無料ブログはココログ

« 民進党は、「約束は相手に守らせるもの。自分達は約束を守る必要はない」と考えているのです | トップページ | 朝鮮人らは、国家存立のためには、国家間条約は、どんなことがあっても果たさなければならないということさえ理解できていない »

2017年6月21日 (水)

彼等には、もはや国益、つまり日本国民の生命や財産などどうでも良いのである

ーー以下「鈴木傾城ブログ」より抜粋編集

日本には、日本人や日本国の名声を貶(おとし)め、その繁栄を毀損しようとする在日・反日勢力が存在する。

彼等は、世界戦Ⅱに負けた日本が占領下にあったとき、占領軍の旧体制破壊政策に協力することで敗戦利得を得た人たちなのである。

占領軍は、旧体制を支えていた人たち20万人以上を公職から追放した。

その際、追放すべき人物の名簿を作成し、代わりに彼らがその公職に就いたのであった。

それゆえ彼等にとっては、安倍首相に「日本をとりもどす」ことなど、されてはならないのである。

ーー

在日・反日勢力が支配するメディアは、それゆえ、朝から晩まで、手を変え品を変え、捏造や歪曲や強弁でずっと現政権批判を続けている。

今や自国だけで、侵略戦争から自国を守ることは不可能な状況なので、どの国も、集団的自衛権を行使するとして、軍事同盟関係にある。

ところが日本メディアは、集団的自衛権は憲法上認められない、というような世論操作に明け暮れていたのである。

彼等には、もはや国益、つまり日本国民の生命や財産などどうでも良いのである。

ーー

またテロ等準備罪も、この法が整備されていなければ、組織犯罪を防止するための国際条約・パレルモ条約を締結することができず、日本の国益を毀損してしまうところだったのである。

