無料ブログはココログ

« 日米韓3カ国のみならず、アジア全域が緊張状態に突入している | トップページ | 汝試みに妄聴せよ »

2017年3月17日 (金)

ソ連は朝鮮人盗賊を沿海州で飼いならし、終戦後、無政府状態の半島に送り込んだ

ーー以下「宮崎正弘ブログ、読者の声(道楽Q)」より抜粋編集

近代になって、いまや、権力者が、子孫へその権力を移譲することは極めて難しい。

独裁者の二代目継承の成功率は数%にすぎない。

旧ソ連のレーニンやスターリン、共産支那の毛沢東の子孫は消えうせた。

エジプトの独裁者ホスニ・ムバラクは、1980年のサダト大統領暗殺から30年間君臨し、アラブの春で、刑務所送りとなった。

ムバラクは元空軍の将軍だった。

やがて元部下達がクーデターでイスラム同胞団から権力を奪還した後、彼は、形だけの刑期を病院療養しながら過ごし数日前に釈放された。

しかしもう権力の座に就くことはない。

ーー

2011年エジプトでは1月25日よりチュニジアのジャスミン革命に触発され大規模な反政府デモが発生。

ムバラクは2月11日にエジプト軍最高評議会に国家権力を委譲し独裁政権に終止符が打たれた。

エジプト政府の事実調査委員会は三週間の暴動で846人が死亡したと発表した。

当時、オバマ政権の圧力が有ったといえ、ムバラクは、30年間に及ぶ利権を800人程度の犠牲者を出しただけで手放したということになる。

この大決断はムバラクが「エジプト国民を信頼してるから可能」だった。

それは、エジプト国民の90%がイスラム教のスンニー派でムバラクも現大統領シーシーも同様であるからだ。

ーー

欧州からすると中東、そこで起こっている紛争は、単純化すると、アラブ=スンニとペルシャ(イラン)=シーアとの争そいである。

ーー

一方、シリアの独裁者アサドは、50万人とも言われる死者と自国民の半数に相当する一千万人の難民を出しながらも、権力者の座で平然としている。

それは、シリア支配層が、少数派のアラウィ派(シーア派の分派)であり、国民の80%を占めるスンニー派をアラブ民族主義の下に支配しているからだ。

彼がいくらバース党や秘密警察や軍隊を使って抑え込んでも「統治の正統性が疑われる」のは避けられない。

つまりムバラクが「エジプト国民を信頼してるから可能」だった権力移譲をアサドは「シリア国民を恐れるから不可能」なのだ。

だからアサドは、自国民の頭上に爆弾を落とす為に北朝鮮からパイロットを呼び、さらにレバノンのヒズボラやイランやロシアなどの外国勢力に自国民を殺戮させ続けている。

つまりアラブのスンニー派の多くはアサドを快くは思ってない。

そもそもシリアの独裁者アサドが大統領で居られるのは父親バシャール・アサドが独裁者だったからに過ぎない。

アサドは二代目独裁者の稀な例なのである。

ーー

一方欧州からすると極東、に位置する朝鮮半島には、きわめて稀な三代目となる独裁者がいる。

北朝鮮の金一族である。

帝国陸軍・士官学校出の朝鮮人・金日成は、抗日戦士だと主張し、無防備の朝鮮人を襲い、掠奪を重ねていた。

ソ連は朝鮮人盗賊を沿海州で飼いならし、終戦後、無政府状態の半島に送り込んだ。

その盗賊は、まんまと抗日戦士・金日成に成りすました。

このニセ「金日成」は、陸士出身にしては年齢が若すぎたのだが、ソ連の後ろ盾をうまく利用して独裁者に成りあがった。

それが二代目どころか三代目になった。日本のゴミメディアは彼らを王族扱いしている。

こうなると、支那国境白頭山でのニセ「金日成」の抗日活動を神話化でもしなければ権力者としての正統性が維持できなくなる。

ーー

何故キリスト教はあれほどユダヤを憎むのか、加瀬英明氏曰く、「ユダヤ教は悪いものであると言わないとキリスト教が成り立たないからだ」と。

キリスト教は「教団成立当初から一神教の競合者ユダヤ教から正統性を脅かされていた」そして「ユダヤを悪魔化する事により教団を維持し拡大した」と私見を述べた。

キリスト教、イスラム教に限らず宗教教団は近代まで権力機構を兼ねた。

それゆえその権力機構を維持するために、教団指導層は「正統性の構築」のために反ユダヤに心を砕いたのだった。

ーー

北朝鮮の正統化の仕方は初期キリスト教団がユダヤ教を悪魔化して教団を維持拡大したやり方そのものである。

朝鮮支配者にとっては、善政を布いた日本は、目の上のたんこぶとなった。

それで、朝鮮人子弟に「日本は悪魔だ」と心から憎むように教えているのである。

こう考えれば、在日・反日勢力がなぜ森友学園を非難し続けているのかがわかる。

在日・反日勢力は、教育勅語で日本人が「素晴らしい日本(悪魔)を取り戻す」のが許せないのだ。

« 日米韓3カ国のみならず、アジア全域が緊張状態に突入している | トップページ | 汝試みに妄聴せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米韓3カ国のみならず、アジア全域が緊張状態に突入している | トップページ | 汝試みに妄聴せよ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30