無料ブログはココログ

« 何時の時代も日本人は謙虚な物言いしか出来ないのです | トップページ | 一党独裁の国際主義の『国家体制』は、決して価値ある文化は生まれない »

2017年6月11日 (日)

現行憲法は占領軍が被占領国に強制した法律もどきで、国際法的にも無効である

ーー以下「宮崎正弘ブログ、書評」より抜粋編集qazx

西村幸祐『日本人に「憲法は要らない」』(ベスト新書)

筆者は冒頭に福田恒存著『当用憲法論』より次の言葉を掲げている。

「前文ばかりではない。当用憲法の各条項はすべて同種の死文の堆積です。こんなものを信じたり、有り難がったりする人は、左右を問わず信じる気にはなりません」

現行憲法は、GHQの占領基本法でしかない。

国際法に違反した憲法なのだから廃棄するのがもっとも正しい。

ーー

日本人は17条憲法以来、憲法というのは「教え(憲)の中の教え(法)」と考えてきた。

しかし近代憲法constitutionは、国の形(構造)を規定するものであり、そこには「教え」は存在しないのである。

ーー

西村氏は続ける。

「憲法constitutionについて考えるということは、今後の日本(の形)を考えるということだ」

ところが、戦後七十年、日本で行われてきた憲法議論は、改憲か護憲かという、全く無駄なものだった。

その議論には今後の日本国の形constitutionについての議論は何もないではないか。

国の形としての憲法constitutionなど無くても、日本は古来より日本であり続けてきたではないかと西村氏は指摘するのだ。

「日本はもっと自信を持つべきだ。憲法(the constitution、国の形をきめた文章)など必要としない歴史と文化を、日本は持っている」

つまり現行憲法によって日本国という国の形が決まっているのではない、と。

ーー

嘗て『正論』にアンケートを求められたおりに、評者(宮崎)は以下の様に書いた。

ーー

現行憲法は占領軍が被占領国に強制した法律もどきで、国際法的にも無効である。

独立を達成したのならば自主憲法制定がふさわしい。

とりあえずは十七条憲法と五ヶ条のご誓文にもどり、あとは不文律で良い。

ーーと。

つまり憲法(the constitution、国の形をきめた文章)などは要らないという主旨のことを書いた。

が、まさに西村氏の言っている内容も同じである。

ーー

ーー以下「遠藤健太郎ブログ」より抜粋編集qazx

【日経】自民・二階氏「女性天皇容認を」 
女性宮家創設も求める
2016/8/25 20:01
自民党の二階俊博幹事長は25日、BS朝日の番組収録で「女性尊重の時代に天皇陛下だけはそうならんというのはおかしい。時代遅れのところがある」と述べた。将来は女性天皇や「女性宮家」創設を認めるべきだとの考えを示したものだ。天皇陛下の生前退位に関して「この機会に一緒に議論できればいいが、無理ならば切り離して考えればいい」と指摘した。

ーーここまで引用

二階事務所は、また警察に泣きを入れなければならなくなってもよいのでしょうか。

皇室のことを国会議員が意見できると思っている無知こそがわが国の政治を駄目にしています。

これは「発言してはいけない内容だ」と政策秘書が本人に教えておきなさい。

せっかく私が「何の思想にも拘泥しないただの口利き屋さん」と庇(かば)ってあげている(笑)のに。

また厳しい人たちに怒鳴り込まれ莫迦にされるかもしれませんよ。

ーー

「女性尊重の時代に(中略)時代遅れのところがある」という発言に、この人の口利き屋でしかない無知が垣間見えます。

このような無関係な「女性尊重時代」と「女帝」との結びつけ方は、かつても見られました。

しかし我が国では西暦554年にはもう推古天皇という女帝陛下がおわした。

それに日本国の国体そのものであるご皇室に関しては、時代遅れも何もないのです。

(提言すべきは「女性宮家」創設ではなく、旧宮家の復活だろう)

何も勉強していないこの政治家に対する評価は、ただ哀れという他ありますまい。

« 何時の時代も日本人は謙虚な物言いしか出来ないのです | トップページ | 一党独裁の国際主義の『国家体制』は、決して価値ある文化は生まれない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何時の時代も日本人は謙虚な物言いしか出来ないのです | トップページ | 一党独裁の国際主義の『国家体制』は、決して価値ある文化は生まれない »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31