無料ブログはココログ

« トランプ政権はいま何をしているのか | トップページ | 戦争とは政治の一手段であるにすぎない »

2017年4月 1日 (土)

私心なき人の誠実さは人を感服させ、地の利を味方につけ、天をも動かす

バカマスゴミは日章旗を写そうとしなかったが、それにしても、なでしこジャパンは素晴らしかった。

ーーーーー

さて、日本国や日本人に対する尊敬の念は、例えば、外国旅行をしてみれば良く分かる。特に、日本国籍を新たに取得したアジア人が、その前後の相手の態度の変化に驚くのだという。

特攻隊員となり、この日本国のために命を投げ出して、戦ってくれた人たちがいなかったなら、日本人はこれほど世界中の人たちの尊敬を得られなかったであろう。その勇敢な行為は、尊敬されこそすれ、決してバカにはされていない。

その英霊が、靖国神社に祭られている。しかし、それらの英霊の尊い行為を妬(ねた)み、むしろ愚かな行為にしようと画策する人々が居る。それも、他国の工作員に洗脳されて、自国を悪しざまに罵(ののし)ろうと言うのだから、良識ある日本人からバカにされるのも当然である。

そのような、洗脳され、一人で得意になっている大馬鹿者を、今日はお目に掛ける。何が楽しくて生きているのかも分からない不思議な、哀れな人たちの一人である。例によって、小生が天才と考える人物の、長くて小難しいブログの内容を、要約して、お目に掛ける。

最後のコメントへのブログ主人の返信には、感動させられた。それよりも何よりもこの天才ブログ主人は、故あってブログを閉じられるのだという。詳細は天才ブログをご覧になって欲しい。

ーーーーー

【徹底的改造計画7/14】左翼バカ一代 明治学院大学准教授 長谷川 一の場合http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/ed0812c88d42f8781f510a9d90584d72#comment-list

ーーーーー以下抜粋編集qazx

【長谷川一ブログ7/14】靖国神社みたままつりPosted by: Hajime HasegawaJul 14, 2011 http://swingbooks.jp/2011/07/14/mitama/

靖国に行きたいと学生たちが言いだしたとき、ぼくはひとつ条件を出した。あらかじめ靖国について勉強していくのなら、ということであった。当然といえば当然の話である。そして、学生たちの名誉のためにいっておけば、かれらはこの2週間、よく勉強した。本を探し、読み、発表しあい、いくつかのドキュメンターを見た。

たかだか2週間の勉強で得られる知識などしれているし、付け焼き刃であることは否めない。じっさい、この問題がじぶんたちにダイレクトにつながっているという感覚をもつことはできていないだろう。それでも、かれらの努力は認められてよいとおもう。

それにまた、無知の責任をすべて学生に押しつけるのはまちがっている。こうした事柄についてかれらに語ることをしてこなかったのは、大人のほうだからだ。見ず語らず考えず。学生たちの無知は、現代の日本の社会のあり方のひとつの帰結である。

「みたままつり」のポスターに添えられたコピーは、そのような戦前・戦中期における靖国の性格が、現在においてもまったく変更されていないことを示している。いや、それは絶対に変更されえない性質のものなのだ。なぜなら、それこそが靖国神社の存在理由なのだから。

もちろん、靖国神社をとりまく社会は、かつてとは大きく異なっている。そのなかで、いかにして靖国の本質を「護持」していくか。そのために戦後の靖国神社がとった戦略は、しばしばいわれるように、国家神道をあたかも伝統的な神道と地続きであるかのように偽装することであった。

「みたままつり」とは、そのためのひとつの仕掛けと理解するほかないだろう。さて、そんなわけで、重いものをかかえるような気持ちで、これから靖国神社に出かけていく。願わくは、この重さの幾ばくかでも、学生たちと共有できるようになってくれることを。

ーーーーー徹底的改造計画さんは、

それにしても自身の無知さ加減に気付いていないという真の意味で無知な、こんな業績も何も無い馬鹿ごときに、相手が准教授だというだけの理由で無知呼ばわりされた学生がひたすら哀れでならない。

と書いている。さらには、「みたままつり」に賛同された、心根清き全国の右翼の皆々様。1966年名古屋生まれのコイツは皆様が標的にし、その無知と独善をおちょくって楽しむのにまさに絶好の獲物であります、と。

実際、2chでは以下のように馬鹿者扱いされまくり、おちょくられている。当然であろう。

ーーーーー抜粋編集qazx

18 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:46:31.68 ID:JdjMOFpq0
お前が勉強しろカス。バカサヨの本1冊か糞ドキュメンタリー1本ぐらいで洗脳されたような文章書きやがって。無知なのは46歳にもなっても馬鹿な准教授お前だよ。

28 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:47:37.55 ID:YomTqz+d0
じゃあ世界中で数えきれないほどの人間を殺してきたキリスト教について明治学院大学はどのように考えているのかね。「歴史的に殺戮を繰り返してきた宗教」として、今すぐ、お前が靖国神社に向けたのと同様の論理で排斥してみろ?

