無料ブログはココログ

« 日本では「謀略のために偽造文書を使う」というような類いの娯楽小説が殆どありませんね | トップページ | 今、あちこちで発狂しているが、すべて対象のみなさんだね »

2017年6月 4日 (日)

どのような人生にも、みな平等に死が訪れる

ーー以下「高須賀ブログ」より抜粋編集

山のあなた(カール・ブッセ 上田敏訳)

山のあなたの空遠く
「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。

噫(ああ)、われひとゝ尋(と)めゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。

山のあなたになほ遠く
「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。

(山の向こうにあると言われて、「幸」を尋ねて行くと、そこでも「幸」は山の向こうにあると言われた)

上田敏のこの名訳によってカール・ブッセの名はドイツよりも日本で有名となった。

ーー

「幸(さいはひ)」はそれではどこにあるのか。

カール・ブッセは、それが日常生活の中にあるということを発見し、詩に詠んだ。

如何なる境遇にあっても「幸(さいはひ)」を感じることができると言うのは大発見である。

それを「山のあなた」という詩で表現したのだった。

ーー

それでは40度の発熱のなかでも「幸(さいはひ)」を感じ取れるかというと難しい。

やはり、健康である時の方が「幸(さいはひ)」を感じやすいだろう。

世界保健機構は、健康には4種類あると言っている。

肉体的、精神的、社会的健康というのは分かるが、もう一つ宗教的健康というのがあるのだという。

聖戦だと言われて、ダイナマイトを体に縛り付けて、肉体もろとも社会を破壊する行為はどう考えても病んでいる。

ーー

やはり「幸(さいはひ)」を感じるためには、健康であったほうが良いようだ。

まず、社会で生活できていること。

そこで大事なことは反社会的宗教団体(カルト)とかかわらないことだ。

社会生活が出来るためには、確固とした人間関係を築かねばならないのだが、これを難しいと感じる人もいる。

そういう人の殆どは、他人の感情に鈍感で、気配りが足らなくて、イジメにあっていたりする。

まあ普通に気配りもでき、他者と人間関係が築ける人は、反社会的宗教にのめり込むこともない。

ーー

それでは、健康な普通の人が「幸(さいはひ)」を感じるのはどういう時なのか。

ーー

それは自己完結とはとても言えないのだが、モテるときと、尊敬されるときだ。

この事実からも人は、社会とかかわってしか生きられないことが分る。

収入という社会が作ったものが上がるとモテるし、尊敬される。

だから、お金持ちに成ろうとして頑張る。

しかし普通、大金持ちは、不幸なのである。

それは彼らがより多くのモテや尊敬を要求するからだ。

ーー

しかし世の中には、金持ちがモテたり、尊敬されたりするのは不平等だとして、金持ちをなくしてしまえという人達がいる。

彼等は、私有資産を無くせば、富の不平等は解消できるという。

しかし革命によって1億人以上を殺害したうえで成立した旧ソ連や現在の共産支那では、政治力をもつものがモテ、尊敬されるようになったのだった。

政治力とはつまり権謀術数のことであり、不平等は少しも解消されなかった。

ーー

小生は、権謀術数の渦巻く、自由・民衆政治・法治が機能していない共産主義社会など、真っ平御免である。

ーー

一方の自由主義社会は、共産主義者から不平等であると非難されている。

(共産主義者らは権謀術数で気に入らない相手を殺し好きなように暮したいのだろう)

