無料ブログはココログ

« 日本だけではなく、世界の潮目が変わった | トップページ | 現在の日本人とて伊勢神宮に参拝すれば、西行と同様の感激を覚えるでしょう »

2017年5月 7日 (日)

混沌と した世界情勢も国際資本の動きから見ると、よく理解できる

以下「頂門の一針、伊勢雅臣コラム」より抜粋編集

ロシア革命は、ヨーロッパでは、迫害されていたユダヤ人が自らを解放するための「ユダヤ革命」だったと言われている。

こうして出来たソ連が関わった世界戦Ⅱ、シナの国共内戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争の舞台裏を、馬渕氏の著作から見てみたい。

ーー

世界戦Ⅱ、の幕開けは、1917年に始まったロシア革命だった。

事の発端は、18世紀末の、ポー ランドのドイツ、オーストリア、ロシアへの分割であった。

ロシアは同国にいた多くのユダヤ人を帝国内に抱えることになった。

しかし、ユダヤ人はロシアに同化せず、無知なロシア農民を搾取したことから、ロシア農民が集団でユダヤ人を襲うようになっていった。

日露戦争(1904-5年)では、ヤコブ・シフが大量に日本の国債を買って支援し た。

その資金を使って、日本陸軍の明石元二郎大佐はレーニンなどの共産主義勢力に膨大な援助をして革命を煽り、ロシアを背後から動揺させた。

この工作が日露戦争の勝因の一つとなった。

ーー

マルクスを支援していたのが、ロスチャイルドだった。

ロスチャイルドは国際資本家である。

18世紀後半マイアー・アムシェル・ロートシルト(英語読みロスチャイルド)は、銀行家として成功し5人の息子をフラ ンクフルト、ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリの5箇所に住まわせた。

彼は、フランクフルトのゲットー (ユダヤ人隔離居住区)出身で、祖国を持たない故、国家から弾圧されることを恐れて、事業を分散させたのである。

自らの国家を持たないユダヤ人はどこに行っても少数民族で、いつ弾圧されるか分からない。

そ ういう状況で生き延びるためには、国家を超えた力を持つか、民族国家を滅ぼすしかない。

そこにマルクスとロスチャイルドには共通項があった。

共産主義は、共産主義者による大衆支配であり、資本家による大衆支配である国際資本主義と瓜二つだったのだ。

ーー

共産主義は世界でおよそ1億人を殺害したと言われる。

ーー

革命が起こると、ニコライ2世とその家族は殺され、数百万人から一千万人 と言われるロシア人民衆が虐殺された。

ロシア革命はロシア皇帝の圧政に立ち上がったロシア民衆によるものというのが定説だが、それならなぜこんな大規模な粛清が必要だったのか。

ユダヤ革命に反発するロシア民衆をユダヤ人らが弾圧した、と考えると納得がいく。

実際、スイスに亡命していたレーニンをロシアに戻したのは、イギリスのロスチャイルドとアメリカのヤコブ・シフだった。

アメリカにいたトロッキーも、米政府から支給されたパスポートをもってロシアに戻り、革命指導者となった。

2人以外にも、カーメネフ、ジノヴィェフ、ラデック、スヴェルドルフ、 リトヴィノフなど、当時の革命指導者の8割以上がユダヤ人だった。

ーー

トロッキーが政権をとって最初に行ったことは、人民に金(ゴールド)を供出させることだった。

これは、ロマノフ王朝から取り上げた財宝と共に、革命に資金援助をしたユダヤ財閥・国際資本家らへの返済に使われた。

アメリカのオクシデンタル石油会長のアマンド・ハマーもロシア革命を支援し、革命成功後にはすぐにレーニンを訪ねてアメ リカの穀物やトラクターなどを売りつけている。

革命や戦争は国際資本家らにとっては、絶好の収益機会なのである。

ーー

アメリカのフランクリン・デラノ・ルー ズベルト民主党政権は1933年にソ連を承認した。

それまでの4代の大統領は、共産主義がアメリカに浸透することを恐れて承認を拒否していたのである。

ルーズベルトの母親の実家デラノ(ユダヤ)は19世紀にシナにアヘンを売り込んで世界的な大富豪にのし上がった。

また、夫人のエレノアは社会主義者だった。

ルーズベルトは大恐慌に際して、大規模公共投資をするのだが、この時も、政府に資金を貸し付けて大儲けしたのは国際資本家だった。

ルーズベルト政権に多くの共産主義者が入り込み、その政策を親ソ反日にねじ曲げていった。

これは近年公開されたアメリカの機密資料・ベノナ文書などで明らかにされている。

日露戦争の時に反露親日だった米国は、ロシア革命を機に親ソ反日に転換したのである。

ーー

独ソ戦が始まると、ルーズベルト政権はソ連に対して凄まじい軍事支援を行っている。

航空機1万4千7百機(零戦の全生産量に匹敵)、戦車7千両、 装甲車6千3百両、トラック37万5千台、ジープ5万2千台であった。

国際資本家はこれらを生産し売りつけ大儲けしたのである。

更にルーズベルトは、ハルノートで追い詰めた日本に真珠湾攻撃をさせることに成功する。

こうして、米はドイツ戦に参戦する口実をつくり、国民を戦争に引きずり込んだのだ。

当時の米共和党下院リーダー・ハミルトン・フィッシュ議員は、「ルーズ ベルトは、われわれをだまし、いわば裏口からわれわれをドイツとの戦争にまきこんだ」と著書に書いた。

