無料ブログはココログ

« 有害な他者・他国からの干渉には必ず反撃の策を講じるべきこと | トップページ | 社会には困難が蔓延ることになり、階級、人種、民族、そして帝国などに関する問題を含む、深刻な苦難に直面するはずだ »

2017年4月 5日 (水)

露、支那人には、資本主義の精神は全く無い。彼等は、むしろ資本主義社会を破壊するために70年以上も戦ってきた人々なのである

資本主義は、資本が資本を生む、富をもたらす仕組みである。

産業革命を成し遂げた人類が、歴史上初めて手にした仕組みだ。

各国は、争ってその仕組みを取り入れようとした。

つまり資本主義国に成り、豊かな国に成ろうとしたのである。

ところが、その導入に成功した国は先進7カ国の他、非常にわずかである。

ーー

マックス・ウェーバーが、何故こんな素晴らしい仕組みを各国は導入して豊かにならないのか、と不信に思い、研究してその結論を出した。

そして、資本主義導入に成功しない国には資本主義の精神が無いからだと書いた。

小生は、資本主義の精神を、「嘘を吐かないこと」「契約・約束を守ること」にある、と考えている。

ーー

西洋人にとっての極東にはいまだに、共産支那と北朝鮮という共産主義国が存在する。

しかし、支那・朝鮮の共産主義は、もともと西洋人が考えるものとは異質であった。

そして1978年12月共産支那は改革解放路線を取ると決め、1981年には文化大革命を否定したのだった。

つまり冷戦構造そのままで、支那人が、自由経済に参入したのだ。

それから十年経って、1991年にソ連が崩壊し、欧州での冷戦が終わった。

その結果、ロシア人も、自由経済社会に参入しだした。

ーー

しかし露、支那人には、資本主義の精神は全く無い。

彼等は、むしろ資本主義社会を破壊するために70年以上も戦ってきた人々なのである。

兵頭二十八氏は、「支那人、鮮人が、一定以上になると、ウインブルドンで行われているテニス競技も現在のものとはまったく別のものになってしまうだろう」と書いている。

彼等が自由経済に参入してきてまだわずかに20年余りである。

その結果どうなったか。

世界は、信用破綻状態になってしまったのだ。資本主義社会が、可笑しくなってしまったのだ。

彼等の破壊力はすごい、と言うべきか。

« 有害な他者・他国からの干渉には必ず反撃の策を講じるべきこと | トップページ | 社会には困難が蔓延ることになり、階級、人種、民族、そして帝国などに関する問題を含む、深刻な苦難に直面するはずだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有害な他者・他国からの干渉には必ず反撃の策を講じるべきこと | トップページ | 社会には困難が蔓延ることになり、階級、人種、民族、そして帝国などに関する問題を含む、深刻な苦難に直面するはずだ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31