無料ブログはココログ

« 日本の国力は経済、いや文化です、それが第一です | トップページ | 一群の学者とメディアが、これらの事実を今も報道しないで隠しているのである »

2017年7月17日 (月)

過去数十年に我々が見てきたものは、『力による平和』であって、それが冷戦に打ち勝つ鍵でもあった

ーー以下「宮崎正弘ブログ、読者の声」より抜粋編集

ジェームズ・A・ライヤン「力で北朝鮮と対峙せよ」(ワシントンタイムズ、7月12日)

退役海軍提督(元太平洋艦隊司令官。元国連米国軍事上級代表)

ーー以下邦訳抜粋

北朝鮮は、7月4日、ICBM (大陸間弾道弾)を開発し、試射に成功したと公表した。

それは我々アメリカの同盟諸国だけでなく、アラスカもまた爆撃する潜在力をもつ。

この試射に至るまで、トランプ大統領をふくむ過去5代の米政権は、支那が北の核兵器開発を制御できると考え、支那にそうするよう求めてきた。

しかしその考えは間違っている。

それをはっきりさせたい。

ーー

先日の北の大陸間弾道弾は16輪式、路上移動式、かつ可搬式発射台を装備した車両により試射された。

この車両は、支那が提供したものだ。

日本からの報道によれば、北には8台の支那提供の発射台がある。

支・露は北朝鮮が試射した日に、「米が南との大規模軍事演習をやめれば、北の核と弾道弾の試射を凍結(解体ではない)させる」との共同声明を発表した。

この事実は、支・露が事前に北から試射の告知を得ていたことをものがたる。

ーー

これらの事実は、支・露が、北の核兵器開発を支援していることを示すものだ。

さらに他の情報から、北はイランの国外核兵器開発地であり、実験場である。

ーー

そして忘れてならないことは、支那が、第一列島線全体の覇権を追求していることだ。

そこには台湾が含まれる。

次いで支那は、第二列島線を狙い、そこにはグアムが含まれている。

支那は、これら戦略目標を、アメリカが軍事的優位に立たない以上、放棄することはない。

ーー

支・露は、北に核を持たせることで、太平洋全体におけるアメリカの影響力を、衰退させることを企図していると言えよう。

ーー

しかもこの支・露の「軍事演習を止めろ」共同声明は、傷口に塩を塗り込むような提案だ。

と言うのも、この軍事演習は、過去50年にわたり南の安全を保障してきたからだ。

何故我々はこれを変えなければならないのだ? 

北京は、我々が米南軍事演習を止めないことを知りながら、恐らく国内に向けて言っているのだ。

ーー

文在寅大統領は、7月6日、北との対話を提案し、金正恩に会う用意があると言明した。

さらに、和解するため、いっそうの経済協力と家族合流の再開を呼びかけた。

しかし対北融和は、これまで南の安全保障を弱体化しただけだった。

悪事をはたらいた全体主義政権に報酬をやることはない。

残念だが、文氏に得るものはない。

ーー

ポーランドのアンジェイ・ドゥーダ大統領とワルシャワでの会見の中で、トランプ大統領は、「かなり厳しい事」を考慮していると言明した。

大統領は、以前に支那が問題解決に失敗したので、我々はそれを自分自身でやらねばならないとも言った。

過去数十年に我々が見てきたものは、『力による平和』であって、それが冷戦に打ち勝つ鍵でもあった。

北に核開発を止めさせるのも、『力による』以外ないということだ。

ーー

現在の状況を変える為に、我々は南から米軍家族を退避させる計画を提案する。

米軍家族という『人質』を除去することで、我々の軍事作戦がより自由になる。

アメリカの軍人家族、扶養関連のすべてを南から退避させる。

その時間稼ぎのために、我々は西太平洋において軍事力を増強すべきなのだ。

ーー

これには2〜3の強襲艦群や空軍の爆撃部隊と、24戦闘部隊に付随した支援隊を含む。

我々はまた戦術核兵器を南に再導入するだけでなく、前線で展開する潜水艦に搭載することも計画する。

破壊計画は巡航ミサイル搭載の艦船を提供するためであり、これも軍事拡張の一環である。

その全体計画の中には、同盟国との調整要因が盛り込まれるべきである。

その意味で台湾のための軍備拡張もまた計画されるべきだ。

ーー

北に対しては、核武装を容認しないと、明言する。

そして北が、核計画を解体しなければ、我々が破壊するべきなのだ。

(訳 インパクトジャパン)


(宮崎正弘のコメント7/15)日本のメディアではお目にかかれないアメリカ軍人の意見です。しかもライヤン提督は、いまのハリー・ハリス太平洋艦隊司令官のポストにあった人で、はるかに先輩、ペンタゴンに意見できる元高官です。

(宮崎正弘のコメント7/16)ライヤン提督ですが、十年ほど前まではよく日本に来られたので、小生も何回か、おそらく十数回食事したり、議論したりしました。常宿は広尾の新山王ホテル、あそこのバアはドル建て、然しホテルより町中がお好きでしたね。いつもにこやかで、アメリカ軍人の鏡のような、寛大で知性のある人です。

« 日本の国力は経済、いや文化です、それが第一です | トップページ | 一群の学者とメディアが、これらの事実を今も報道しないで隠しているのである »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の国力は経済、いや文化です、それが第一です | トップページ | 一群の学者とメディアが、これらの事実を今も報道しないで隠しているのである »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31