というのも、2008年にOECDの金融活動作業部会FATFがパレルモ条約を締結出来ないのなら、国際金融業務から日本を排除するとの勧告を出したからなのである。

ところが、日本共産党は、党の綱領に暴力(テロ)による政権奪取をかかげており、テロ等準備罪に抵触してしまうのである。

そのため、国益などもともと考えていない共産党は、反日メディアと一緒になって、テロ等準備罪に共謀罪とレッテルを貼り反対したのであった。

在日・反日勢力も、日本国益を毀損しようとして、劣化左翼や工作員に共謀罪反対デモをさせた。

在日・反日勢力が支配するテレビでは、自分たちに都合の良いことを話す人間たちに反対させたのだった。

ーー

ところが、ネットでは、日本の多くのメディアが、在日・反日勢力の支配下にあり、支那・南北朝鮮の利益のために世論操作をしていることが知られている。

そしてネット上では多くの日本国民から、「マスゴミ」と吐き捨てられている。

日本人は、メディアで、在日・反日勢力が垂れ流す偏向報道に、もはや爆発寸前だ。

ーー

例えば、ネットでは報道されているのに、メディアが報道しない情報がある。

つまりメディアは、「報道しない自由」を行使しているのである。

朝日新聞や毎日新聞は、人権を守れだとか、人種差別をなくせとわめくのだが、支那人が、チベット人やウイグル人の人権を無視し、人種差別をしている事実を報道しない。

一億人以上を餓死や虐殺した文化大革命、あるいは反対する学生を戦車でひき殺した天安門事件には言及しようともしない。

これでは反日メディアは、支那共産党から、宣伝活動費をもらっているのではないかと疑われても仕方あるまい。

ーー

あるいは韓国人が、世界各地で日本人に成りすまして悪事を行って、日本人の名誉を傷つけていることも報じないのである。

韓国人の反日というのはまさに日本人に対する公然とした差別なのだが、それを問題視することもない。

さらに北朝鮮内部で起きている国家規模の国民弾圧や強制収容所における人権侵害も報道しようとしない。

北朝鮮の政権がどんなに人権侵害しても、日本メディアは無視する。

そんなことは全く起きていないかのようである。

逆に、日本メディアは、従軍慰安婦や南京大虐殺を捏造して、日本人に罪悪感を抱かせようとしているのである。

狂っているとしか言いようがない。

ーー

日本国内の犯罪に関しても、日本メディアは、それが、在日がらみだと、すぐに報道しなくなる。

たとえば、2013年5月22日、大阪府大阪市生野区新今里で発生した、在日朝鮮人による通り魔事件があった。

康桂善という在日男が「生粋の日本人ですか?」と尋ねて次々とナイフで突き刺す凄惨な事件だった。

これは日本人に対する凄まじい憎悪犯罪(ヘイトクライム)であった。

にも関わらず、マスコミは後追い記事も出さなければ、2013年11月に殺人不起訴になったことも報道しなかった。

ーー

朝日新聞は在日が犯罪を犯しても、それを日本名(通名)で報道する。

朝日新聞を読むと、日本人が犯罪を犯しているように見える。

しかし、実際はそうではない場合が多いということだ。

ーー

2016年12月11日、大阪浪速区JR新今宮駅ホームで日本人女性を突き落とした男がいた。

朝日新聞は「中川晃大」という名前で報じた。

しかし、この男の本名は「裴晃大」という在日であった。

では通名を持たない在日が犯罪を犯すと、どうするのか。

朝日新聞は、記事にしないのである。

たとえば、大阪生野区で偽ブランドを販売していた姉妹が2016年5月2日に逮捕された。

この姉妹が通名を持たなかったために、朝日新聞は記事にしなかったのである。

ーー

朝日新聞記者は、自らサンゴを傷つけて「日本人は精神が貧困だ」とか「心がすさんでいる」とか書いて悦に入っていたりする。

(全く狂っている)

吉田清治のような「背乗り疑惑」のある男の作文、「日本軍人が朝鮮女を強制連行した」を垂れ流したのも朝日新聞だ。

日本人の多くがもう朝日新聞記事を全く信用していないのである。

ーー

日本のメディアは、在日・反日勢力に支配されているのである。

テレビ局には、日本人ではない人間が大量に紛れ込んで、番組を作っている。

彼等は、スポーツの世界大会で日本人が優勝しても、国歌斉唱・国旗掲揚を見せようとしない。

そして彼らは、ネット上に何度も証拠の写真と共に指摘されているように、自作自演、やらせ、仕込みで世論操作をしているのである。

ーー

しかもこうした狂ったメディアは、朝日新聞だけではない。

毎日新聞も、東京新聞も、各種地方新聞にも、多くの在日・反日記者が潜んでいて、日本の国益を毀損し続けているのである。

ーー

芸人のなかにも、在日が大勢いて、在日を引き上げ、日本人を下げるようなことをやっている。

ニュースは、支那、南北朝鮮上げの意図のもとに作られており、北朝鮮のミサイル発射を繰り返し報道し、進んだ技術だと絶賛するようなことをしている。

討論番組では、支那・南北朝鮮上げを繰り返し報じている。

これまで多くの日本人は大人しくそれを受け入れてきた。

しかし、ネットから情報を得ているような20代から50代の人々は、このような報道に対して、反撥している。

日本人は特定アジアの工作員たちが垂れ流す偏向報道にもはや爆発寸前なのだ。

ーー

4. 名無しさん、2017年06月20日 16:57

  • 一見、「政権対野党とメディア」の構図で延々報道されてるけど、本当はずっと「国民対メディア」なんやで。
  • メディアはガセでも何でも醜聞(スキャンダル)に仕立て上げて報道する。
  • 失言を誘い「ほら失格」と煽る。
  • しかもメディアは市民の声など無視したままだ。
  • こんなことをされては、どんなに国民の為に成る政権であっても、長続きできない。
  • 自民党政権は、ずっとメディアには批判されっぱなし。
  • メディアがよいしょした民主党政権は国民に地獄をもたらした。

    国民は投票で政治には関与できる。
    それで国民は選挙で民主党政権を野党に叩き落とした。

    国民がメディアを批判する方法は、
    テレビなら見ない(宣伝している物を買わない)こと、
    新聞なら購読しないことだ。

    国民を幸せにしないメディアは、つぶすしかない。

    « 民進党は、「約束は相手に守らせるもの。自分達は約束を守る必要はない」と考えているのです | トップページ | 朝鮮人らは、国家存立のためには、国家間条約は、どんなことがあっても果たさなければならないということさえ理解できていない »

    経済・政治・国際」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    « 民進党は、「約束は相手に守らせるもの。自分達は約束を守る必要はない」と考えているのです | トップページ | 朝鮮人らは、国家存立のためには、国家間条約は、どんなことがあっても果たさなければならないということさえ理解できていない »

    2017年10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31