無料ブログはココログ

« そのときこそトランプは乾坤一擲の勝負にでる可能性が高まります | トップページ | 上位の言うことが正しく、それに従えという »

2017年5月24日 (水)

近代社会を破壊する文明

ーー以下「中韓を知りすぎた男コメント欄」より抜粋編集qazx

どの国にも歴史が有るが、それが貧困や差別、汚職や汚辱に塗(まみ)れていて、直視できないほど酷(ひど)くても、たいていの国は正面から受けて止めている。

ところが、支那・朝鮮人は、其れをやってこなかった。

彼らは、暴力によって、政権を手に入れた人々(それも異民族)が、前政権が築いた文明であっても、それを我が物だと偽って、自分たちの「歴史」に書き加えてきたのである。

そういった行為が何回も続くと、何時(いつ)しか彼らにとっての「歴史」は、政権にとって都合よく書き換え、書き加えるべきものとなった。

そうすることが、支那・朝鮮人の血肉となってしまったようだ。

ーー

日本人が思い描く歴史は、これを「れきし」と別に記さねばならないくらい、支那・朝鮮人にとっての「歴史」とは違ったものとなっている。

日本人にとっての「れきし」は、史実であるのだが、支那・朝鮮人の「歴史」は、作文にすぎないのである。

つまり、小説さながら無価値なものか、その記載内容の大方は疑わしいものなのである。

彼らが誇る数千年にわたる文明が、作文に過ぎないと考えれば、その上に成り立っている現在の文明も、底が浅いものだと言うことに成る。

この事が、彼らが文明を再生はできるが改良・更新する事が出来ない、つまり近代化できないと言うことの理由である。

ーー

例えば朝鮮には、古いものが何もない。

朝鮮人は、それは日帝によって破壊されたと言うのだが、史実ではむしろ日帝が朝鮮の数少ない文化財の保存に努めている。

更には、朝鮮戦争によって朝鮮人自らが文化財を破壊してしまったために、つい百年ほど前の李朝に朝鮮人がどのような生活をしていたかさえも、わからなくなっている。

最近、炎上した南大門の修復をしていたのだが、もう塗装は落ち、材木にはひびが入っている。

このことからも朝鮮人が、祖先から学ぶという価値観を持たないことが分かる。

ーー

朝鮮人は、自分の過去をたぐり寄せ明らかにする資料や文献すら保存できていない。

これでは、支配者に都合の良い物語が作文されても、それが作文だとは立証できなくなってしまう。

2014/03/12(水) 15:37:29|  URL|  ナポレオン・ソロ #90LdKUd6

ーー

朝鮮人は、世界戦Ⅱ後、米国によって国を与えられた。この際も、朝鮮人自身の国を作ろうという渇望は、微塵も起こっていない。

1948年建国直後の1950年に朝鮮戦争が起こった。

戦争は、当事国の正義と正義の戦いでもあるのだが、朝鮮戦争の大義とは、大国同士の正義のぶつかり合いでしかなかった。

そして、犯罪者イ・スンマン李承晩は、この機に乗じて、日本併合後に生じた民主化の芽を朝鮮人虐殺と云う手段を用いて悉(ことごと)く、摘み取り、李朝同様の恐怖政治を人民に強制したのだった。

ーー

朝鮮戦争が休戦となり、このような汚職と腐敗にまみれたイ・スンマン政権をパク・チョンヒ朴正煕が、クーデターで打倒する。

パク・チョンヒは、日本を騙して、基本条約を結び日本から莫大な資金を得て、国家の体裁を整えるのだが、在日朝鮮人に暗殺されてしまう。

すると、史実に学ぶことができない朝鮮人社会は、また再び法治国家とは相いれない中世社会である李朝社会へと回帰してしまった。

ーー

朝鮮人たちは、自らの不幸を他人の所為(せい)にばかりして、「れきし」を直視する勇気を持たない情けない人たちなのである。

そうである以上、朝鮮人社会は、永遠に近代化できないで、中世のまま地に埋もれ、一篇の語り草になるのを待つのみでしょう。

2014/03/14(金) 10:09:35|  URL|  ナポレオン・ソロ #90LdKUd6

« そのときこそトランプは乾坤一擲の勝負にでる可能性が高まります | トップページ | 上位の言うことが正しく、それに従えという »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

朝鮮は、李氏朝鮮が支配者として民のことを全く考えず、収奪のみを行ったため、歪な国となったと思います。

支配者が収奪のみを行えば、民は向上心をなくします。作った物もその結果が我に戻ってこなければ、良い作品を作る必要はなく、支配者が満足する物で良いのです。

そんな時代が700年も続けば、民族として自己の利益以外を信じないことになっても、不思議はないでしょう。

李承晩氏は、元が両班でしたから朝鮮全体の向上を目指した日本を憎んだと思います。
朴正煕氏は、日本を相手にとれる物は何でもとったし、李承晩ラインを引き継いだ日本から見ると酷い大統領でしたが、自らの利益を図らずに国を近代化したことは事実です。

しかし、朴正煕氏が暗殺された後の大統領は、いずれも汚職と賄賂にまみれており、体制は変わっても民族の本質は戻ったように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そのときこそトランプは乾坤一擲の勝負にでる可能性が高まります | トップページ | 上位の言うことが正しく、それに従えという »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31