52 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:49:58.56 ID:RbPm8X3g0
学べば学ぶほど、愛国者になれるはずなんだがね。この国の歴史は。

53 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:50:01.16 ID:nK8+D08xO
浴衣の美女の微笑んだ写真が、靖国神社の過去の隠蔽工作に見えるのか、もう一歩で統合失調症だなあ。靖国神社の性質を若者が知らないと思ってるような化石男が大学准教授かよ。明学ってクリスチャンだから、宗教に関して排他的なのか?それとも流行りの成りすまし日本人?

84 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:52:13.57 ID:nZOBpGIf0
>帝国主義のために「国民」の生命を動員することを奨励し正当化するための国家宗教装置であり、それゆえに蹂躙された側にとっては侵略の象徴でもあった。

なんかものすごく無知な人じゃないか?同様に例えばソ連に蹂躙されたポーランド国民にとっては、「共産主義は、「国民」の生命を動員することを奨励し正当化するための国家装置であり、それゆえに蹂躙された側にとっては侵略の象徴でもあった」と言えるワナwww

85 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:52:24.51 ID:JbmDOA2B0
生徒は無知だ、オレは何でも知っている面をする前に、彼らの視点で今の靖国を見てみよう、ぐらいな観察眼・向上心なくて教育者を名乗んなよ。

102 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:53:05.52 ID:WttvRXGC0
自分のエゴを押し通すのに子供が悪いだの大人が悪いだのにすり替えてる。バカなんじゃねぇの。卒業式の起立問題もそうだが、こいつらの言い分って卑怯なんだよね。自分のエゴを正義だと嘘をついて押し付けてくる。

108 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:53:31.39 ID:rbe+u7dX0
自分と考えが違うからといって無知だとこき下ろしておいて、課題を出して学生が課題をこなすと、こんどは、その姿を受け入れがたいと言う、その無知と独善振りは、もう救いようがないバカだな。大学という狭い世界にいて、感謝するということを知らないから、いつまで経ってもバカのままなんだよ。

156 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 18:56:22.58 ID:UTkqagtB0
情報の乏しかった昔ならいざ知らず、あらゆる情報が自宅で簡単に手に入る時代にこの無知さ加減は一体何なんだ?ひょっとして、それらを自分なりに考えてこの結論なら、余程の左巻きバカだな。明治学院大学はこんなのでも准教授がつとまるのか?

ーーーーー以下コメント抜粋編集qazx

Unknown (Unknown)2011-07-15 01:27:12

892 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 01:10:00.69 ID:YXRy2Z4o0

昭和26年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会でマッカーサーは「日本のやってたことは侵略じゃなくて自衛だった」と証言している。

ご存知のように大日本帝国を侵略国だと決め付けた唯一の根拠は東京裁判である。この東京裁判が成立しえたのは、主催者であった連合国総司令官マッカーサーにそれだけの権威があったからだ、その権威自身が「あれは自衛だった」と言ったわけだ。

この時点で、侵略国家日本に対するパラダイムの変換が起こるべきだったのだが、この事実は日本国内ではスルーされた。

既に日本国内では、公職追放によって(日本のために頑張ってきた)20万人が追放され、「GHQに都合の良い人間」つまりサヨクや反日のクズに日本国の重要なポストが与えられていたからだ。

利権を手放したくないこいつらがパラダイムの変換を認めるわけがない。それで、あくまで「日本は悪い国だ」「東京裁判は絶対だ」「公職追放も当然だ」と言い、現在も言い続けているわけだ。

なおマッカーサーは同じ日に「太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の政治的過ちは共産主義者を支那において強大にさせたことだと私は考える」と証言している。

ーーーーー

Unknown (Unknown)2011-07-15 01:30:35

936 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 01:13:47.53 ID:YXRy2Z4o0