この自由主義社会では、確かに金持ちがモテ、尊敬される。

しかし自由・民衆政治・法治が機能している自由主義社会では、金持ちになるのに権謀術数は要らない。

金持ちの程度は、個人の努力や能力(運)で決まるのである。

ーー

堀江貴文氏は、「世の中にはお金で買えるものと、買えないものがある。お金で買えるものは誰に対しても平等に存在する」と言った。

自由主義社会での処世術としては、お金で買える「幸(さいはひ)」で満足しておくのが、身の為なのである。

ーー

さて「幸(さいはひ)」が感じられるように成ったら、その後は一体どうすればよいのか。

「幸(さいはひ)」は、個人の感覚、気分なので、維持するのが難しいのである。

たとえば贅沢についても、毎日が美食だと飽きるように、すぐに感動しなくなる。

昔の人は、儀礼や祭、年中行事などの「非日常」をハレ(晴れ、霽れ)の日とし、普段の生活である「日常」を、ケ(褻)の日と表している。

そしてハレの日だけ贅沢を許していたのだった。

まったくもって「幸(さいはひ)」を感じる方法としてはそのやり方が正しい。

ーー

しかも「幸(さいはひ)」を演出する為にはそんなにお金は要らないのである。

「幸(さいはひ)」とは、いわば自分が心地よいと思える状態なのだ。

だから懐具合(ふところぐあい)に応じて、「自分が心地よいと思える状態」を好きなように演出すればよい。

だから誰にでも「幸(さいはひ)」を演出することができてしまう。

ーー

そして、どのような人生にも、やがて死が訪れる。

ーー

「幸(さいはひ)」は生きている間に感じなければ意味が無い。

武士の「武士道とは死ぬことと見つけたり」という発見は一種の「幸(さいはひ)」の発見であると思う。

主君のために死ぬ方法を考え尽くすというのも武士にとっての「幸(さいはひ)」の一つだろうからだ。

職人が、技術を磨いて飽きないのも、それが彼にとっての「幸(さいはひ)」であるからだ。

「お金の心配」も「健康上の不安」もない状態でなされる観光旅行は貴重な「幸(さいはひ)」体験の一つとなる。

家族を持って同じ屋根の下で長い間、共に慈(いつく)しみ、悲しみ、喜び、悪意を捨てて生きる。

これも「幸(さいはひ)」体験といえるだろう。

夫婦として暮す体験は、体験してみないかぎり理解できない「幸(さいはひ)」体験といえる。

それぞれの人生は、「幸(さいはひ)」体験をする、唯一無二の場なのである。

ーー

ーー以下「宮崎正弘ブログ、加瀬英明コラム」より抜粋編集

英語のconstitutionは、国体つまりその国の生活文化を記述したものだ。

占領軍が、占領下の日本に強制した「憲法」は、constitutionを翻訳したものであり、そこには、いうまでもないことだが、占領軍の生活文化が記されている。

第13条【個人の尊重・幸福追求権・公共の福祉】
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

ここで「個人」という言葉は明治に入ってから、新しくつくられた訳語だ。

江戸時代が終わるまで、日本人は人と人との絆(きずな)のなかで生きていたから、一人の孤立した人間として人を意識することがなかった。

そのため、「個人」は、今の日本人に対してもしっくりこない。

ここは、「人間の尊重」であるべきだと思う。

ーー

「幸福追求権」にいたっては、日本人としては、おぞましいとおもってしまう。

西洋人が「幸福追求権」を法律によって定めたのは、支配階級による庶民の収奪と搾取が酷かったためだ。

つまり、近代に入って人権や平等が求められるようになってからだ。

ーー

イギリスの詩人ウイリアム・ブレーク(1757年~1827年)は、ロンドンを流れる「テームズ川のほとり、私の出会った顔にはどれも弱々しさと、呪いの烙印(らくいん)が刻まれていた」と嘆いた。

もう一人の著名な作家オリバー・ゴールドスミス(1728年~1774年)は、「富が積まれ、人は衰えゆくところ、国の歩みは道をはずれ、ますます悪の餌食(えじき)となる」と、憤っている。

ーー

明治初年のお雇い外国人の一人だった、イギリスのウイリアム・ディクソンは明治9(1877)年に来日した。

彼は日本について、「日本では西洋の都会にみられる、心労によってひしがれた顔つきなど、まったく見られない。老婆から赤子にいたるまで、誰もがにこやかで満ちたりている。まるで世の中に悲哀など存在しないかのようだ」と、書いた。

世界のなかで江戸時代の日本ほど、庶民が物心ともに豊かで、自由を享受していた社会はなかった。

庶民は武士よりも恵まれた生活を営んでいた。

庶民はよく働き、よく遊んだのだ。

ーー

歌舞伎は世界でもっとも絢爛豪華(けんらんごうか)な舞台芸術だが、庶民のもので、武家は観劇を禁じられていた。

ゆとりがあった庶民は芝居、見世物、辻相撲、落語、楊(よう)弓場(ゆみば)から、活花(いけばな)、茶会、香道、書道、囲碁、将棋、園芸、花火、食べ歩き、団体旅行などの多くの余暇を楽しんだ。

ーー

幸せはあくまでも努力した結果として、ついてくるものだ。

幸せは心のなかにあるもので、物のなかにはない。

それゆえ日本人は、ついこのあいだまで、無事息災(健康で生活に障りがないこと)のありがたさに感謝し、損得で幸せを計ることがなかった。

たしかに、幸福を享受している時には、それは意識されない。

ーー

今日の日本はどうだろうか。

今日の多くの日本人が、幸福追求権の所為か、「人生は楽の連続でなければならない」と、誤解している。

日本の憲法からは日本の文化にもともとない「幸福追求権」を削除すべきだろう。

« 日本では「謀略のために偽造文書を使う」というような類いの娯楽小説が殆どありませんね | トップページ | 今、あちこちで発狂しているが、すべて対象のみなさんだね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自衛隊て飾り物ですか?憲法学者が自衛隊の交戦権を認めないと、現在海外に出ている自衛隊員が、任務中に死亡すれば、内閣総辞職だそうです。どう思いますか

電通はパチンコ関係が、牛耳ってるらしいが、結局はパチンコ関係に日本は乗っ取りにあってたのか?

縦椅子さま

 山のあなた・・・にはじまる懐かしい響き…ずっとあなた(以前)にきいたような、ずっとあなた(先)をも見すかしたような、凄い「あなた」の意味がかけてあるような気がします。
 山のあなたの「あなた」は、単純に・・・「幸」はあなた(彼方)にあるなではなく、あなた(二人称・一人称も含まれる一般の人)の足元にあるのです。--と理解いたしました。

縦椅子さま

 要するに「幸」はずっと以前にもあった。だから詩(うた)があった。現在・現在進行中もある。ずっと先(みらい・)永劫までつづく
・・・どこにでもあるのだから・・・きにしなくてもいいよ・・・もとめすぎないで・・・かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本では「謀略のために偽造文書を使う」というような類いの娯楽小説が殆どありませんね | トップページ | 今、あちこちで発狂しているが、すべて対象のみなさんだね »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31