無料ブログはココログ

« 通州事件を連想させる一切の建物は取り壊され欠片(かけら)も残っていない | トップページ | 大東亜戦争は日本にとっては「正義の戦い」であり、東京裁判はインチキであり、さらに南京大虐殺はなかった »

2017年7月25日 (火)

女史は、二重国籍ではないと有権者を騙して投票を得て、参議院議員に成った

ーー以下「ZAKZAK、ケント・ギルバートコラム」より抜粋編集

蓮舫氏が昨年9月、党代表選に立候補した際、台湾との「二重国籍」疑惑が指摘された。

当初、蓮舫氏はきっぱり否定したが、その後、二転三転した。

そしてこの18日に、自身の「二重国籍」問題について、記者会見を開いて釈明した。

それが過去の発言とも明らかに矛盾していた。

ーー

つまり蓮舫氏は「嘘つきで不誠実だ」と思われた。

私自身は政治家の資質に必ずしも正直さを求めないが、誠実さは重要だと思う。

付き合う相手に正直や誠実を求める日本人が、女史に不信感を抱いたのは当然である。

ーー

今回の会見で、明確にしておくべき論点が1つある。

蓮舫氏は戸籍謄本の一部を公開することについて、「私を最後にしてほしい」と発言したのだ。

これは、差別主義者や排外主義者の圧力があったかのような発言だ。

朝日新聞や毎日新聞も似たような論旨を展開した。

私には「論点のすり替え」にしか見えず不誠実に思えた。

ーー

日本と米国の「二重国籍」状態だった自民党の小野田紀美参院議員は、米国籍離脱手続きの完了後、戸籍謄本を公開した。

戸籍謄本が日本国籍の選択日が分かる唯一の証明書だからである。

人々が小野田氏と同じ行動を蓮舫氏に求めたのは自然な流れである。

小野田氏はツイッターで、「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。(中略)合法か違法かの話です」と指摘した。

結局、蓮舫氏は民主党政権時代、法律に違反した状態で国務大臣を務めていたことになる。

立件の可能性は低いが、今後同様のケースを避けたければ、現行法の穴を埋め、運用や処罰基準を明確化する音頭を、自ら取ればいい。

ーー

日本では、蓮舫氏だけでなく、複数の国会議員が、反日活動をしているように思える。

特に、民進党は南北朝鮮や、中華人民共和国(PRC)の反日活動に同調しているように見えるのだ。

それは彼等が日本国民を守るための安全保障法制に対案も出さずに反対している事から分かる。

国会議員とは選挙で選ばれた「全国民の代表」であり、日本の国益のために全力を尽くすことが求められる。

その意味で民進党議員は、「政治家の資質」を疑問視されている。

ーー

このような民進党への日本国民の不信感が、蓮舫氏の「二重国籍」騒動の根底にあったと言えよう。

ーー抜粋ここまで

148 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/22(土) 21:42:29.46 ID:/dcGjiQa.net

ケントは朝日が慰安婦についての誤報を認めるまでは、日本を叩く側だった。

日本の大手新聞社が自国にとって不利な情報を証拠も無しに垂れ流すとは思わなかった。

ところが調べてみると誤報だった。

そこから日本左派メディアへの不信感が生まれた。

自分で調べれば調べる程日本左派メディアへの不信感が増幅された。

ーー

そしてケント氏は理由はよく分からないとしながら、左派メディアが、「森友学園問題」や「加計学園問題」を捏造して安倍攻撃をしているとし、

左派メディアにとって不都合な、加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事や、国家戦略特区作業部会の原英史委員の主張を報道しなかったのには心底あきれた、と書いている。

左派メディアは「報道しない自由」を振り回し、「論点のすり替え」をしたのだ。

こうして左派メディアは影響力を失っていく。

左派メディアよ、なぜ死に急ぐのか、と。

ーー以下「鈴木傾城ブログ」より抜粋編集

日本は二重国籍を認めていない。

二重国籍の村田蓮舫に、有権者が票を入れることはない。

しかし女史は、二重国籍ではないと有権者を騙して投票を得て、参議院議員に成った。

有権者は、女史に「二重国籍ではないという証拠(戸籍謄本)を提示して欲しい」といった。

すると女子は、そんな有権者を「差別主義者・排外主義者」と呼んだ。

投票してくれた有権者にその発言は無いだろう。

有権者を騙した女史にこそ非があるからだ。

ーー以下「余命ブログ」より抜粋編集

半島国家は歴史のねつ造を国策としている。

朝鮮戦争後の建国以来わずかに64年。

両国とも、今や支那の属国状態なのだが、朝鮮半島はずっとそのような状態だった。

巷間、日韓戦争が話題となっているが、これは可能性が低い。

過去ログ「兵の強弱と全滅の定義」の中でふれているが、民族性は簡単には変わらないからだ。

ーー

現在、治安関係筋の対外軍事懇談会で話題となるのは、半島有事における中立宣言の模索と難民問題である。

有事における対応はメデイア殲滅、南北朝鮮人の隔離・収容、中立の宣言である。

前回の戦訓から、半島有事は、北が1日でソウルを壊滅させ一気に南進という形になるだろう。

韓国陸軍は全滅、海空軍の一部は日本に逃げ込み武装解除となる。

まあ、1週間で終わる。

日本は韓国を助けないよ。

« 通州事件を連想させる一切の建物は取り壊され欠片(かけら)も残っていない | トップページ | 大東亜戦争は日本にとっては「正義の戦い」であり、東京裁判はインチキであり、さらに南京大虐殺はなかった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通州事件を連想させる一切の建物は取り壊され欠片(かけら)も残っていない | トップページ | 大東亜戦争は日本にとっては「正義の戦い」であり、東京裁判はインチキであり、さらに南京大虐殺はなかった »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31