、「希望の党」が日本人の希望となる事は決してない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 前原民進党代表の自党評価は、ネットでのそれと殆ど同じで、外国勢力からの傀儡集団の残党と云う程度のモノであった様だ。 流石に、枝野や管、岡田、と云った、その残党共とは一線を画して居ただけに計算が早かった、と看るべきダロウ。 事実上の解党である。それも自身すら無所属で立候補するとは前代未聞の話だ。 所謂、専従上がりの旧社会党構成メンバーは、この変化には到底対応できまい。 連合がバックアップした所で、希望の党の入り口ではねられては御終いだからだ。

 小池代表の集票力だけが目当てにしか見えないが、小池代表はこの1年間で、其の集票力を落とす事はしても、上げる様な事はしていない。 都知事の職を全うする姿勢を早く出して居れば、未だよかったが、マスコミに都知事辞任〜衆院選立候補の可能性を書き立てられたから、無責任と云う決定的な悪評価が浮上している。 実際、この一年で彼女は何も決めて居ず、全て先送りか、前案のママ、という有様で、改革などどこにもない 是を、反安倍政権の対立軸にしようと考える、マスコミ自体の見識を問わねばなるまい。

 さて、安倍政権側であるが、今後10年で米国から日本が、期待されている防衛予算の増額分は5兆円~10兆円程度と思われる。 それは米国の経済的環境の悪化の所為で、軍事予算の切り詰め→極東防衛の弱体化→日本独自の戦力の強化要請につながる展開の所為もあるが、朝鮮の暴走、シナやロシアの国力低下による軍事依存への高まり、韓国の左傾化と、日本を取り巻く環境は日々刻々と変わりつつあるのだ。 つまり是までの70年間、バランスを保ってきた、極東防衛体制が大きく変わりつつあるのである、と考えるべきダロウ。

 俯瞰して看るに、安倍政権はこの事態を予測して居て、既に新たな日本の防衛体制を外交面では築きつつある。

 然し、選挙公約には、消費税10%へのアップが掲げられている。 増税は、景気判断を指標とするのが鉄則だが、現状の景気は、5→8%へのアップ直後の腰折れから復活したとは言えない情況だろう。 安倍氏は実は、そこを狙っているのかもしれないが、防衛予算の大幅増額が予想されるのに、2%の増税すら出来ない情況では、その原資は? と突っ込まれるのが落ちである。 軍事予算の拡大に使うのだろうと云う共産党の追及が目に見える様だ。 

 然し防衛は国の浮沈に関わり、是を怠れば国家の未来も危うい、のは、戦前と同じだろう。 未だ、治安維持法が無い分、共産党は、ましなのではないか、戦前なら、刑務所行きの人士は山ほどいる。

 実際に、国内の反動分子を抑え込み軍事拡大を強行すれば、批判は特亜のみならず欧州からも出てくるだろう。 然し、シナの軍事予算は、この30年で数十倍に膨れ上がって、実質米国に次ぐ規模になって居るのである。

 一方で米国の軍事体制は、縮小を議無くされている。 軍事的なバランスでしか平和を維持できないのが真実ならば、極東に開いた米軍の穴を埋めるに、日本への軍備増強要求は、予想以上に厳しいモノに成るダロウ。 今こそ其処を国民に知らしめて、国民の国防への覚醒を促さねばならない、のである。九条と同じでスローガンだけでは屁のツッパリにもならない

仕事に実績が、無いのに女史は、不要。
こう言う人間いるよね。
国民の人間を見る真贋が、無い事が良く解る。
経験しないと解らないのかもしれない。
国の事を真剣に考えていないから、国民も適当になりがち。
ガツンと打ち込まれないとシャキッと脊髄反射しないのかもね。
アメリカも何時までも守る事は、しない。
アメリカが作った自立しない国を守る力が、無くなっている。
憲法改正して初めてアメリカと対等に動けるようになる。
その時期に来ている。

前原民進党代表は民進党を解体して、これをそのまま希望の党に移籍し、希望の党から衆議院選挙から出馬するつもりでいたようです。

これで、民進党での了解を取り付けたら、希望の党から入党条件に、憲法改正と安全法制への賛成を条件付けられました。
これによって、希望の党行きの議員は一割程度減るとのことです。それに、追加で、元首相の2名も駄目と言われています。

この一割の議員ですが、昨日のテレビを見る限りでは、明らかに安保条約に反対していた議員でも、見事に主旨替えをする感じです(これまでの、数々の発言は何だったのかと思います。)。
もっとも、選挙が終わって当選した場合には、元の主義に戻っている可能性もあります。

前原代表自体は、無所属で出るとのことですが、これについて、前原氏は、前回も前々回も圧勝しているのですから、絶対的な自信を持っていると思います。
もっとも、選挙後に希望の党へ入党することについては、何の言及も無かったように思います。

ところで、民進党の一割の議員で主旨替えすると言っても希望の党に受け入れられなかった議員と、主旨替えすると言っても無駄だと考えた議員ですけれど、前川代表がこれまで言っていたことでは、無所属で選挙に出ることになります。

これは、本当かと思います。
文字通りの第2民進党で選挙に打って出るか、これまでの民進党から出ることになるのが、現実的な選択ではないでしょうか。
この選択は、以外に数字以上の勢力になるのです。
その理由は、前原氏はこれまでのところ、衆議院議員のことしか発言していません、そして、民進党には参議院議員が30人以上も残っていますが、彼等は政党助成金の後始末も兼ねて、当分の間、在籍するのです。
ここに、残ることを画策する議員がいても不思議ではありません(民進党はこのことを一言も言ってませんから、大外れの可能性は大きいです。)。
でも、前原代表は全員が希望の党へ移籍すると約束したのに、それができなかったのは誰の責任だと糾弾すれば、可能性がゼロとは言えないと思います。


しかし、アトで刺客を送ると言われた細野議員が、希望の党に合流したいと希望する民進党議員の選定をするのは、面白い構図だと思います。

政治政策について何も考える気になれないのは、民進党議員が移籍のことだけを考える様を見ていて、どうにもなりません。

日本の政治には、本当に日本のことを考える政治家が必要です。
これを実現するには何が必要なのか、又は、何をするといけないのかを考えなければならないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確かに世界には近代の法治世界を理解できない人々がいるのである | トップページ | 在日・反日勢力を冷徹に排除する以外、「希望の党」が日本人の希望となる事は決してない »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31