無料ブログはココログ

« 天才葛飾北斎 | トップページ | 私心なき人の誠実さは人を感服させ、地の利を味方につけ、天をも動かす »

2017年3月31日 (金)

トランプ政権はいま何をしているのか

ーー以下「宮崎正弘ブログ、読者の声」より抜粋編集

米国メディアは、トランプ政権について、オバマケアを葬れず、議会との関係もギクシャク、はやくも政権運営はガタガタ、支持率急落と大騒ぎしています。トランプ政権はこのまま自壊するんでしょうか?(JJセブン)

ーー(宮崎正弘のコメント)

米国では自由主義者(リベラル)というのは、自由ではなく平等を求める人たちなので、厳格な法の適用と法の下の自由を求める保守のトランプが気に要らないのでしょう。

メディアはトランプを以前より過激に、しかも過大に貶しています。

トランプが、不法移民を排斥する方針を打ち出しているので、カリフォルニアで九歳の女子生徒を不法移民が強姦した事件など、意図的に報じていませんね。

どんな些細なことでもトランプに不利になるような内容だと記事にしている。

なんだか日本の反日メディアがスクラムを組んで、安倍首相を連日批判しているのりにそっくり。

ーー

さて、トランプ政権はいま何をしているのか。

「フリン補佐官がモスクワの高官と電話していた。まだ就任前の越権行為だ」

「当時フリンは休暇を取ってドミニカにいた」ので、このメディア報道からすると、フリンの電話を盗聴していた誰かが、その中身をメディアに漏らしたことに成る。

そんなことができるのは、情報機関であろうと考えられているのです。

ーー

情報機関を含めた政権内にメディアに情報を漏洩した職員がいた。

それ故にトランプ政権は、政権内に巣くう、このような敵のあぶり出しをやっている。

政権内の内通者を炙り出すための様々な工作(頭脳プレイ)がホワイトハウスで展開されている。
 
これが終わってから副長官以下の人事に手をつけ陣容の強化をはかる予定です。

ーー

さて、公約のオバマケアを止めるという懸案事項ですが、ライオン下院院内総務が頼りなく、また議会共和党のヘルスケア案は、トランプが想定しているアイディアとはおおきな距離がある。

そのため、「いったん引っ込めた」と見ておくと良いと思います。

エジプト大統領との会談のあと、習近平との首脳会談ですが、習はトランプの別荘には泊まらず、しかも前日にはフィンランドに立ち寄る予定です。

これは、訪米だけが目的ではないという支那人得意の印象操作なのですが、腹の底は米に見透かされています。

米支首脳会談は予定通り開催されるとすれば、北朝鮮問題で相当突っ込んだ話し合いになるでしょう。

トランプは本気です。

北朝鮮に対して、あっと驚く行動を取る日が近いと推測しております。

« 天才葛飾北斎 | トップページ | 私心なき人の誠実さは人を感服させ、地の利を味方につけ、天をも動かす »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天才葛飾北斎 | トップページ | 私心なき人の誠実さは人を感服させ、地の利を味方につけ、天をも動かす »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31