無料ブログはココログ

« 支那・朝鮮(半島)を近代国家として扱おうとすると、必ず失敗する | トップページ | 京都東山にある正法寺のこと »

2017年5月13日 (土)

いかにも朝鮮人らしい選択だ

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

朝鮮半島には李氏朝鮮時代から続く「三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)」と呼ばれる礼法があります。

朝鮮人の間では、地上における最高の礼とされています。

旧字・禮で分かるように礼とは相手が上位にあることをはっきりと(豊かに)示す行為です。

李氏朝鮮は、高麗の将軍が、明側に寝返って築いた王朝です。

明は、李氏に朝鮮王にする代わりに、明の使者に対して「三跪九叩頭」をするよう強制します。

「跪(き)!」という号令で、ひざまずき、「一叩(いっこう)、二叩(にこう)、三叩(さんこう)」という号令に従って、両手を地面について頭を地面に三度打ち付け、その動作を三度繰り返す。

つまり朝鮮王は、明(清)の使者に対し、500年に渡って、毎年、「三跪九叩頭」を繰り返していたのです。

ーー

なぜ支那人は半島の王に対して「三跪九叩頭」を強制したのか。

それは、支那人から、「朝鮮人は上下でしか関係を理解することができない」と見なされていたからなのです。

朝鮮人は、相手が下だと態度を急変し偉そうにする。

ですから朝鮮人に対しては、常に「上位」を、見せつける必要があった。

朝鮮人らに「同じ人間であり、対等である」という態度を示した瞬間、彼らは自分たちの方が上位だと増長し始める。

上下でしかものごとを把握することができないというのは、そういうことです。

ーー

朝鮮王は支那の使者に「三跪九叩頭」し、美女を献上し、また「大皇帝様へ」美女を性奴隷として献上していました。

「大皇帝様」という言い方は、いまでも「大先生様」という韓流独自の言い方として残っています。

明、清の側の記録には、朝鮮女が、皇帝の子を産んだという記録がみあたりません。

支那においては、皇帝の子でありさえすれば、どんな出自の女性から生まれた子であっても、皇位を継ぐことができました。

しかし朝鮮女との間に生まれた子が皇位を継ぐことはなかった。

献上された朝鮮女たちが、支那でどういう扱いを受け、どう処遇されたかは、悲しい現実として想像するにあまりあります。

ーー

李氏朝鮮の半島は、産業が何もなく、女性くらいしか支那皇帝への献上物がなかった。

そして支那人は、朝鮮人に対しては、すぐに彼らが増長することを、何度も痛いほど経験していたのであろうということが、わかります。

だから、支那がはるかに「上」の存在であることを、王に「三跪九叩頭の礼」をさせ、それを毎年の行事にまでして分からせていた。

ーー

ところが屈辱的な仕打ちも、500年も続くと、作法として常識化して定着します。

誰が見ても卑屈な「三跪九叩頭の礼」が、朝鮮半島の伝統的礼法になってしまった。

明治16(1883)年9月、李氏朝鮮王は米国に全権大使を派遣しました。

その全権大使が、米国アーサー大統領を公式訪問し、米大統領に対し、この「三跪九叩頭の礼」をとったのです。

これは、当時の米国人にとっても、驚くべき惨めな姿であったようで、その様子が新聞でも報道されています。

ーー

要するに、確固たる正しい価値観が教育によって育成されていなければ、人間は、いかなる劣った習慣であっても、それを作法として受け入れてしまうことがある、ということです。

しかも半島の場合、「屈辱」が、いつの間にか「作法」になり、誇らしい「礼法」になったのです。

彼らにとって、屈辱を「屈辱的ではなかった」とするためには、そのようにするかなかった。

ーー

彼らにとっての対等というのは、自分たちが上と考えることに成ります。

彼らも今では対等な国際関係の中で暮すようになっています。

そうなると朝鮮人らは、屈辱的な過去の「事実」が認められなくなる。

それが、彼らが明らかに間違った歴史認識を、他国へも強要しだした理由の一つなのです。

ーー

おかしな文化があったものですが、そんなおかしな文化を持つ国が隣国なのです。

ーー

韓国で親北政権が誕生しました。

半島情勢が緊迫する中、韓国人は、親日・親米の、北と戦える政権を選択することはなかった。

なぜ、韓国人は、親北政権を選択したのか。

朝鮮人は、脅威は土下座すれば回避できる、と考えているからです。

だから北の脅威を土下座して回避してくれる政権を選んだ。

いかにも朝鮮人らしい選択だと言えるでしょう。

« 支那・朝鮮(半島)を近代国家として扱おうとすると、必ず失敗する | トップページ | 京都東山にある正法寺のこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

最近は、国として見るのもおかしいのではないかと思うようになった。
近代国家を自力で作れなかった韓の姿を見れば、そう思われて当然だ。
歴史も出鱈目で反日でしか国を統率できない異常さは、唯一韓だけで有ろう。
この先経済が、壊滅状態になるようで韓が、どのように溶解していくのか見物させてもらいます。

公明党はもとより岸田外相も、安倍首相の憲法改正を20年迄に、公明党は唐突、岸田外相改正する必要なし、拉致被害者家族、咲枝さんが、拉致をした朝鮮総連が、なに食わぬ顔で、日本で活動していると、委員会で証言、戦争しない国は、日本の主権は守らない国だと

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 支那・朝鮮(半島)を近代国家として扱おうとすると、必ず失敗する | トップページ | 京都東山にある正法寺のこと »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30