戦争の勝敗を、「裁判の結果」というペーパー上のモノだけに限定しないで歴史を考察してみるに、「国益の伸張」と「戦争の目的の達成」考えたら、日本は実質戦勝国だ罠(´・ω・`)

・米国の石油禁輸など経済制裁の解除
・ブロック経済圏の打破
・アジアの解放
・止む無き軍拡路線からの解放

止む無き軍拡路線は、ロシア等の共産主義の脅威に対抗するためのものだ。これらすべて達成してるwしかも、天皇家が残るという、守るべき一線はキッチリ守ってるwこの、日本と有色人種の世界に戦後もたらした福音を考え合わせたら日本の軍・民合わせた300万人の犠牲は、決して「無駄死」じゃなかったと評価できるだろうねぇ。

ーーーーー

Unknown (Unknown)2011-07-15 01:37:37

303 :名無しさん@12周年 [sage]:2011/07/15(金) 00:02:01.42 ID:bsueNWfD0

ここ見てると国を守るために戦った兵士と国を戦争に導いたA級戦犯を同一視しちゃってる椰子が多そうで怖い。ここの連中は本当に靖国の背景知ってるのかと、この准教授じゃないけど疑問に思ってしまう

336 :名無しさん@12周年 [sage]:2011/07/15(金) 00:06:41.05 ID:kak2LQN80
>>303 ではA級戦犯について語ってもらおうか

382 :名無しさん@12周年 [sage]:2011/07/15(金) 00:13:10.80 ID:bsueNWfD0
>>336 東條英機を初めとする戦争を引き起こし、自分の気に食わない部下や反論してきた奴を死地に赴かせた鬼畜のことだよ

534 :名無しさん@12周年 [sage]:2011/07/15(金) 00:31:04.63 ID:kak2LQN80
>>382 東條は開戦がほぼ確定したときに、それでもなんとか戦争を回避しようと陸軍を抑えるために抜擢された人物で、そもそも戦争が避けられない状況になったときにたまたま首相だったのが東條というだけのこと、罪は無いワナ。ほれ、ほかのA級戦犯の罪についても語ってみ。

661 :名無しさん@12周年 [sage]:2011/07/15(金) 00:44:15.79 ID:U+x19oSmP
>>534 大戦直前は東條陸軍ほとんどは満州にいってるしな、戦争回避を押していたのは東條だったし、近衛内閣が政治放棄で解散して外圧からの緊急事態になり、海軍大臣が総理大臣に就任するはずが嫌だと言い、このままで勝てるわけがないと東條は戦争回避を変えなかった、この後に海軍は2年持つって海軍大臣がみえはって計画したプランで、東條はやむおえずそれを信じ大臣になった、と記録にのこってるよね。

ID:bsueNWfD0 ← 長谷川君はこの程度の知識すら持たずに学生に説教してんだよね?つまり本格的左巻き馬鹿てことでおk?(笑)

ーーーーー

Unknown (ブログ主人の返信)2011-07-15 09:06:12

敗戦がはからずも開戦の目的を達成する形で結実したのは一見するととても奇妙なことでした。しかし僕はこう思うのです、私心なき人の誠実さは人を感服させ、地の利を味方につけ、天をも動かすと。

乃木希典などに連なり戦場に散っていた日本の軍人たちの無私愛国なる姿勢は、同じ軍人たるマッカーサーの共感を誘い、また自らの身を省みず国家国民を守ろうとした昭和天皇のあり方が、人間たるマッカーサーを敬服させ、それらが嘘偽りでなかったゆえに、東京裁判においても自らが人柱となって国を守るために刑に甘んじた臣下がいた。

多くの人の無心の誠実さが一つとなるとき、天もまたこれに大いなる共感を示し、ふさわしい象を示すものです。いや、そんなことはわかろうがわかるまいが、どうでも良いことです。

ただ一つ、知っておくべきは、私たちの繁栄と幸福が、誰かが無償で差し出してくれたその尊い犠牲の上にしか無いという真実についてなのです。そのことだけでも理解しているなら、靖国に眠る多くの英霊たちを足蹴にするなどという、人非人のような恥知らずな真似はできますまい。

« トランプ政権はいま何をしているのか | トップページ | 戦争とは政治の一手段であるにすぎない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプ政権はいま何をしているのか | トップページ | 戦争とは政治の一手段であるにすぎない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30