無料ブログはココログ

« とっとと地獄に帰れ、ベリアルBerial | トップページ | 社会を維持するためには、寛容、勇敢、自己犠牲の精神が必用 »

2017年3月10日 (金)

朝鮮人からすると、これで日本人をやっつけたことに成るのだろう

ーー以下「宮崎正弘ブログ、読者の声(PB生、千葉)」より抜粋編集

石平氏の「韓民族こそ歴史の加害者である」(飛鳥新社 2016)を読むと、その通りだと思ってしまいます。

「『千年不変の被害者』がひた隠す真実。半島内の紛争に外国勢力を引き込む『伝統芸』」

元(元朝)は、高麗王に唆(そそのか)されて日本に対して2度の元寇を企て、滅んでいます。

元を滅ぼした明も秀吉の朝鮮征伐に李朝から援軍依頼を受けて出兵し、それが原因で国力を失い女真(清)に滅ぼされている。

周辺国は半島にかかわると国力を失い滅びているのです。

ーー

日本は日清戦争に勝ち朝鮮を独立させたのですが、三国干渉で譲歩した日本を侮った王がロシア公使館に引きこもる事態となる。

それが日露戦争を引き起こす契機となった。

ついには伊藤博文が朝鮮人に暗殺され、日本は、朝鮮を独立国として不適格と認定し、併合して直接統治するのです。

が、朝鮮は何の価値も生まず日本は多大な負担を余儀なくされます。

それは、殖産事業を興すことで黒字化した台湾とは真逆でした。

ーー

世界戦Ⅱに勝った米国は、日本に代わり朝鮮統治にかかわるようになります。

すると早速朝鮮戦争に見舞われる。

米軍を主力とする国連軍が北朝鮮軍を38度線まで押し返したところで停戦していれば3ヶ月で終わっていたのです。

ところが南鮮初代大統領イ・スンマン李承晩は、米軍(国連軍)の統制権を無視し、南鮮軍に38度線を越えさせた。

彼は、半島全土の支配を目指したのです、が、戦線は膠着し泥沼化した。

しかも南鮮軍は、敗走する際に漢江にかかる橋を爆破し多くの朝鮮人を虐殺しています。

それゆえ北鮮軍が侵攻してきた時には1975年のサイゴンのように朝鮮人らが北鮮軍を歓迎していた写真すら残されている。

朝鮮人というのは、元支那人の石平氏があきれるほど傍迷惑な人々であるのです。

ーー

敗戦後在日・反日勢力は占領軍の占領政策に協力して敗戦利得者なっています。

そして、戦後日本の政財界・言論界・教育界・法曹界・メディアを牛耳った。

そんな日本メディアは、在日・反日勢力に都合の良い情報しか伝えてこなかった。

それゆえ、日本人がこのような在日・反日勢力の本性を知るのに70年以上かかった。

ネット環境が整備され、ようやく日本人は、ネットから在日・反日勢力の真実を知ることとなったのです。

ーー

このような朝鮮人を抱え込んでいたのでは、日本人がいくら頑張っても戦争には勝てない。

世界戦Ⅱで負けて、日本は朝鮮経営をしなくてよくなった。

それだけでも、負けてよかったとすら思う。

歴代の支那王朝が採用してきたように、卑怯で拝金・貪欲・利己的・協調性がない朝鮮人らは半島に閉じ込めておくべきなのです。

半島にかかわらない、朝鮮人らの発言は徹底的に無視する、これこそが日本や米国が採るべき最上の策なのであります。

ーー

ーー以下「宮崎正弘ブログ、読者の声(道楽Q)」より抜粋編集

朝鮮人らは余程自国女性が日本軍人に凌辱されたと思い込みたいようだ。

それを放置した朝鮮男は世界中から腰抜けと笑いものになっているというのに売春婦像を建てまくっている。

そして売春婦像を聖母マリア像の様に扱っている。

日本人からすると狂っているとしか言いようがないが、朝鮮人からすると、これで日本人をやっつけたことに成るのだろう。

ーー

もともと日本には奴隷制度という文化が無い。それゆえ日本軍人には奴隷という概念が理解できない。

だから、朝鮮女の性奴隷などというのは、奴隷制度のあった朝鮮人にしか作り出せない。

しかし日本以外の国々では、奴隷制度があったので、日本人も性奴隷を持ったのかと、共感されたようである。

つまり、反日宣伝としては有効だった。

しかも、ネットで調べると、この性奴隷は日本発のようなのだ。

恐らく日本人に成りすました反日勢が捏造したのだろう、彼らに対しては憎悪が沸く。

ーー

欧米には日本人に対し特別なまなざしがある。

日本人には分からないのだが、日本に帰化した支那・朝鮮人は、日本のパスポートになると待遇が変るという。

というのも、日本人は、産業革命を自力で成し遂げ、近代国家を作り上げた上に、アジアから白人支配を一掃してしまったからだ。

人種差別政策が行われていた南アフリカにおいても日本人は名誉白人扱いされていた。

それ故に支那・朝鮮人は待遇の良い日本人に成りすます。

その特別な日本人が、欧米人同様に朝鮮女を性奴隷にしていたと言うのは、欧米人にとっては痛快な出来事なのであろう。

ーー

支那人は文化大革命や大躍進で数千万人を虐殺し、大なべに入れて喰っていた。

しかし、米国の黒人イスラム教徒マルコムXによると、白人らは、奴隷女を性奴隷にしていたのである。

つまり米国黒人達のほとんどは白人の血が混ざっている。

だからこそ、米国白人は朝鮮人(成りすまし日本人)が捏造した性奴隷が理解できたのである。

ーー

先日ある場所で英語を話す集団と遭遇した。彼らの風貌は、白人ではない。聞くと、南アフリカに住むケープマレーだという。

三百年前にインドネシアからオランダ人に奴隷として強制連行された人々の子孫らしい。

人種差別政策下の南アで、ケープマレーは奴隷として扱われ続けた。

やがて大東亜戦争で日本軍に負けたオランダは、植民地であったインドネシアから追い出される。

オランダ人が日本を憎むのはこれがその理由なのである。

性奴隷を非難するオランダ人達だが、強制連行は問題ないというのも彼らの行為が非難されるのを恐れるからだ。

ーー

米国ロックフェラー財閥の長が1972年にオランダ王室にビルダーバーグ会議への日本参加を打診した。

ロックフェラー財閥の目的は、急成長を続ける日本経済を取り込むことだった。

オランダはその申し出をにべもなく断った。植民地から追われた事をオランダは根に持っていたという事が分かる。

デビッド・ロックフェラーは仕方無いのでビルダーバーグの拡大版日米欧三極委員会を創設した。

ーー

1985年に日本の傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した際、「アジアの諸民族に大変迷惑をかけた」と、謝罪した。

すると、当時のアムステルダム市長サンティン氏は、「それは間違いです。あなた方こそ、自らの血を流して、アジア民族を解放し、救い出すと言う人類最高の良い事をしたのです」と言い切ったのだという。

« とっとと地獄に帰れ、ベリアルBerial | トップページ | 社会を維持するためには、寛容、勇敢、自己犠牲の精神が必用 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とっとと地獄に帰れ、ベリアルBerial | トップページ | 社会を維持するためには、寛容、勇敢、自己犠牲の精神が必用 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30