無料ブログはココログ

« 欧米先進国においては共産党は存在することさえ奇妙とされる | トップページ | 移民受入、治安維持、国民の自由、この三つを同時に実現することはできない »

2017年3月26日 (日)

実に奇怪かつ嘆かわしい眺め

米国には、大きなキリスト教団体が存在し、自分たち専用のテレビ局を持ち、布教活動をしている。それは、バイブルに書かれている内容を文字通りに伝え広めようとするためのものだ。

例えば、バイブルの創世記に、およそ6000年前に人間も含めた宇宙が創られたと記されており、現在の物理学に反する記述がなされている。しかしその米キリスト教団体は、創世記の記述をこそ真理であると教えているのである。

この行為について、米人に問いただすと、「自分もその批判されている福音派に属しているのだが、バイブルが真理だと信じると公言することによって得られる連帯感は、米社会では捨てがたいものなのだ」と。

そして「バイブルが真理だと信じると公言したからと言って、日常生活には全く困らない。しかも米で社会生活をしていく上では、そのように公言する方が、生活しやすいのだ」と。

しかしながら、物理学や進化論を否定するような行為はおかしいではないかと言うことも出来る。その議論をしている人がいるのだが、コメント欄が素晴らしいので、小生にも分かるように少々編集してお目に掛ける。

ーーーーー

【徹底的改造計画7/7】懐疑なき教義がいかに人を無知に追いやるか?
http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/1785e0ceaf4fed74d98f381a595c4693

ーーーー以下コメント、編集qazx

Unknown (裏暗)2011-07-07 14:29:43
PCでは、ハードはソフトが無ければ只の箱と言われ、またソフトはハードの性能に依存しています。宗教はPCに於けるソフトのようなものと考えればよいのでしょうか。宗教はハードである社会に規律を提供し、構成員である人々の集団生活を支えるものであるように思えます。しかしその宗教は、逆に社会によって規定されていると。

Unknown (ブログ主人による返信)2011-07-08 09:12:06
精神と肉体、あるいは宗教と人間社会の関係をソフトとハードに例えるのは、大抵の場合問題ないのですが、厳密に考えるとこれもなかなか難しいのです。

現実には精神と肉体はどこまでも相互に強く関連しており、不可分に一体な関係つまり「心身一如」であり、精神としての側面、あるいは肉体としての側面からの観察の区別でしかないのです。

つまり精神と肉体を互いに独立した別個のものとする考えそのものが誤っており、さらにそれをソフト・ハードの例えで説明するというのは二重の誤りを犯すことになります。

あと宗教と人間社会の関係についてですが、確かに宗教は人間社会においてこそ有益な道具にもなりうると言えるものです。

しかし例えばその宗教がいくら「普遍だ」「真理だ」と絶叫していようと、それを他の生物なり、物理法則が成り立つ宇宙なりに適用して、そこで明らかな不都合が出てくれば、その宗教が普遍でも真理でもないことが簡単に分かります。

そんな宇宙や物理学を知らなくても、ある宗教が提示するルールを別の文化圏に適用すればたちまち大きな不都合が出てくる様では、実際には、その宗教が提示するルールは、ある文化圏の人間にだけ通用するという、非常に矮小なルールでしか無いのが明らかになるはずです。

このような簡単な道理を弁(わきま)えず、これは全てに適用されるべき宇宙の大真理であると主張するのであれば、それはもうその人物の個人的な妄想としか言いようが無く、身の程をわきまえない愚かな行為だというべきなのです。

その愚かで幼い心の段階に多くの宗教者がとどまっているのは、実に奇怪かつ嘆かわしい眺めです。彼らは愚かで幼い心の段階にすでに数千年以上も停止したままなのですから。

« 欧米先進国においては共産党は存在することさえ奇妙とされる | トップページ | 移民受入、治安維持、国民の自由、この三つを同時に実現することはできない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

外患による、政権転覆がまた起きるか思ってましたが、大丈夫ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧米先進国においては共産党は存在することさえ奇妙とされる | トップページ | 移民受入、治安維持、国民の自由、この三つを同時に実現することはできない »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31