無料ブログはココログ

« この『実語教』は平安末期に日本で作られたものです | トップページ | 混沌と した世界情勢も国際資本の動きから見ると、よく理解できる »

2017年5月 6日 (土)

日本だけではなく、世界の潮目が変わった

ーー以下「ねずブログ2015/7/20」より抜粋編集qazx

ーー麻生太郎副総理

いま安全保障関連法案が上がりつつある。
誠に喜ばしいことだと思っています。

ちょっと聞くけど、「とんでもねえじゃねえか」って言って事務所で抗議の電話をもらった人。

どれくらい来た?そんなもんか、数十件ね。

普通だいたいね、めちゃめちゃ来るはずなんだ、これ、新聞の言う通りだったら。

だって80%反対してるんだもん。

もっと来なくちゃおかしい。

俺のところだってめちゃめちゃ来るはず。
いつもだったら。

今度も秘書を並べて待った。
でも、ほとんどかかってこない。

(派閥会合のあいさつで)

ーー

これは安保関連法案の採決についてのものです。

実は同じことが「一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会」が今年作成した『新版・新しい歴史教科書』についても起きています。

例年ですと、つくる会が歴史教科書を発表すると、その内容や記述について、いったいどこで調べたのかと思われるほど微に入り細に入りクレームの電話が殺到するのです。

ところが、今年6月1日に新版の教科書を発表して以来、電話が一本も掛かってこない。

説明会を行っても、あきらかなツブシと思われるような質問をしてくる人が誰もいない。

びっくりするほど、何もありません。

ーー

また、原発再稼働反対のときには、国会周辺には在日・反日勢力によるかなり激しいデモがありました。

しかし、今回の安保法案では、主催は10万人と発表したけれど、警察発表では4〜5千人。

当日国会見学に行った人が見たところでは、2〜400人いたかどうかという程度であったのだそうです。

ーー

国会周辺というのはとにかく広いところなのです。

数千人規模のデモといえばなんだかスゴそうですけれど、実際には、ほとんど目立ちません。

だいたい、国会見学にやってくる子供たちだけでも、毎日千人規模でいるわけで、それくらいの人が出てもまったく目立たないくらいなのです。

もちろん数万人規模となれば、かなり目立ちます。

けれど残念ながら、在日・反日勢力は今回の安保関連法案反対運動に、それほど動員ができなかった。

これは、どうやら事実のようです。

ーー

在日・反日勢力のこうしたデモの動員には、裏で日当が支払われています。

当然、抗議の電話や、クレームの手紙、ファックスなども、動員と日当がセットとなっています。

安保への反対デモも、抗議電話も、つくる会の教科書への反対運動も、例外なく動員規模が小さくなってきている。

つまり、在日・反日勢力の資金力が落ちているのです。

ーー

なぜかというと、資金の蛇口が閉められたからです。

その蛇口のありかを、ここで明かすことはできません。

ーー

「反日宣伝のための資金の元栓が閉められた」

もちろん、いくつか井戸は残っています。
水道がなくても、井戸を持っている人はいます。

たとえばメディアは、いまだに反日報道を続けています。

けれどそれについても、不正なお金の流れは、当然国税の査察の対象となっていきます。

いままでは、査察に政治的にストップがかけれられていた。

ところが日本だけではなく、世界の潮目が変わったのです。

ーー

悪さを強いるには、たっぷりのカネが必要です。

そしてカネで動く人は、カネがもらえなくなれば、手のひらを返します。

それが世の常です、日本国内の反日、どこぞの国の軍閥、同じことです。

ーー

そうはいっても、根がなくなるわけではありません。

戦後、細々と忠君愛国心が維持されました。
逆にまだ革命家が細々と活動している。

言論の自由な日本では、反日活動は続く。
それは当分なくなることはないでしょう。

ーー

けれど、反日番組は、秋の番組編成あたりから変わり始め、来春にはおそらく大きな構造変化が起きると思います。

ーー

悪さを強要するには裏カネが必要ですが、今後は、反日活動資金は、ほとんど出なくなることでしょう。

今まで、日本の正しい歴史や、大事な情報は、在日・反日勢力によって封印されてきました。

これからの日本国内には、それら情報が封印を解かれ、怒涛のようにあふれだすと思います。

日本は劇的に変わります。

私達は、いままさに、歴史の転換点にいるのです。

« この『実語教』は平安末期に日本で作られたものです | トップページ | 混沌と した世界情勢も国際資本の動きから見ると、よく理解できる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この『実語教』は平安末期に日本で作られたものです | トップページ | 混沌と した世界情勢も国際資本の動きから見ると、よく理解できる »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30