ーー

ルーズベルトは、ヤルタ会談で、樺太・千島列島侵攻を許し、ソ連に満洲での利権を与えるという約束をしていた。

シナ大陸では、国民党と共産党との国共内戦が始まると、ルーズベルトの後をついだトルーマン民主党政権は特使マーシャルを送る。

マーシャルは、国民党軍が優勢になる都度、停戦をもちかけ、その勝利を妨害する。

そして蒋介石への軍事支援を止め、ソ連から支那共産党軍への支援を許した。

ソ連からの支援の中身は、米国がソ連に行った支援物資だった。

米議会が国民党軍への軍事支援を求めると、国民党軍が「共産主義に敗れる恐れはない」と制止し、2年後に共産党軍が優勢となった頃には、支援は手遅れだと否定した。

議会は2億75百万ドルの経済支援と1億25百万ドルの軍事支援を行う案を議決する。

しかしトルーマン政権は、8ヶ月も実施を遅らせ、最初の船積みが行われた時には支那共産党が大勢を決して、中華人民共和国の建国を宣言していた。

トルーマン政権はわざわざ支那大陸をそっくりソ連に贈呈したのである。

ーー

1950年1月12日、マーシャルの後任、アチソン国務長官は「アメリカのアジア地域の防衛線には南朝鮮を含めない」と演説した。

いわゆるアチソ ン・ラインである。

これは共産主義勢力に、南朝鮮が侵略されてもアメリカは関与しない、という意味に解釈された。

北朝鮮はこの発言を受けて、半年後の6月25日に38度線を越えて韓国侵攻を開始した。

朝鮮戦争の始まりである。

ーー

連合国(国連)軍の編成には安全保障理事会の承認が必要だった。

ソ連の外相グロムイコは拒否権を発動すべきだとスターリンに進言した。

するとスターリンは「私の考えでは、ソ連代表は安保理事会に出席すべきではない」と述べたのだった。

朝鮮戦争での連合国(国連)軍は、ソ連の意図的な欠席により生まれたのである。

北朝鮮軍は半島南端の釜山まで韓国軍を追いつめていた。

が、ここでマッ カーサー指揮する連合国(国連)軍が巻き返しを図り、北朝鮮軍を押し返して、支那国境まで追いつめた。

マッカーサーは共産党軍が満洲から北朝鮮に入ってくるのを防ぐために、鴨緑江(おうりょくこう)にかかる橋を爆撃する作戦を立てる。

が、国防長官になっていたマーシャルは、その作戦を拒否する。

そしてマッ カーサーは解任され、後を継いだクラーク将軍は「私には勝利するために 必要な権限も武器・兵員も与えられなかった」と自著のなかで書いた。

3年後スターリンの死とともに、開戦前と変わらないラインで休戦協定が調印された。

この戦争で得をしたのは膨大な軍備・軍需物資を売り抜けた国際資本家らだった。

ーー

ベトナム戦争は、1961年5月にケネディ民主党政権が「軍事顧問団」という名の特殊作戦部隊600名を送り込んで始まった。

その裏では米ソ合意があった。

ベトナム戦争が最も激しさを増した時、1966年10月、ジョンソン民主党政権はソ連に総額3百億ドルを融資した。

ソ連はこの資金を使って、米から「非戦略物資」、石油、航空機部品、レーダー、コンピューター、トラック車両などを輸入した。

そしてソ連はこれら「非戦略物資」を北ベトナムに支援したのだった。

このソ連支援は、結局、ベトナム戦争を長引かせた。

ジョンソン政権の狙いは、戦争を長引かせ、軍備・軍需物資を大量に消費させることにあった。

それによって、国際資本家らを儲け続けさせることに成功している。

ーー

こうしてベトナム戦争は1973年まで10年余続いた。

それまでアメリカ社会の主流を構成していたWASP(白人で、かつア ングロサクソン、プロテスタント)の権威が一気に凋落した。

そして、アメリカ社会を戦争で大儲けしたユダヤ人社会が牛耳るようになったのだった。

カーター政権で国家安全保証を担当していたブレジンスキー大統領補佐官は「WASPの没落のあとに、アメリカ社会で支配的エリートになったのはユダヤ社会である」と述べた。

ーー

アメリカ社会を支配した国際資本家らは、ついで、1991年ソ連を崩壊させて、その天然資源を奪う。

ソ連崩壊後7つの新興財閥が産まれたが、そのうち6つがユダヤ系だったのだ。

「世界の工場」と化している共産支那も、国際資本家らを儲けさせているからこそ存続できているのである。

東西冷戦後の混沌を説く鍵は国際資本の動きであるということになる。

« 日本だけではなく、世界の潮目が変わった | トップページ | 現在の日本人とて伊勢神宮に参拝すれば、西行と同様の感激を覚えるでしょう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

縦椅子さま

 「共産主義は、共産主義者による大衆支配であり、資本家による大衆支配である国際資本主義と瓜二つだったのだ。」

ーーという、目から鱗の見解有難うございます。これによって、「混沌と した世界情勢も国際資本の動きから見ると、よく理解できる」まさにそのとおりですね!
「迫害されていたユダヤ人が自らを解放するためのロシア革命」は『ユダヤ革命』」、「イスラエル建国」あらゆる国際情勢は「国際資本」のお金の動きで説明できますね!
ーー今日は」本当に凄いブログ感激です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本だけではなく、世界の潮目が変わった | トップページ | 現在の日本人とて伊勢神宮に参拝すれば、西行と同様の感激を覚えるでしょう »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30