無料ブログはココログ

« 日本の勤勉革命と英国の産業革命 | トップページ | 戦争の放棄と、その実現を担保する軍事力の保持 »

2017年5月27日 (土)

占領下の言論弾圧通達は無効だ

小生のブログでは、中華人民共和国の名称を、共産支那としている。

国の呼称を漢字で書く以上、意味がある。何しろ中国には、世界の中心と言う意味があり、CHINAを中国と書くと、日本がCHINAの属国のようになってしまうのだ。

そしてこのブログでは、歴史的に大陸に存在した国を単に支那と書くことにしている。

清と共産支那では、支配者の人種が違う、全く別の国だ。

どちらも同じ中国としたのでは、連続した国のような誤解を与える。

しかし大陸に存在した国の総称が要るだろうから、それを支那と書いてきたのだ。英名CHINAの用語法と同じである。

この意見は、兵頭二十八氏の意見を全面的に取り入れたものであることは、以前に説明した。

ところが、共産支那の実状が明らかになるにつれて、同じようなことを言う人が、増えてきた。

その意見の一つを一部変更要約してお目に掛ける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【私の正名論】「支那」は世界の共通語
2008.5.14 03:08評論家・呉智英(くれ・ともふさ)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080514/chn0805140310003-n1.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言葉が正しくないと社会も文化も混乱してしまう。

1949年に大陸に成立した中華人民共和国は、現在中国と書き記されている。

昨夏、中国食品という日本の会社が倒産した。健全な経営の食品会社であったが、農薬汚染食品の輸入会社だと誤解されて製品が売れなくなったのが原因だ。

というのは、いわゆる中国が、農薬まみれの野菜、毒入りギョーザ等で、日本国民の間で、買ってはいけない、食べてはいけない食品の輸出国としてその名を知られてしまったからだ。

ーー

この倒産した会社は、CHINAにあるわけではない。

つまり会社の所在地が日本の中国、広島にあるので、社名が中国食品で何の不思議もない。

中国放送、中国新聞、中国電力、中国ガス、中国銀行…これらは全部日本の中国にある。

岡山や広島や山口など「日本の中央を意味する」中国にある中国何々といった会社や団体が、中華人民共和国が引き起こした不祥事のためにみんな迷惑している。

これが、共産支那という名称であったなら、中国食品も倒産などせずにすんだのかもしれないのだ。

ーー

なぜ、戦前まで支那と呼ばれていたCHINAが、日本で、中国と呼ばれるようになったのか。

1、一つは、支那が、日本に対して「中国」の呼称を強要したことがあげられる。

2、さらに、この国名の強要に対し、昭和二十一年当時、敗戦国であった日本の外務省は、唯々諾々と従い、言論機関にこれを強制したのだ。

3、しかも、日本の自称知識人たちは、これを言論弾圧とは受け取らず、なにか「民主的な」改革だと勘違いしたのである。

ーー

まず「支那」という言葉の禁止は理不尽な言いがかりである。

「支那」という言葉は最初の統一王朝の「秦」(しん)に由来しているからだ。

世界中でその近似音で支那を呼んでいる。英名もCHINAだ。

また日本で「支那」が抹殺されたのは、占領下の昭和二十一年六月の外務省次官・局長通達による。

「今度(このたび)は理屈抜きにして先方の嫌がる文字を使はぬ様(やう)に」

ーー

それでは自称知識人たちは、なぜこの言論弾圧に反対しなかったのか。

それは彼等が、支那人の言い分、「侵略戦争への反省」や「民族差別解消」を受け入れたからだ。

自称知識人たちは、知識人と自称する人達なのであるから、勿論、二十世紀末まで支那を植民地支配していたイギリスでもポルトガルでも「チャイナ」「シーナ」と呼んでいることを知っていた。

また「中国」が「世界の中心」を意味する差別的な言葉であることも知っていた。

それらを知らないふりをしたことは、まことに許し難いことだ。

ーー

ただ、彼等は、外務省通達の存在を、これは本当に知らなかったのである。

私は四十年前の全共闘の学生だったころからこの不合理を批判し、中国は「支那」にせよと言い続けてきた。

最近やっと「支那」解禁の動きが出てきた。

六十二年前の占領下の言論弾圧通達は無効だ。

« 日本の勤勉革命と英国の産業革命 | トップページ | 戦争の放棄と、その実現を担保する軍事力の保持 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の勤勉革命と英国の産業革命 | トップページ | 戦争の放棄と、その実現を担保する軍事力の保持 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31